« 異才・奇才を活かす組織 | トップページ | 何が『豊かさ』なのか »

2011年6月23日 (木)

事業承継の実例報告

20110623 審査機関主催のコンサルタント向けISO情報交換会へ参加した。■テーマは「組織の見えざる弱点を見出すシステム重視の審査とは」でした。■「システム」審査の本質は、方向性を達成するために、資源を管理運用し、そして、変化するニーズに、組織自身を継続的に適応させていく能力を分析すること。■「システム」の方向性というのは、システムがどのような「求められる結果」を達成しようとしているのか、を意味する。
■第107回 中小企業診断士技術向上研究会は「事業承継の実例報告」で椎木茂久さんの発表でした。
■今回のご発表は下記3事例の報告でした。
・後継者が強引にもぎ取ったケース
・両者とも決断がつかないケース
・病身の前任者の負債処理に困っているケース
■いずれも事業承継の時期が遅くなっている事例であった。■関連WEB:中小企業事業承継ハンドブック 29問29答 平成22年度税制改正対応版

|

« 異才・奇才を活かす組織 | トップページ | 何が『豊かさ』なのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。