« 事業承継の実例報告 | トップページ | 食品衛生7S入門 »

2011年6月24日 (金)

何が『豊かさ』なのか

S20110624_5 神戸市内の市場視察会。■出店規制を行わずに、品質・安さ・品揃えの三拍子を揃える神戸の台所「東山商店街」、複合型ミュージアム「KOBE三国志ガーデン」がオープンするなど町興しに努める六間道商店街、震災で被災にあうも、いち早く営業を始め、民話「ロダンの狸」で有名な「大安亭商店街」の活性化の秘訣などを学んだ。■各商店街の理事長による商店街の現状と課題についてご説明いただきご案内していただいた。何よりも変化し続ける活動が重要ですS20110624_23 ね。
■関連WEB:東山商店街 魅力発見
■関連WEB:六間道商店街ブログ
■関連WEB:大安亭商店街
■二宮金次郎七代目の子孫に当たる「中桐万里子さん」による明誠舎サマーセミナーが行われました。■演題は「二宮金次郎のいきざま~何が『豊かさ』なのか~」■自然との共存共栄~水車の理論~、「半分従い、半分逆らう」という哲学です。■「従い」の意味はよく見る、よく知る、受け入れる。「逆らう」は対策する、工夫する、実践することを意味しています。■ギブアンドテイクかS20110624 らテイクアンドギブへ。自分が今生きていることは、ご先祖様始め、すでに沢山の方々の恩恵(テイク)を受けている。まず受けた徳に感謝し、それに報いましょう。受け入れる事から始まる。そして知恵を出し改革する。そんな生き方こそ尊徳の報徳・報恩の神髄であり、自分を磨き活かし合いの幸福な人生を送る秘訣だというのです。

|

« 事業承継の実例報告 | トップページ | 食品衛生7S入門 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。