« 何が『豊かさ』なのか | トップページ | 菅政権は「疑似社会政権」 »

2011年6月25日 (土)

食品衛生7S入門

S20110625_2 西宮市フレンテホールでの「食の安心安全講演会」に行ってきました。参加者は270人。テーマは「生産現場から食卓へ~フードチェーンの仕組みを学んで食の安全を知ろう!~」■講師は大阪市立大学大学院工学研究科客員教授の米虫節夫氏です。食品安全ネットワーク会長もされています。■フードチェーン(食べ物の生産から食卓にのぼるまでの流れ)の仕組みを知り、各段階での衛生対策を学び、食中毒防止の知識と理解を得ることが目的でした。■食品の「安心」とは個々人が感じる主観的評価である。安心とは、「安全」を実現していくプロセス(努力の内容)に対する「信頼」である。「安心」=「安全」×「信頼」。■食品衛生7S(整理・整頓・清掃n・洗浄・殺菌・躾・清潔)を土台に安全を実現する仕組みづくりHACCP、ISO9001、ISO22000の構築が必要でしょう。
■関連WEB:食品安全ネットワーク会
■関連WEB:米虫先生のブログ
■関連WEB:食品衛生7S入門

|

« 何が『豊かさ』なのか | トップページ | 菅政権は「疑似社会政権」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。