« 船渡御の観覧 | トップページ | 「フェイスブック」ビジネス活用 »

2011年7月26日 (火)

事業承継のポイント

大商セミナー「中小企業のための事業承継のポイント講座」と中小企業診断士技術向上研究会に参加しました。
■事業承継は中小企業の経営者が直面する大きな課題です。■事業承継問題とは何か、自社株対策の必要性、経営権の承継、株式評価、事例でみる事業承継などの興味深い内容でした。講師は公認会計士・税理士・安原徹氏でした。■第108回 中小企業診断士技術向上研究会の講師は高松英雄氏、テーマは「中小企業の診断と原発事故対応について感じること」でした。
1)先ずは現状把握の重要性、「一番大切である。良い案はここから生まれる」
2)時の後先分類と診断の場合、バランススコアカードの各視点に分類する。
3)目的・目標を明確にする。
4)工程表の作成
5)評価点を決め、修正を加え、目標達成への努力をする
6)「人が自身で考え判断する」(畑村教授)、「広い視点から判断する」(寺島氏)

|

« 船渡御の観覧 | トップページ | 「フェイスブック」ビジネス活用 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。