« 言葉の花束「人は見た目が9割」 | トップページ | あなたは運がいいですか? »

2011年7月16日 (土)

これからの企業内教育の在り方について

武藤記念ホールでの第949回武藤記念講座は日本女子大学教授・臼杵 陽氏の「激動のアラブ諸国の政変を読み解く」でした。■私は「ジャスミン革命」が起こったチュニジアには2005年に、エジプトには、2007年に訪れた。■「アラブ革命」はチュニジアからエジプトにも波及し、今なおリビア、シリア、イエメン、バハレーンなどでも20110716せめぎあいが続いています。なぜ盤石といわれたアラブ諸国の権威主義的独裁は倒され、「アラブの春」は起こったのか? 2011年のアラブ政変の底流に流れる事態は?
■イノベーションセミナー第4回のテーマは「これからの企業内教育の在り方について」でした■人材育成をめぐる様々な変化が進行している中で、中小企業の人材育成にどのように支援ができるかを話し合った。

■関連WEB:「入社1年目の教科書」

|

« 言葉の花束「人は見た目が9割」 | トップページ | あなたは運がいいですか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。