« はかりのイシダ | トップページ | 超円高時代に応える工業経営とは »

2011年9月 3日 (土)

工業経営研究学会第26回全国大会

S20110903_5 S20110903_7 S20110903 工業経営研究学会第26回全国大会は摂南大学寝屋川キャンパスで開催されました。■生憎、大阪府下に暴風雨警報が発令され、最寄りの交通機関(京阪電鉄)がストップするような状況になれば、その時間帯のプログラムを中止すると告知され、プログラム・記念講演の一部及び懇親会は中止となりました。
■下記プログラムに参加しました。
1)設備稼働率を考慮した原子力発電コストの経済性評価ー有価証券報告書に基づく推計の論点ー:貫真英(城西大学)
2)ISO26000を工業経営にどう生かすかー情報倫理を中心として:井上尚之(神戸山手大学)
3)企業の繁栄を目指す「栄養学」の手法:阪本亮一(利脳深耕研究所)
4)廃PETリサイクルビジネスの戦略課題ーN社の事例を中心にー:小田利広(大阪市立大学)
5)金属切削加工産業の技術選択に関する日中中小企業の比較研究ーシャフト加工中小企業の事例分析ー:津川礼至(大阪市立大学)
6)中小企業対策の事業継続計画(BCP)の普及活動の有効性の検証ー支援組織とのコラボレーションによるBCP作成研修実践を通じてー:小泉国茂(立命館サスティナビリティ学研究センター)
7)特別記念講演
「米穀卸売業の挑戦:新製品、新品種の開発と経営戦略」幸福米穀株式会社会長・北大阪商工会議所会頭・北本 明氏
8)会員総会
懇親会は香里園の居酒屋で、有志の方々と旧交を暖めた。

|

« はかりのイシダ | トップページ | 超円高時代に応える工業経営とは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。