« 超円高時代に応える工業経営とは | トップページ | 面接対策フィードバック演習 »

2011年9月 5日 (月)

コメの生産・流通・消費の実態

20110905 5日発売の週刊経済誌9月10日号の2誌がともに「コメ」を特集しています。
■ 週刊東洋経済は「コメが足りない」
▼実りの秋、11年産米の出荷はこれからピークを迎える。だが例年の高揚感は現場にはない。難問山積のコメの世界。
▼徹底図解
(1) 知られざるコメの世界 ─生産・流通・消費の実態─
【生産】主なコメどころは東日本に集中 【流通】多様化進む経路
【消費】スーパー特売が主流に
(2) 右肩下がりのコメ業界 ─止まらぬ負のスパイラル─
個人消費激減!/生産も縮小の一途/農家の高齢化、就業人口減/課題は
大規模化での生産性向上だが…/ねじれ国会で政策の先行きにも暗雲
■週刊ダイヤモンドは「汚れるコメ、食卓に迫る危機の正体」です。
▼今コメに何が起こっているか 複雑な相関関係をスッキリ整理
第1章 汚れるコメ 放射能検査の不安と杜撰
第2章 揺れるコメ 需給不透明で価格が変動
第3章 戦うコメ おいしさ追求、世界で勝負
■関連WEB:米穀卸売業の挑戦「幸福米穀株式会社」

|

« 超円高時代に応える工業経営とは | トップページ | 面接対策フィードバック演習 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。