« 生き残る経営要諦3大項目 | トップページ | 中小企業の国際化の手順 »

2011年9月17日 (土)

大学の人材育成

S20110917_1 S20110917_4 ユニコン9月例会は甲子園大学院教授の竹内準治先生で、テーマは「21世紀を担う若ものが、把握し、実践しようと心掛ける“経営・管理”について」と題してのご高話を拝聴しました。■4人の活躍する卒業生・ゼミ生の教育事例を紹介された。▼大学で学んだことを企業内でどう実践しているか
▼各ゼミ生の研究課題
■参加者からの主な質問や意見は次のとおりです。■本来の大学教育とは、学生の潜在的能力に磨きをかけ、幅広い知識と専門能力を習得させることにある。■形式的な大学教育から脱却し、企業が要求する真の人材を社会に輩出することが望まれます。
■次回11月は阪下実さん、1月は浅野が担当します。テーマは未定です。

|

« 生き残る経営要諦3大項目 | トップページ | 中小企業の国際化の手順 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。