« 原発の発電コスト | トップページ | 中小企業の円滑な事業承継指導について »

2011年10月26日 (水)

ISO26000の対応はどうすればよいか

環境マネジメントシステム審査員への最新環境情報講演会がありました。
1)「改定版ISO19001の概要」
2)「ISO26000の概要と活用について」
3)「CEARかたのお知らせ」
■CSRの全体動向、ISO26000の解説、日本企業での活用ポイントについて㈱創コンサルティング・代表取締役・海野みづえ氏がわかりやすく解説された。■具体的にISO26000に対して、企業はどう対応すればよいのか? 海外進出している企業は進出先での留意事項は?
11月27日(日)開催の工業経営研究学会の研究会で 神戸国際大学 教授 八木俊輔氏が「クライシスマネジメント・リスクマネジメントと持続可能なマネジメント-環境経営とCSRの統合理論の構築を目指してー」を報告されます。楽しみです。
                   

|

« 原発の発電コスト | トップページ | 中小企業の円滑な事業承継指導について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。