« リバース・イノベーション | トップページ | 宝塚歌劇のビジネスモデルとは? »

2011年10月 1日 (土)

中世の音楽祭

10月1日は、さわやかな晴天、風もひんやり心地良く、乾燥した空気はまるでヨーロッパの感じ---と思いつつ、吹田市の「浜屋敷」へ行くと、そこには、中世の騎士の格好をした人や、真紅や青のロングドレスの美女達が歩き回っているではありませんか!▼入口から、すぐ屋台では、革や金属で作られた武具、中世風の甲冑が並べられ、蜜蠟キャンドル、パン、お菓子、ハーブや中世音楽の楽譜、雑貨が売れていた。▼買うだけではなく、中世のドレスや甲冑の試着、パン作り、羽根ペン作りなど体験できることが色々。▼S20111001_5奥の庭では歩きまわっていた騎士たちのバトルや、ダンスありで大変賑やか。▼S20111001_7_2 S20111001 座敷の方では音楽の演奏があり、やがて呼び声に惹かれて見にいくと、先ほどの屋台には何と豚の丸焼きが到着した。手際よく切り分けられた豚の丸焼きは付け合わせと共にいただいたが、その美味しかったこと!
▼ 18.30からは秋あかりコンサート夜の部でLA 萌Dieの心に沁みる音楽を聴き、中世の人たちって、美味しいものを食べて、美しい音楽を聴いて充実したエレガントな生活だったのねと感じた一日でした。

|

« リバース・イノベーション | トップページ | 宝塚歌劇のビジネスモデルとは? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。