« ユアサ32会の「能登半島と金沢の旅」 | トップページ | 第2回うどん・そば産業展見学 »

2011年10月19日 (水)

ユアサ32会の「能登半島と金沢の旅」

S20111019_6 S20111019_12 S20111019_7_2 ユアサ商事32会の「能登半島と金沢の旅」2日目は和倉温泉から「金沢市内観光組」と「ちりはま号のバスの旅」の2組に分かれた。■ちりはま号のコースは和倉温泉バスターミナル(9:00発)→道の駅・とぎ海街道→巌門(遊覧船)→ 気多大社 →千里浜なぎさドライブウェイ(昼食はパスして)→ 金沢駅西口(13:20着)
■駅とぎ海街道・増穂浦海岸では460mの世界一長いベンチがあり、絶景を楽しんだ。■能登観光の中心の巌門、能登金剛を象徴する光景を遊覧船から眺める■気多大社は縁結びの神・大国主神を祀る創建2100年の古社。本殿の背後には「入らずの森」と呼ばれる約3.3haの原生林があり、樹齢300年~500年の広葉樹が自生している。■日本の渚100選に選ばれた「千里浜なぎさドライブウェー」は、長さ約8kmに渡る日本唯一の砂浜道路。粒子の細かい砂が海水を含んで固く締まり、波打ち際をバスで走った。
■大名茶屋で遅めのお別れ昼食会で、次回の幹事に小生と欠席の石川さんが選ばれた■次回の旅は奈良県方面の意見が出て、遠来の熊本の衛藤さんからは薬師如来と伊勢参り案がぜひ行きたいところだと希望を述べられた。■名幹事の都筑さん、堀口さん、今回のすばらしい楽しい旅を企画していただきありがとうございました。本当にご苦労様でした■今回の旅ではiPadを持参してセミナー関連のメールの対応をこなした。明日は横浜、大宮です。

|

« ユアサ32会の「能登半島と金沢の旅」 | トップページ | 第2回うどん・そば産業展見学 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。