« 東日本大震災復興応援イベント チャリティーコンサート | トップページ | 甲南の三賢人による現代社会への提言 »

2011年11月 2日 (水)

日本海のかけ橋

20111102 中国でもっとも有名な日本人、加藤嘉一氏が今日の夕学五十講の講師。
■北京大学へ留学して以来8年間を過ごす中国から見た世界の中の日本はどう映ったのか?■中国で疾走する日本の若者としての考え方や中国の内部に踏み込んだものしかわからない中国人とのつきあいかた、中国の政治のしくみ、ビジネスのやりかた、中国人の生活を解説。■「今こそ日本の国家像、これからの日本の進む道を世界へ発信すべきときだ」「日本の高齢化社会の経験は中国でも参考となるモデルである」と熱く語った。
■関連WEB:加藤嘉一のフェイスブック
■関連WEB:加藤嘉一のオフイシャルサイト
■関連WEB:加藤嘉一の「脱中国論」(日経ビジネスオンライン)
■関連WEB:加藤嘉一 インタビューyoutube
■関連WEB:われ日本海の橋とならん

|

« 東日本大震災復興応援イベント チャリティーコンサート | トップページ | 甲南の三賢人による現代社会への提言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。