« 見義不為、無勇也 | トップページ | 蒋介石・秘められた対日戦略 »

2011年11月22日 (火)

ラストエンペラー

今夜のNHK BSプレミアムの【シリーズ辛亥革命】の第2回は「辛亥革命~ラストエンペラー」でした。■辛亥革命後から太平洋戦争後までの歴史と重なる清朝最後の皇帝となる5歳の愛親覚羅溥儀(ふぎ)の波乱万丈の50年をたくさんの資料や証言とともに日本人との関わりの中で追ってゆく番組でした。■清朝が倒れ、紫禁城を追われてからの溥儀。清朝の復活を目指すラストエンペラーに日本の関東軍が接触し、満州国皇帝に擁立する。■日本の思惑に翻弄される。■溥儀が最も信頼し、「忠」の字を与えた日本軍人、工藤鉄三郎がいた。
■関連youtube「ラストエンペラー The Last Emperor」

|

« 見義不為、無勇也 | トップページ | 蒋介石・秘められた対日戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。