« ベアリングとレオナルド・ダ・ヴィンチ | トップページ | 「工業経営研究学会・環境研究分科会・循環型社会研究会発表会」は明日開催です »

2011年11月25日 (金)

ポスト京都はどうなるか

南アフリカのダーバンで 、気候変動枠組条約第 17回締約国会議( COP17)が28日から始 まります。■2005年に発効した京都議定書は08~12年を「第1約束期間」とし、各国に温室効果ガス排出量削減目標の達成を義務化しました。■現在は13年以降に「第2約束期間」を設け、削減義務を延長することが議論されています。■新興国からは法的拘束力がある議定書の延長を求める声が強いが、批准していない米国や新興国扱いの中国など主要排出国には削減を義務づけられていません。■ COP17ではどのように決めるのでしょうね。これからのニュースが気がかりです。■「工業経営研究学会・環境研究分科会・循環型社会研究会発表会」は27日開催です「2011.10.03循環型社会案内状(11.27開催).doc」をダウンロード  
■関連WEB:変動枠組条約 締約国会議(COP)に関するページ

|

« ベアリングとレオナルド・ダ・ヴィンチ | トップページ | 「工業経営研究学会・環境研究分科会・循環型社会研究会発表会」は明日開催です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。