« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

グローバル人材育成の課題

「中国経済の見通しと中国市場で成功するための経営戦略」の講演を聴いた。講師は中央大学大学院戦略経営研究科・教授・服部健治さんでした。レジュメの一部、人材育成の課題の一部を下記します。
■中国から学ぶべきものは
1)VITALITY、2)SPEED、)FLEXIBILITY、4)WOMEN
■現地人の日本人経営者・管理者に対する評価基準
・リーダーシップがあるのか?
・専門的能力・実力があるか?
・説明能力・聞く能力があるか?
・率先垂範・行動力があるか?
・問題の迅速解決能力・判断力・決断力は?
・公平・バランス感覚は?
・本社との力関係ー発言権・交渉力はあるか?
■国際化教育の必要性
・会社員が経営のグローバル化・海外企業との競争に対応する時代
・業務専門知識・語学力だけでは不十分
 ①異文化理解
 ②説明説得能力
 ③専門的経営管理能力
 ④経営推進力(行動力・リーダーシップ・忍耐力など)の養成が急務
・長期的な海外要員育成計画(海外交流・研修)
・個人のキャリアパス・人事考課に結び付ける
■本社幹部の国際化
①海外事情・文化の幅広い知識
②グロ-バルな視野からの海外事業管理
③的確な判断と決断力
④前向き意欲・強い信念と責任感
⑤社会的責任
■現地をよく知る人材の活用、言葉の問題以上に、対立の背景にある文化の違いを理解できる人材の育成。■世界のそれぞれの市場で優秀な社員に事業創造のリーダーシップを発揮してもらうには、多国籍人材を最大に生かすマネジメントが必要となる。

| | コメント (0)

2012年1月30日 (月)

少子化対策を

50年後、5人に2人が65歳以上 総人口は8600万人に減少のニュース。少子化が進行する中、社会全体で子育て家庭を応援し、子どもを生み育てやすい環境づくりを地域が一体となって進めていく必要があります。待機児童問題解決に、民間の創意と工夫を引き出すしくみが欠かせない。
 

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

キャラクターを使った企業改革

S20120129_1 S20120129_2 ルソンの壺はベル食品工業・社長 植田末廣さん。■地元の企業や農協からの依頼で250種類以上のご当地カレーを製造する「ベル食品工業」は残業時間ゼロの会社です。■経営理念や将来の目標を社員に伝えるため、新たにキャラクターを作る企業が増えている。「めっき職人」のキャラクターを作った中小企業では、社員のモチベーションが上がり、職場の雰囲気が変わってきた。キャラクターを使った企業改革の現場をサキどりする。■大阪国際女子マラソンを八軒家交差点で観戦、重友さんが独走し優勝した。
■関連WEB:ルソンの壺
■関連WEB:ベル食品工業

■関連WEB:三和メッキ工業株式会社(福井市)

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

現場改善の進め方

20120128 本日は製造業のISO14001内部監査の立会指導でした。■ISOにより、いかに継続的改善を進めつづけるかが期待されています。水平展開は予防処置か是正処置かも話題になりましたが、全員参加で日々改善をし続けることが何よりも重要でしょう。
■関連WEB:キーワードで学ぶ現場改善の進め方

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

環境保全優良企業視察、三菱自動車&ヤクルト京都工場

S20120127_9 循環型社会の形成に向けた取り組みを推進するため、環境保全優良企業視察として三菱自動車㈱の部品生産拠点である三菱自動車工業㈱パワートレイン製作所京都工場並びに乳製品で有名な㈱ヤクルト本社京都工場への視察見学会に参加しました。
■パワートレイン製作所は京都市街地に立地し、人と地球との共生を目指し、走る歓びと地球環境への配慮を両立させた独自のクルマづくりを目指しています。■ヤクルトは世界中で一日3000万本が飲まれているそうです。日本では1000万本。海外で2000S20120127_3 S20120127 万本。
■「Yakult」はエスペラント語でヨーグルトを意味する「Jahurto」(ヤフルト)から作られた造語です。■ヤクルトでは、「ヤクルトA&G水浄化システム」を開発しヤクルト容器の独特な形状を水浄化に役立てるもので、当社工場排水の浄化や、河川・池の水質改善に利用され、成果を上げています。
■夜は京都大学百周年記念ホールで上山信一教授の「これからの世界、日本、そして地域のあり方ービジネスモデルの発想を手がかかりに」の講演を受講するなど充実した京都の一日でした。、
■関連WEB:㈱ヤクルト本社京都工場

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

米国食品安全強化法

2011年1月に米国食品安全強化法が成立し、今後、対米食品輸出にあたってはHACCP手法を取り入れた衛生管理措置の導入義務化など、新たな規制が導入されることとなります。■ジェトロが昨年10月に公表した報告書「米国食品安全強化法の概要及び分析」を、同法施行1年における進展、HACCP手法を取り入れた衛生管理措置の導入義務化など主要規定の今後の展開などにつき説明をされた。■引き続き、米国食品安全強化法を理解する前提として、HACCP、ISO22000、FSSC22000についての説明があった。
■関連WEB:ジェトロ・米国食品安全強化法の概要及び分析
■関連WEB:調査レポート:米国食品安全強化法の概要及び分析(2011年10月)

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

広がる「ゲーミフィケーション」

人々を楽しませ、夢中にさせるゲームの手法やノウハウを“ゲーム以外”の分野に活用していこうという動きが、急速に拡がっている。“ゲーミフィケーション”。若者の車離れにあえぐ自動車業界では、運転技術を採点し、ドライバー同士で競わせる機能を搭載した新型車が登場。■ゲーム感覚で、社員の他者の多面評価をバッジの標識で示し伝えることで社員のやる気を引き出す事例が紹介されていた■ゲーム的な手法の導入は、外食・旅行・小売りなど他の業種にも拡大し、2014年には世界のグローバル企業の70%以上にのぼるという予測もある。■更に、米国ではタンパク質の構造解析をゲーム化することで、科学者が10年以上解けなかったエイズ治療のカギを握る酵素の構造を3週間で解明。食糧危機やエネルギー問題などを解決するアイデアを競わせるゲームを通じて、人類が直面する課題の克服に役立てていこうという試みも始まっている。■今夜のクローズアップ現代は「ゲームが未来を救う!? ~広がるゲーミフィケーション~」を紹介していました。■昨年の11月8日の診断士の研究会でもゲーミフィケーションの報告を聞きました。■学習や運動など、継続が難しいものでも「ゲームのノウハウ」を加えることで、モチベーションを高めて実行し続けることができる。■ゲームのノウハウ(ゲーミフィケーション)、ゲームビジネスのノウハウをゲーム以外の分野の商品・サービス・経営に活用することで、お客様の気持ちを盛り上げ、商品・サービス・企業に対する愛着心を高めることで売上を拡大する効果を上げるための顧客獲得コンサルティングを行っている。■ゲームのノウハウの展開事例として、NIKE+、くら寿司(ビッくらポン)、マツダi-DM、小学校の理科の教科書があるる。
■関連WEB:クローズアップ現代
■関連WEB:ブログ(11月8日)
■関連WEB:ブログ「執筆してセミナーして気づいたこと(神馬)」
■関連WEB:ツイッター(神馬)
■関連WEB:Facebook売上倍増!ゲームの法則研究会(神馬)

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

ユーロ危機と日本財政

おうてもん塾の第2講「震災と情報」は井戸田 博樹(経営学部教授)さん。■震災から人・組織・ビジネスを守るためにインターネットはどのように活用できるか。またそれを継続的に利用するには日頃からどのようなことを計画し、実践していく必要があるのか。地域SNSや企業の事業継続計画の事例紹介。■震災では、自助、互助、公助の形成も重要性を痛感した。■ギリシャの財政問題に端を発するEUの財政・金融危機問題は、欧州ひいては世界経済の悪化要因となることが懸念されており、欧州各国の経済危機脱出に向けた今後の動向が注目されています。「欧州最新経済セミナー~欧州経済動向と展望、日本企業への影響~」のセミナーを受講しました。■緊縮財政と金融機能萎縮が続くため、ユーロ圏経済の停滞も避けられない。ユーロ圏経済の落ち込みが米国やアジア経済にも波及することなどで、直接・間接に日本の景気回復を阻害する要因となる。■より深刻なのは、連想で日本の財政に対する市場の懸念が高まる危険性である。■「日本政府はいずれ消費税率を引き上げ、財政再建に踏み出す」との市場の信頼が崩れて長期金利が上昇し始めれば、日本の財政状況は加速度的に悪化するだろう。■そうなる前に、消費税増税を実現しなければならない。

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

パナソニックの再成長軌道

20120123_3 今朝購入した週刊誌は週刊東洋経済とAERA。週刊東洋経済の特集は「暴力団対策と企業」ですが、もうひとつの特集の「落日パナソニック」の記事に目が吸い込まれた。■低迷の背景にある巨大組織の問題。業績をV字回復させた中村会長が体質改善を遅らせた。次世代担う事業も見えないままだ。■パナソニックの12年3月期は4200億円超の当期純損失の見通し。03年3月期から12年3月期までの当期純利益を合算すると、940億円の赤字。ライバルのサムスン電子が01年から10年で稼いだ純利益は81兆ウオン(5.4兆円)。■時価総額ではパナソニックの1.5兆円に対し10兆円。■従業員36.7万人のパナソニックが再び成長軌道に戻って欲しい。
■関連WEB:財部 誠一 著「パナソニックはサムスンに勝てるか
■関連WEB:サムスン式仕事の流儀 5年で一流社員になる
■関連WEB:ブログ、2011年10月17日「アジア大競争時代の中で」
■関連WEB:ブログ、2008年9月15日20120123_2「パナソニックの野望、『暮らし独占』、世界を変える」
■関連WEB:ブログ、2010.02.22「サムスンはなぜ強くなったのか?」
■関連WEB:ブログ、2009.10.30パナソニックとユニクロの中国・アジアビジネス戦略

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

図書館の電子書籍サービス開始

大阪市立図書館へ出かけました。■大阪市立図書館は2012年1月20日から電子書籍サービスを開始しました。■自宅のパソコンからインターネットを通じて利用できます。■電子書籍サービス開始に合わせて、使い方講座を中央図書館で2012年2月18日に開催する。
■関連WEB:大阪市立図書館電子書籍サービス
■関連WEB:大阪市立図書館、無料の電子書籍サービスを開始

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

伸びる中小企業の人材育成

S20120121_8 S20120121 ユニコン会で「伸びる中小企業の人材育成」というテーマで発表しました。
■場所は阪急グランドビル26階12号会議室、13.30--16.30でした。
■内容は次のとおりです。
「日本の強みはサービスか?」
新興国も続々と高齢化
製造業の空洞化
製造業の高付加価値化へ
構造調整に対応できる人材育成が必要
製造業のサービス化
何を売るか、商品開発は顧客目線で
中小企業の人材育成は何から始めるか?
枚岡合金工具の3S活動事例ビデオ
人材育成の目的は社員の価値観を一体化
企業理念実現のための手段としての3S
「恕」、トップの姿勢がすべて

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

「増税」の罠に陥ると財政再建は失敗する

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2502012.1.15.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆「人間性」あふれる思想こそが、豊かな21世紀をつくる礎――稲垣正夫・(株)アサツーディ・ケイ相談役創業者
☆ 「増税」の罠に陥ると財政再建は失敗する――「日本の将来」(潮2月号)
■鈴木 亘・学習院大学教授、「野田佳彦政権の財政政策は、まるで増税原理主義のようです。増税すること自体が自己目的化しており、いったい何のために増税するのか、当初の目的がわからなくなっているのでしょう」■「増税の罠」に陥ると、なぜ財政再建に失敗するのか。理由は二つあります。■第一に、社会保障業界は既得権の塊のような世界です。税源が増えると、彼らはすぐに税金を使うことを考えて予算確保に走ります。■ 第二に、増税は生産性が低い「官」を温存してしまいます。非効率的な部門が肥大化して、効率的な部門が小さくなってしまう。増税で景気が悪くなるばかりか、成長率までも落としてしまうのです。増税原理主義は、財政再建への道を間違えているとしか言いようがありません。■高橋洋一・嘉悦大学教授、「消費税を社会保障目的税にしている国など、聞いたことがありません。消費税は安定財源です。景気が良くても悪くても地方は基礎的サービスを安定供給しなければなりません。安定的なサービスをするためには安定財源が必要です。安定財源である消費税は地方の一般財源に充てるのが基本であって、国の特定財源にするとはあまりにも非常識すぎます」。

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

外国人労働者の受け入れ

S20120119 S20120119_7 桑蓬会の1月例会は尾関雅史氏の「日本における外国人労働者の現状と将来について」でした。
■発表内容:「日本における外国人労働者の現状と将来について」
1)日本の外国人労働者の概況
 ①在日外国人の状況
 ②外国人労働者の種類
2)日本における外国人労働者の現状について
 ①日系ブラジル、ペルー人
 ②外国人技能実習制度
 ③EPA(経済連携協定)による看護師・介護福祉士受入れ
3)諸外国の外国人労働者
 ①ドイツ、②フランス、③シンガポール、④韓国
4)外国人労働者受入れの将来について
■在日外国人登録者数208万8872人、日本の総人口の約1.64%(平成23年9月末、法務省入国管理局発表数値、平成23年10月1日総務省統計局数値より)■世界の総人口が70億人を超えた昨年、日本の人口が減少に転じたことが国勢調査では初めて確認された。■現在は約1億2500万人で、今後は自然減が続く。■日本人の将来人口は中位推計で2055年に約9千万人、2105年には約4500万人になる。■国の生産力を維持するためには、2050年までに約3千万人の外国人労働者の受け入れが必要で、家族を含めると移民の数は約4600万人になると上智大の鬼頭教授は指摘する。総人口の3分の1が外国人になる計算だ。■日本の外国人労働者の比率は現在、諸外国と比較して大変低く、労働者力不足を解消する手段として、一定の制限の下に、外国人の非熟練労働者も受け入れることも検討すべきと結ばれた。
■関連WEB:外国人登録者数の推移(法務局)

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

組織力向上の秘訣,3S活動

MOBIO-Cafe「成功事例に学ぶ中堅・中小製造業の経営戦略」~組織力向上の秘訣~に参加した。
■講師は三井住友海上火災保険株式会社竹内靖人氏(中小企業診断士)。
■製造業において経営品質を高めるためには、高性能な生産・製造設備も大事ですが、それ以上に経営者と同じ価値観を持って業務を遂行することのできる組織が必要です。
■組織力を高めるための要素として
①共通目的、②協働意欲、③コミュニケーション
の3つがあるといわれています。
■これら3つの要素を高めるには、それぞれの企業に合った仕組みづくりが必要です。■セミナーでは組織力向上のための仕組みづくりの具体事例として
①古田土公認会計士・税理士事務所の朝礼・環境整備
②大阪府内製造業:山田製作所
の3S活動について動画を交えて紹介・解説されました。
■関連WEB:古田土公認会計士・税理士事務所■関連WEB:夢、ビジョン「日本中の中小企業を元気にすること」
■関連WEB:三井住友海上経営サポートセンター
■関連WEB:3S活動成功のためのポイント

■関連WEB:山田製作所の3S
■関連WEB:山田製作所の環境目標とその実績
■関連WEB:山田製作所の環境関連法規制の遵守状況
■関連WEB:最高の3S工場 山田製作所 大景気ビデオ - YouTube
■関連WEB:枚岡合金工具株式会社 工場見学者清掃風景- YouTube
■関連WEB:枚岡合金工具株式会社 工場見学- YouTube
■関連WEB:枚岡合金工具株式会社〜Osaka Chaos【破 YouTube

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

マッチング・ビジネスとしてのマーケティングへの転換

おうてもん塾第3期ー巨大災害とくらし~東日本大震災から一の第1講は永吉 雅夫氏(国際教養学部教授)の「震災と文学」でした。 文学は震災をどのように書きとめてきたでしょうか?
20120117 ■大商夕学「マッチング・ビジネスとしてのマーケティング」の講師は慶応義塾大学大学院経営管理研究科ビジネススクール教授・池尾恭一氏でした。■日本の低迷とアジアの成長、ネットの普及等により従来型マーケティングは変革の時代を迎えました。■新たな方向性「マッチング・ビジネスとしてのマーケティング」を提起された。
■関連WEB:モダン・マーケティング・リテラシー
■関連WEB:池尾恭一氏

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

中国の変化にどう対応するか

月刊アイソス2月号の特集は下記の2つです。
▼特集1 顧客に「信頼」を得る企業のマネジメントシステム 
▼特集2 いそいそ合宿 at 尾道
20120116 ■週刊ダイヤモンド1月21日号の特集は「あなたは中国経済を信じますか」、■日経ビジネス1月16日号は「世界の工場」が終わる、中国が迎える大転換です。■中国に依存しきった日本経済に忍び寄るリスクととるべき戦略とは?欧州危機の余波で瀬戸際に追い込まれた中国製造業の実情、中国経済の鈍化が日本経済にも悪影響を及ぼし始めた。■出稼ぎ労働者に頼った人海戦術は、精密なロボットが並ぶ最新鋭工場に変貌する。その時、日本企業は撤退するしかないのか。労働者が減り、高齢者が増える中国の変化は、日本企業にとっ20120116_2 て大きなチャンスだが、同時に発想の転換を求められる。

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

あなたの声、カタチにします

今朝のビジネス新伝説ルソンの壺はサンコー創業者角谷勝司さん。■「あなたの声、カタチにします」。■独創的でユニークな商品開発で知られる家庭用品メーカーのサンコー。創業者の角谷勝司さんの「お客様のどんな要望にも徹底的に応えていく」
という開発の源を紹介していました。
■関連WEB:サンコー

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

高齢化のフロントランナーの日本の役割

大阪府立健康科学センターで開催された健康生きがいづくりアドバイザー養成講座の講師を担当しました。テーマは「現代社会と中高年」で70分。■日本は高齢化のフロントランナーとして、1人当たりGDPを基軸とした安定成長、持続可能な社会保障制度のモデルを確立していくことが求められています。■高齢者は経験を生かして就労する、地域で仲間と共に社会活動に参画するなど、社会のさまざまな場において積極的に活躍する中で生きがいのある、健康な生活を送っていくことが期待されています。■高齢者自らのニーズに応じた多種多様な活動が展開されています。■さまざまな情報を提供したり、高齢者の仲間づくりを支援する専門家の育成が重要です。■健康生きがいづくりアドバイザーの活動もその一つです。
■関連WEB:健康生きがいづくりアドバイザー
■関連WEB:高齢社会白書

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

凧作り

新年最初のうちの会の行事は、1月21日に昨年と同じく凧作り及び凧揚げをいたします。1F集会室で10時からレジ袋で凧作り、午後から難波の宮跡公園で凧揚げをいたします。
■関連WEB:ゴミ袋・レジ袋で作る簡単ぐにゃぐにゃ凧の作り方ー2

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

ISO研究会第100回目の記念開催

本日は中小企業診断士ISO研究会第100回目の記念開催と言うこともあり、研修委員会担当の小島委員長が参加された。■ISO9004:2009の輪読。活発な意見交換があった。■100回開催の記念祝賀会は中国料理 宝山で行われた。
■関連WEB:中国料理 宝山

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

なぜあの人のチームは元気なのか?

日経ビジネス1.9新春号は「2012年 世界を読む 指標100」を特集しています。
■週刊ダイヤモンド1月14日号「ビジュアル活用仕事術」
Part 1 話さず決める!ビジュアルプレゼン術
見た目で勝負 通るプレゼン資料の作り方
極意 1 言いたいことは一つに絞れ
極意 2 メッセージを打ち出せ
極意 3 円グラフを並べるな
極意 4 色は3色以内、濃淡で表現せよ
Column 有名メーカー決算資料を斬る
Part 2 効率60倍アップ ビジュアル営業術
Part 3 効率60倍アップ ビジュアルマネジメント術
20120111the21 ■THE21 2012年2月号の【総力特集】は「部下のやる気のスイッチ」です。
なぜあの人のチームは元気なのか?今月号の特集では、どうすれば部下のやる気を引き出すことができるのか、どうすれば職場に活気が出てくるのかについて、リーダーの方も、これからリーダーをめざす方にも役立つ内容です。

第1部〉できるリーダーの「部下のやる気」を引き出す技術
第2部〉チームのやる気を高める7つの技法

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

知的資産経営報告書

中小企業診断士交流会「カニの会」の1月例会は次のテーマの発表でした。
■「資金重視の経営-貸借対照表・キャッシュフローから経営を見る-」(橋本博さん)
キャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CFのパターンから事業戦略を見る。
■「知的資産経営について」(菊田さん)
経産省のHPに作成済みの企業の知的資産経営報告書が掲載しています。
■関連WEB:中小企業魅力発信レポート全国605件(経産省)
■関連WEB:知的資産経営報告の開示事例(経産省)
■関連WEB:知的資産経営報告書開示事例 開示主体数:181社 (207冊)
■関連WEB:知的資産経営報告書(滋賀県中小企業団体中央会)

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

単身赴任者向けマンション

来週から、隣で単身管理職赴任者向けマンションの工事が始まります。その説明会がありました。
■関連WEB:単身赴任の前に準備しておくべき7つのこと
■関連WEB: 株式会社スウィートホーム

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

日本近海に眠る膨大な資源

20120108 日経エコロジー2月号が届きました。特集:日本の海「未来のカギはここにある」です。■日本が成長を続けるには、食料、電力、ガス、金属などの資源の確保が欠かせない。■多くを輸入に頼る現状を打破するキーワードは「海」だ。日本近海に眠る膨大な資源を活用できれば資源大国も夢ではない。■資源開発と環境保全の両立は、国内産業の活性化と競争力強化の切り札にもなる
▼総論 日本は海で再生する
海の恵みを競争力に、計り知れない可能性
▼水産業編 環境配慮型の漁業へ
海の生態系を回復、東北漁業の復興へ
▼エネルギー編 動き出した洋上風力発電
浮体式で世界をリード、国家プロジェクト始動
▼海底資源編 環境との両立探る
海底に鉱脈見いだす、資源大国も夢でない
▼寄稿 山田吉彦 東海大学教授
「四方環海」の利を、今こそ生かすとき

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

奈良での新年会

S20120107_19 S20120107_24 S20120107_37 3連休の初日は、奈良の良く知っているはずの東大寺及び興福寺国宝館をガイドさんの案内で見学した。興福寺国宝館では、仏頭や阿修羅像と巡り合えた。新しい発見が多くあった。17時から春日野荘で、新年会。去年同様に双子の孫たちがみんなの人気者でし た。
■関連WEB:なら・観光ボランティアガイドの会
■関連WEB:東大寺
■関連WEB:興福寺国宝館の阿修羅像
■関連WEB:春日野荘

|

2012年1月 6日 (金)

脳卒中や心臓病などになる確率はどれくらい?

午後3時から大阪府立健康科学センターで、いきがい大阪のスタッフ会議に出席した。■夕刊によると「10年後、脳卒中や心臓病などになる確率はどれくらい?そんな予測式を大阪府立健康科学センターが開発し、ホームページ上で利用できるようにした」と報じています。
■関連WEB:「10年後、脳卒中や心臓病などになる確率はどれくらい?」

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

年頭所感は今、企業が抱えている課題を表している

街に活気が戻ってきました。■2012年の経済が4日、実質的なスタートを切った。企業のトップが年頭所感を発表している。■「円高に負けぬ体質に転換する契機にしたい」。■円高に苦しむ製造業では独自性や変化への対応力に磨きをかけて生き残りを図ろうとしている。
■円高でも国内生産を維持できるオンリーワンの新商品を開発する。■「新興国など世界市場の開拓」「経営・組織のグローバル体制」「リスクへの備え」など■年頭所感では今、企業が抱えている課題を表している。

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

どんな時に、脳は“幸福”を感じるのか

またたくまに三が日も過ぎ、多くの企業で2012年仕事始めの4日。財)健康生きがいづくりア20120104 ドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2472012.1.1.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆「消費税解散の年」政治の新たな基礎を築け――岩見隆夫(政治ジャーナリスト)「2012  日本の展望」
☆ 人間は「配慮範囲」が広いほど、幸福な人生を送っていける――中野信子(医学博士/脳科学者)「どんな時に、脳は“幸福”を感じるのか」

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

現代史講義

S20120103 1月1日から3日まで、BSジャパンのテレビで「池上彰の現代史講義」がまとめて放送された。信州大学での2011年夏の講義で、9月に放送されたものの再放送。
■⑪中国の光と影、天安門事件と市場経済など、聞いた。とてもわかりやすい番組でした。
■夜の18時30分から、テレビ大阪で「池上彰の世界を見に行く・新春スペシャル2012年ニュースがわかる驚異!」など、この年末・年始は池上彰さんの番組を一番多く見たことになる。

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

お正月の帝国ホテル大阪

S20120102_3 S20120102_5 S20120102 大川沿いに帝国ホテル大阪まで歩き、朝食をいただきました。残念ながらおせち料理は1日だけでした。
■アメリカの Evelyn+Melさんへ返信を作成しました。■明日から1月のセミナー資料の準備です。
■関連WEB:ハンチントンビーチ市2007年3月27日 (火)■帝国ホテル大阪お正月のおすすめプラン

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

上向きの「昇竜」の年に

S20111230 2012年辰年の元旦。                                                                                          
■元旦の新聞5紙のトップ記事、社説は下記です。
■朝日新聞
(一面トップ記事)原子力業界が安全委24人に寄付 計8500万円
(社説)ポスト成長の年明け―すべて将来世代のために
■日本経済新聞
(一面トップ記事)C世代駆ける(1)開かれる知つながる力
(社説)転換期日本 変化の芽を伸ばす(1)資本主義を進化させるために
■読売新聞
(一面トップ記事) 防衛省が対サイバー兵器、攻撃を逆探知し無力化
(社説)世界の荒波にひるまぬニッポンを 大胆な開国で農業改革を急ごう
■毎日新聞
(一面トップ記事)核燃料処分コスト隠蔽、エネ庁課長指示
(社説)2012年激動の年 問題解決できる政治を
■産経新聞
(一面トップ記事)「平成の龍馬」どこに,ザ.リーダー:何のために、誰のために、
(正論)与うる時、人は「絆」の中に立つS20111230 
S20120101_15 S20120101 ■大阪城梅林散策のあと、ホテル・ザ・ルーテルで朝食。11時からマンションの1階での互礼会に参加します。マンションの住人が一同に会しての新年会です。■新年会に参加された方から関西電力管内の原子力発電所の稼働に関する大阪市民投票条例の制定を求める「請求者署名名簿」に署名していただきました。
2011年元旦ブログ2010年元旦ブログ

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »