« 米国食品安全強化法 | トップページ | 現場改善の進め方 »

2012年1月27日 (金)

環境保全優良企業視察、三菱自動車&ヤクルト京都工場

S20120127_9 循環型社会の形成に向けた取り組みを推進するため、環境保全優良企業視察として三菱自動車㈱の部品生産拠点である三菱自動車工業㈱パワートレイン製作所京都工場並びに乳製品で有名な㈱ヤクルト本社京都工場への視察見学会に参加しました。
■パワートレイン製作所は京都市街地に立地し、人と地球との共生を目指し、走る歓びと地球環境への配慮を両立させた独自のクルマづくりを目指しています。■ヤクルトは世界中で一日3000万本が飲まれているそうです。日本では1000万本。海外で2000S20120127_3 S20120127 万本。
■「Yakult」はエスペラント語でヨーグルトを意味する「Jahurto」(ヤフルト)から作られた造語です。■ヤクルトでは、「ヤクルトA&G水浄化システム」を開発しヤクルト容器の独特な形状を水浄化に役立てるもので、当社工場排水の浄化や、河川・池の水質改善に利用され、成果を上げています。
■夜は京都大学百周年記念ホールで上山信一教授の「これからの世界、日本、そして地域のあり方ービジネスモデルの発想を手がかかりに」の講演を受講するなど充実した京都の一日でした。、
■関連WEB:㈱ヤクルト本社京都工場

|

« 米国食品安全強化法 | トップページ | 現場改善の進め方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。