« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

内部監査とマネジメントレビューの工夫

S20120229_139 S20120229_142 従来から実施している毎月の品質・安全パトロールは内部監査です。毎月実施のリーダー会議は、内部監査とマネジメントレビューと位置づけています。■大和高田及び天理の鋼材加工センター、橿原市内の分S20120229_160 譲住宅の審査の立会でした。

| | コメント (0)

2012年2月28日 (火)

風邪と統合ISO

S2012022828日朝から風邪気味、熱があり、倦怠感の中、ハードな予定でした。■午前中は東大阪,門真市の企業と打合せ、午後は大和高田市の企業の維持審査の立会いでした。■寒気がするので、帰宅、すぐ休みました。S20120228_20 

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

今、という時間を大切に

製造業最大の「エルピーダ倒産」のニュース。
■今、という時間を大切に始めることができなければ
少しも前には進まない。
■関連WEB:「先延ばし」にしない技術

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

大手に打ち勝つ小さな住宅メーカーの戦略とは

今朝のルソンの壺は「びわこホーム」社長の上田裕康さんです。■滋賀県甲賀市の住宅メーカー「びわこホーム」は、社員27人ながら、商圏・顧客を徹底的に絞り込むことで、新築件数で9年連続で地域ナンバーワン。■強さの秘密は、徹底的な絞り込み。■営業エリアを滋賀県東南部、甲賀・湖南・蒲生の地域の客も若い子育て夫婦に限定。■家が建った後も2ヶ月に1度、営業マンが困りごとがないか訪ねるなどキメの細かいアフターサービスを続けています。■滋賀地域で新築着工数と土地販売物件占有率が一位の小さな住宅メーカーの戦略が参考になります。
■関連WEB:びわこホーム

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

CSR情報

25日はISO14001の模擬審査でした。次はCSRです。
■下記はミズノCSR基本理念です。
ミズノグループは、人々がより豊かで快適な生活をおくるため、誠実な事業活動を通して、
1.国・民族を超えて、すべての人達に、より良いスポーツ品と、スポーツができる場と機会の提供に努めます。
2.すべての国・地域において、法令を遵守し、社会規範を尊重し、より透明で公明正大な企業活動を実践します。
3.人権・労働問題、地球環境問題などに積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献します。
■関連WEB:ミズノCSR情報

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

歯科医師とのたしかな連携

今日は歯科技工所のISO9001導入の進め方を説明しスタートしました。■次回までの宿題は業務の流れ、品質方針、SWAT分析、改善テーマ・目標の設定です。
■関連WEB:社団法人日本歯科技工士会

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

グローバル人材の育成

午前中は品質・環境・情報の統合の打ち合わせをしました。
■中小企業診断士技術向上研究会で「製造業のサービス化~『何をつくるか?』が問われている~」を発表した。90分。
■プログラム
1)世界の中で、日本のものつくりの地位は低下
2)製造業の高付加価値化へ
3)リバースイノベーション
4)PANASONICの事例研究
5)構造調整に対応できる人材育成が必要

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

日本のもづくり再生の鍵

20120222 大商の第1回機械部会では世界最大手の総合電気企業、韓国サムスン電子の躍進を中核で支えた経歴の持つ、東京大学大学院経済学研究科 ものづくり経営研究センターの吉川良三特任研究員が「日本のものづくり再生の鍵~韓国企業に学ぶ~」についての講演を聴講した。■日本の製造業にいま欠けている点や学ぶべき点を分かりやすく解説された。■日本企業は、明確な危機意識を持ち、本来有している強みを生かしてグローバル化へシフトすべきだ。■3つの驕り、「経営者の傲慢」「技術者の傲慢」「消費者の傲慢」を指摘された。
■関連WEB:危機の経営
■関連WEB:サムスンの決定はなぜ世界一速いのか

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

最も気付きにくい恵み

平穏無事であることは

最も気付きにくい恵みである。

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

社会保障の削減も必要

S20120220 20日はISO14001の模擬審査で審査を担当した。一次審査は3月中旬に迫っている。■今日発売のWEDGE3月号は「震災1年被災地雇用の現実」「こんなに儲かる漁業補償」「緊迫イラン制裁偏重は危険」を特集しています。■「民主化への変化は本物、親日ミヤンマーに積極関与を」及び「年金議論を避けるな、社会保障は維持できない」も興味ある内20120220wedge3容です。サステナビリティの上では早く見直して削減策に向うべきでしょう。

| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

深海探査機「江戸っ子1号」

19日のNHKサキどりは深海探査機「江戸っ子1号」未知の海底に挑む町工場でした。「江戸っ子1号」プロジェクト推進委員会委員長は(株)杉野ゴム化学工業所の社長の杉野行雄さんです。■帯状疱疹のため終日外出をひかえ休養をとりました。

| | コメント (0)

2012年2月18日 (土)

アイディアと技術で中小企業のグローバル経営

S20120218_13 関西大学特別公開講座に参加しました。
■「アイディアと技術で中小企業は、生き残る」のテーマで㈱ヤマシタワークス代表取締役・山下健治氏
■㈱タカコ取締役・相談役石崎義公氏は「海外進出における国内の役割」。
■講師のお二人は創業からグローバル経営に至るまでの経緯、成功ストーリを話された。タカコさんの工場へは2009年9月に見学させていただきました。
■関連WEB:株式会社ヤマシタワークス
■関連youtube:株式会社ヤマシタワークス
■関連youtube:ヤマシタワークス エアロラS20120218 ップ
■関連WEB:株式会社 タカコ
■関連youtube:株式会社 タカコ 会社案内
■関連ブログ:タカコ工場見学会2009/09/16

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

男の一日一作法

20120215 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2522012.2.15.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆ 「ありがとう」と感謝の気持ちを口に出してみる――――小笠原敬承齋「男の一日一作法」(光文社新書)
☆メディアの報道に騙されるな――古賀茂明「官僚を国民のために働かせる法」(光文社新書)
■関連WEB:男の一日一作法
■関連WEB:官僚を国民のために働かせる法

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

どのようにすれば相手の話を上手に聴くことができるか

あなたは大切な人のホンネを聴いていますか? ①「聴き方秘密のテクニック」、②伝えるべきあなたの心を、あなたは知っていますか?「大切な人への心の伝え方」、自己開示(Iメッセージ)が重要です。「メンタル強化で組織力アップ! 活力を引き出すメンタルマネジメント」日本メンタルヘルス協会代表・衛藤信之氏
■関連WEB:日本メンタルヘルス協会
■関連WEB:衛藤信之氏

■「これが行動科学マネジメントの神髄! 『教える技術』で部下を即戦力に変える法」㈱ウイルPMインターナショナル・石田淳氏
■関連WEB:社団法人組織行動セーフティマネジメント協会HP
■関連WEB:石田淳ツイッター
■中小企業向け経済講演会「超円高時代の海外進出!~今からでも遅くない!海外進出で成功するために~」 甲南大学経営学部教授 杉田俊明 氏。新たな視点で後発であっても成功する海外進出の準備と 留意点について説明された。
■関連WEB:杉田俊明研究室のホームページへようこそ
■桑蓬会「ハーモニカの隠された魅力に迫る」後藤利一氏

| | コメント (0)

今、企業がほしい人材とは?

もうすぐ東日本大震災から1年。田坂 広志著「いかに生きるか 震災後の新たな日本を拓く7つの言葉」。■あの日、我々の生き方、働き方が、静かに、そして確かに変わり始めた…。東日本大震災後の新たな日本で、自らの生き方、働き方を見つめ直す人へ贈るメッセージ。
やましたひでこさん。「仕事に効く『断捨離』で『俯瞰力』を磨く!」■ 断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、 心もストレスから解放されてスッキリする。これが断捨離の目的です。
原田教育研究所・原田隆史さん「思いは叶う! 夢・目標を現実のものとするための法則」
■「就職超氷河期の読み方&行動学~就職できる学生できない学生~」■「日本の学生は留学生らと比べ、チャレンジ精神が希薄」「時代のニーズに応え得る人材が少ない」と採用する側の企業には見られ、深刻な採用難、人材難と言われる。いま、求められる人材は「世界の人たちと一緒に仕事ができる協調性、社会問題に対応できる考え方とスキル」です。
■「大塚商会 実践ソリューションフェア2012 in 大阪」と追手門学院大学客員教授による連続講演会「時代の風をメディアで読み解く」の講演を聴いた。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

未来創造の中心となる人材の育成

大阪国際交流センターでのPREXシ​ンポジウム「これからのわが​国の国際協力はどうあ​るべきか」に参加しました。■PREXは1990年の設立からこれまで途上国の発展を担う人材育成のための研修事業とそれを通じた人材交流事業を推進。■現在、わが国を取り巻く国際情勢や途上国・地域の状況は大きく変化しつつあります。また、貧困問題、環境問題をはじめ、新たな国際的な課題も提起されております。■これからのわが国の国際協力はどうあるべきか、何を重点にODA戦略を考えるべきか等について議論を深め、途上国の持続的発展を支える人材の育成支援と国際相互理解の意義について認識を新たにする良い機会となりました。
■プログラム:
 ◆ ご挨拶 PREX 会長 井上 義國
 ◆ 基調講演「日本の国際協力と関西の役割」
    独立行政法人 国際協力機構(JICA)理事 黒川 恒男氏
 ◆ 基調講演「日本の国際協力の方向~人材育成面での協力」
    学校法人 立命館 副総長 モンテ・カセム氏
 ◆ パネルディスカッション
   コーディネーター: 関西学院大学 国際学部 教授 高阪 章氏
   パネリスト
        京都大学大学院 法学研究科 教授 中西 寛 氏
        レンゴー株式会社 代表取締役社長  大坪 清 氏
        立命館 副総長 モンテ・カセム 氏
        モンゴル:シャグダル・エンフバヤル氏
               1998年JICA市場経済理解のためのマーケティングコース
        ブラジル:金谷 芽衣氏
              2008年JICA日系貿易・マーケティングコース
■復興に懸命に努力中の日本、その中で世界各国との相互依存中関係を再確認。相手国の民族、人口構成、文化、価値観などをよく理解する。未来創造の中心となる人材の育成。途上国と日本双方のグローバル人材育成に貢献。多国籍人材を引張って、組織全体をプロジュースする人材を必要とする時代。
■中小企業診断士かにの会は宮迫氏の『影響力の武器』でした。

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

今年の企業の経営戦略の方向性

銀行で待っている時に読んだ「マスリー・レビュー2012.2」より引用します。
■2012年における企業の経営戦略の方向性
■先進国経済のダウンサイジングリスクに留意しつつ拡大する新興国重要の取込みを図ることがますます重要となります。■とくに、増加する中間所得者層をターゲットに、日系企業のブランド力を生かしつつ、品質・価格面で現地ニーズに合わせた製品・サービスを提供することがも止まられます。
■人口動態による市場規模の縮小に対して
①既存の製品・サービスの高付加価値化による新たな需要の喚起
②人口構成の変化に対応した高齢者重要の取込み
■海外展開と業界再編という2大テーマに本腰を入れて取り組んでいくことが重要になるとみられます。

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

日本小集団協会の2月例会「リーダーシップの旅」

S20120212 日本小集団協会の2月例会は、新入会員の中山さんをお迎えして、貴重な情報を沢山いただきました。
■場所:大阪府立労働会館
■日本小集団協会の創設期について
いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日の主な情報提供資料は下記です。
1)カリキュラム:健康生きがいづくりアドバイザー養成講座 
2)レジュメ:「講義1現代社会と中高年」
3)政府主導で始まった少子化:朝日新聞2012.01.31
4)「新しい人口推計のポイント:減る人口、増す負担」
5)社説:人口推計は貧困な少子化対策への警告だ
6)社説:子育て支援策、保育の発想を変えよう
7)4年ぶり「ケヤキキョウダイ」 くじ引き“姉妹の契り”結ぶ
8)雪かき交流ツアー、豪雪地都市から次々、「人結ぶツール」
9)防災コミュニティーづくりのススメ、行政には頼りきれない
10)「伸びる企業の人材育成」ユニコン会発表資料
11)世界市場主導権失う、電機産業興亡の岐路
12)独走アップル新分野攻勢、TV本格参入示唆
13)iPhoneの部品 1位日本34%、2位ドイツ17%、3位韓国13%
14)車、自販機、ガス検針器… スマホで対話する機械続々
15)見えない資産磨け、世界巻き込む「仕組み」再び
16)問われる研究開発(上):「収益直結」へ進む効率化
17)問われる研究開発(下):顧客志向、拠点は新興国へ
18)未来年表、2011--2025
19)海外市場開拓の条件(上)アジア圏を真の「内需」に
20)海外市場開拓の条件(中)多国籍人材活用に全力を
21)海外市場開拓の条件(下)貧困削減支援を利益に
22)企業にできる経済活性化策
23)大学と品質管理
24)ボランティアで社員を海外派遣
25)変化の時代、変わる力、続・経営思考の「補助線」
26)ソーシャルシフト、これからの企業にとって一番大切なこと
27)人材を活かす企業、「人材」と「利益」の方程式
28)絶対達成する部下の育て方
29)逆さ地図の日本
30)ISOマネジメントシステムの世界認証件数を発表
31)復興バブルで浮かぶ、沈むゼネコン
32)野田智義・金井壽宏著「リーダーシップの旅」抄訳光文社新書、
33)小宮一慶「社長力養成講座要約」
34)小山昇講演会「社長の分身はこうつくる!」
35)「中小企業における人材育成講演会」福島正伸氏
36)「やる気」の賞味期限はわずか3年
37)景気良くなっているの?いや。悪い評価が41割
38)真夜中の飲兵衛コンビニ、ミッドナイトスギタニ
39)消費タイプ別攻略のヒント
40)公立図書館、ビジネス支援
41)革新的経営、長寿の秘訣、近畿で280社「100歳」に、
42)関西グローバル、磨けおもてなし、医療観光客、国内外から
43)孤族から「CO族」へ、飛躍求め自ら紡ぐ縁
44)「イレブンカット」格安店集客術
45)レインズのツイッター活用法
46)顧客満足度、常に上位「ネッツトヨタ南国」、
47)職場のいじめ・嫌がらせの具体例
48)職場パワハラ6類型
49)働き手50年後に半減、社会保障「肩車型」に
50)65歳以上5人に2人、2060年人口8674万人、生産人口は半減
51)100歳まで元気な人の秘密、酒を飲み肉も食べて糖尿病を治す
■次回以降の日程は5月13日、7月8日、10月14日、12月16日。
■昨年の例会記録は下記をクリックしてご覧ください。
■関連WEB:12月例会
■関連WEB:10月例会
■関連WEB:7月例会
■関連WEB:5月例会
■関連WEB:2月例会

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

「電気を使わない家電」のススメ

20120211 「電気を使わない家電」を提案されているのが藤村靖之さんです。■電気掃除機はごみを床からゴミ箱に移すためだけに、電気が生む膨大な力を使う。手で拾って捨てる場合の約2千万倍のエネルギーだそうです。電気を使わぬ努力を求められる。
■関連WEB:発明家・藤村靖之さん “非電化製品”が暮らしを変える?NHK動画
■関連WEB:「エコライフ&スローライフのための愉しい非電化」 藤村靖之
■関連WEB:2009年8月号  発明家・非電化工房主宰  藤村靖之
■関連WEB:「便利を少し捨ててみよう~発明家・藤村靖之」課外授業・ようこそ先輩 NHK

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

Why2分析

アイソス2012年3月号は「事業継続マネジメント―ISO規格最新動向とBCMS導入のポイント」を特集しています。
■FSSC 22000 認証事例は株式会社ADEKA 鹿島工場西製造所クリーム工場です。
■大学からの提言「日本の中小企業のCSRの実態と課題」は富山県立大学教授工学博士 九里徳泰さんの執筆です。
■Why2分析実勢のための基本講座は第6回(最終回) Why2分析のヒントです。
■関連WEB:Why2分析早わかりガイドダウンロード
■関連WEB:アイソス2012年3月号

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

『良い歯科医』とはどんな医者なのか

歯科医院の数は全国に6万8000軒。コンビニより2万軒以上も多い。歯科医の数も年々増え続け、今では10万人を超え、歯科医の過剰さえ叫ばれる。■雑誌「ザイテン3月号」は見捨てられる「歯科医」を特集しています。主な記事は次のような内容です。■歯科医の「自然淘汰」を待つ厚労省。■存続が危ぶまれる私立歯科大学。■インプラントもバブル崩壊「廃業必至の無個性歯科医」。■受難時代をチャンスに変える「個性派歯科医」の生き残り戦略。■今夜のカンブリア宮殿は医療法人 徳真会グループ 理事長 松村 博史氏です。■そのように厳しい歯科業界の中で、年間80万人の患者が訪れる国内最大規模の歯科医グループがある。「医療法人」徳真会グループ。患者が通いたくなる歯科づくりを実現し、患者は年々増加。本当に『良い歯科医』とはどんな医者なのかを紹介していた。
■関連WEB:医療法人 徳真会グループ
■関連WEB:ザイテン3月号
■関連WEB:歯科経営
■関連WEB:歯科医院の活性化策は(2011年1月27日)
■関連WEB:保険診療と自由診療
■関連WEB:勝ち残るための戦略に際限なし!
■関連WEB:楽しい職場

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

言葉の花束

帯状疱疹のため、8日9日の東京出張は延期しました。
近くの欣淨寺さんの掲示してあった言葉から。
「今日出発、万年初歩」

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

「いい仕事」をすることだけに、集中していますか?

今日の大商講演会は小宮一慶氏の「社長力養成講座」ですが、帯状疱疹のため自宅療養です。「2012.02.07大商ビジネス講演会「社長力養成講座」どんな時代もサバイバルする会社の.doc」をダウンロード
■関連WEB:小宮一慶氏の「いい仕事」をすることだけに、集中していますか?」

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

言葉の花束 「楽観主義は人生を楽しむための原動力」

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2512012.2.1.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆ 楽観主義は人生を楽しむための原動力――鈎(まがり)治雄・創価大学教授「公明新聞」
☆「国民のために働く」という本分を忘れているのが、「霞が関村」の実態――古賀茂明「官僚の責任」(PHP新書)

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

足こぎ車いす

S20120205_1 S20120205_2 今朝のNHK「ルソンの壺」はバレンタイン市場をけん引する洋菓子メーカー「モロゾフ」
 会長 川喜多佑一さんです。■社員を大切するモロゾフさんでは女性の目線に立った商品作りで、友達に贈る「友チョコ」や自分に贈る「マイチョコ」など新たな需要を掘り起こしてきた。■バレンタインチョコは「モロゾフ」にします。
■サキどりは患者のリハビリに良い「足こぎ車いすの開発秘話」です。■一台の価格は「30万円前後」です。
■関連WEB:「足こぎ車いす」について
株式会社TESS(テス)」(仙台市)
■関連WEB:足こぎ車いすのリハビリを取り入れている「岩手県の美希病院
■関連WEB:HHJ株式会社

| | コメント (0)

2012年2月 4日 (土)

立春

立春。右手がちくちく痛みます。帯状疱疹と風邪のため休養をとりました。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

休養日、節分

氷点下列島,節分の3日は帯状疱疹と風邪のため、静かに休養をとりました。

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

豊かな自然と古寺を訪ねる錦秋の奥琵琶湖・尾上温泉・長浜の旅

今年の32会の旅行のテーマは「豊かな自然と古寺を訪ねる錦秋の奥琵琶湖・尾上温泉・長浜の旅」。石川さんから企画案の説明を伺った。
■集合:11月16日(木)12.30長浜駅
■11月16日(木)午後、長浜駅出発、長浜城歴史博物館、曳山博物館、大通寺、黒壁スクエア。紅鮎宿泊。
■11月17日(金)午前中、渡岸寺、鶏足寺、賤ヶ岳古戦場、毛利志満長浜店、長浜駅
■関連WEB:長浜観光協会(長浜城歴史博物館、大通寺、黒壁スクエア)
■関連WEB:旅館「紅鮎」(長浜市湖北町尾上)
■関連WEB:渡岸寺
■関連WEB:紅葉の鶏足寺
■関連WEB:賤ヶ岳古戦場(近江路観光ガイド)
■関連YouTube:賤ヶ岳古戦場 山頂より奥琵琶湖を望む ドボルザーク 新世界 「家路
■関連WEB:近江牛毛利志満長浜店(長浜市元浜町)
■旅館「紅鮎」と賤ヶ岳古戦場へは6月ごろに訪れたい。■風邪ひきのため早く休んだ。

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

帯状疱疹

右手、胸から背中に少し赤い発疹がみられるので内科で診てもらったら帯状疱疹でした。■18年前(1994年3月19日)に大学卒業式、東京転勤を控え、多忙なとき、「ジンマシン」のような症状が出て痒いので内科を訪れたら、帯状疱疹だと告げられ、点滴、塗り薬などの治療をうけたのを思いだした。
■関連WEB:帯状疱疹は痛みがある皮膚病です
■関連WEB:6人に1人を襲う激痛! 帯状疱疹の正体!「ためしてガッテン」
■関連WEB:帯状疱疹の治療(点滴治療)

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »