« 言葉の花束 | トップページ | Why2分析 »

2012年2月 9日 (木)

『良い歯科医』とはどんな医者なのか

歯科医院の数は全国に6万8000軒。コンビニより2万軒以上も多い。歯科医の数も年々増え続け、今では10万人を超え、歯科医の過剰さえ叫ばれる。■雑誌「ザイテン3月号」は見捨てられる「歯科医」を特集しています。主な記事は次のような内容です。■歯科医の「自然淘汰」を待つ厚労省。■存続が危ぶまれる私立歯科大学。■インプラントもバブル崩壊「廃業必至の無個性歯科医」。■受難時代をチャンスに変える「個性派歯科医」の生き残り戦略。■今夜のカンブリア宮殿は医療法人 徳真会グループ 理事長 松村 博史氏です。■そのように厳しい歯科業界の中で、年間80万人の患者が訪れる国内最大規模の歯科医グループがある。「医療法人」徳真会グループ。患者が通いたくなる歯科づくりを実現し、患者は年々増加。本当に『良い歯科医』とはどんな医者なのかを紹介していた。
■関連WEB:医療法人 徳真会グループ
■関連WEB:ザイテン3月号
■関連WEB:歯科経営
■関連WEB:歯科医院の活性化策は(2011年1月27日)
■関連WEB:保険診療と自由診療
■関連WEB:勝ち残るための戦略に際限なし!
■関連WEB:楽しい職場

|

« 言葉の花束 | トップページ | Why2分析 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。