« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

志都美駅 橋上駅舎

S20120331_1 品質・環境の統合マネジメントの指導でした。
いよいよ明日から4月。志都美駅からの景色です。
■関連WEB:志都美駅 橋上駅舎

| | コメント (0)

2012年3月30日 (金)

強い中小企業の「5つの共通点」

S20120330_1 日経トップリーダー4月号の特別企画は「本当に強い中小企業ランキング」です。
■強い中小企業の「5つの共通点」
■最初から強かった企業など、ただの1社もない。
■成長力と財務力を高めた中小企業の共通点を学び、できるところから自社に取り入れてみよう。
1)既存客の満足度を最優先する
2)労働生産性を上げる
3)他社を凌ぐスピード力
4)社員を厳しく育てる
5)後継者が変革の起爆剤
■苦しい時も努力と工夫を重ねて着実に利益を出し、少しずつ自己資本を積み増してきた。そして守ってばかりでなく、ここぞというタイミングでは、その資本を使って一気に攻めに転じている。■強い企業を作り上げるのは、経営者の舵取りである。

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

文房具の製品開発

S20120329東大阪の大阪紙文具流通センター団地内の企業へ訪問。長田駅を出た所の桜は満開でした。文房具の年間新製品数は3000点。文房具もグローバル化の波です。次回の研修テーマは「営業の段取り」です。
■関連WEB:大阪紙文具流通センタ​ー
■関連WEB:社団法人 全日本文具​協会
■関連WEB:ヒットの泉:いま空前のヒット商品ラッシュが続く「文房具」
■関連WEB:京都観光Navi:東​林院・宿坊

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

フェイスブック

20120331 フェイスブックの利用者は1カ月に1回以上ログインした人の
合計で、日本語版のサービス開始から約3年半で1000万人の大台に達した(16日発表)。■アクセス数で2010年3月、フェイスブックがグーグルを抜き去った。■ツイッターの月間利用者数(世界)1.5億人。■フェイスブックの月間アクティブユーザー数(世界)8.45億人、1日に押される「いいね」ボタンやコメント27億回。1日にアップされる写真2.5億枚。■米国における月間の合計滞在時間はフェイスブックが535億分。これはヤフーの3倍、グーグルの4倍にあたる。■友人の投稿が一覧で見えるニュースフィードは、ポータルサイトの役割も担う。■34才以下の人たちはコミュニケーションに費やす時間の中で、占める割合の最も多いのがSNSであり、30%を占めている。それ以上の世代はeメールを使っている。■週刊東洋経済3月31日号は「10億人を丸裸にする巨大ネットワークの正体フェイスブック」の特集です。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

尾道市立土堂小学校

優秀なホームページを作っている小学校は尾道市立土堂小学校です。第9回全日本小学校ホームページ大賞において土堂小学校のホームページをJ-KIDS大賞に選ばれました。

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

掃除でおもてなし

S20120326 大阪商工会議所主催の「掃除でおもてなしセミナー」に参加しました。
■経営学の観点から、加護野忠男・甲南大学特別客員教授が基調講演、鍵山秀三郎・日本を美しくする会相談役が特別講演を行うとともに、“掃除”に関する活動に取り組む企業経営者、学識経験者を交えてのパネルディスカッションでした。
◆プログラム:
 ○開会挨拶 大阪商工会議所 流通活性化委員長 山本 博史
 ○基調講演「経営理念の伝承手段としての掃除」
        甲南大学 特別客員教授 加護野 忠男 氏
 ○特別講演「凡事徹底 ~平凡なことを非凡に努める~」
        特定非営利活動法人日本を美しくする会 相談役 鍵山 秀三郎 氏
 ○パネルディスカッション
       「明日に輝く企業経営 ~“掃除”で会社を元気にしよう!~」
  <パネリスト>
    甲南大学 特別客員教授 加護野 忠男 氏
    特定非営利活動法人日本を美しくする会 相談役 鍵山 秀三郎 氏
    幸南食糧株式会社 取締役会長 川西 修 氏
    株式会社山田製作所 代表取締役社長 山田 茂 氏
    日本大学 経済学部 准教授 大森 信 氏
  <コーディネーター>
    産業情報化新聞社 代表取締役 竹原 信夫 氏
■経営者の姿勢が重要です。経営者の率先垂範。約束を破るのは経営者、リーダーです。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

鉄の女の涙

梅田TOHOシネマズで12.00から『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(原題:The Iron Lady)を観賞した。
■サッチャーを演じたメリル・ストリープは、この映画で、アカデミー賞主演女優賞を受賞。■鉄の女サッチャーがなぜ保守的な風土が強く残るイギリスで首相になり、総選挙で三連続勝利へ保守党を導いたのか■規制撤廃や金融ビッグバンなどの経済改革、税制改革や行政改革を断行し、停滞していたイギリスを生まれ変わらせた。■「英国病」とよばれた、長期にわたる経済不振打開のために、徹底かつ強硬な経済改革を行った姿が「鉄の女」と呼ばれた。■頻発するストライキに対抗し、フォークランド紛争でアルゼンチン軍を放逐して国民の支持を獲得公営企業の民営化、規制緩和を推進した。税制改革で人頭税を提起したことから世論の離反を招き求心力が低下した結果、1990年に辞任した。
■関連YouTube :映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』予告編
■関連WEB:マーガレット・サッチャー - Wikipedia

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

ツタンカーメン展

S20120324_22 古代エジプト3300年のロマン。ツタンカーメン展 ―黄金の秘宝と少年王​の真実― を孫と9時過ぎから長い行列に並びました■今回の展覧会ではツタンカーメンの王墓から見つかった副葬品、黄金に彩られた展示品の数々が魅力です。■関連WEB:ツタンカーメン展   ■お隣の海遊館を見て、13時から市立科学館の「はやぶさ帰還バージョン」を見る予定でしたが、2分遅れで残念ながら見ることができませんでした。

S20120324_8 S20120324_26

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

会話は『最初のひと言』が9割

20120323kaiwa200 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2542012.3.15.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆ 事前に《天気、季節、場所》でのひと言を考えて会う――向谷匡史「会話は『最初のひと言』が9割」(光文社新書) 
☆ 自己紹介は《転》を抜かして《起・承・結》でいい――向谷匡史「会話は『最初のひと言』が9割」
■関連WEB:向谷匡史「会話は『最初のひと言』が9割」

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

事業承継の事例

S20120322_1 S20120322 「オーナー一族として経営を引き継ぎ、次に引き渡すまでの事業承継の実態」は中小企業診断士技術向上研究会3月度の例会での藤岡庸一氏の発表でした。■プラスチック金型製造の3代目社長を経て、一昨年4代目にバトンタッチ。64歳で診断士になった人物、これからコンサルタントとして再出発。■事業承継以外にも中国進出の話や経営に関する豊富な経験も伺いました。
■事業承継の事例
1)事業承継の際に考慮すべき事柄
2)成功事例
3)失敗事例
4)その他の事例

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

見学会「川村義肢株式会社」

S20120321_13 S20120321_27 S20120321_31 工業経営研究学会の見学会は川村義肢株式会社さんでした。■「お客様と社員のQ.O.Lの向上という理念が実現した状態を私たちは常に語り合い、具体的にイメージし、その実現への挑戦を続けます。そのために全社員が『ミッション・ステートメント』を携帯し、毎日読合せの機会を持ち、自らの考えを言葉にして伝えて、日々の活動に生かしています」
■私たちの行動指針
・常に研鑚し常に前進しよう
・最高の製品を提供しよう
・心のこもったサービスをつくそう
・合理化に努め利益を生み出そう
・ともにゆとりある豊かな生活を築こう
■年商:66億円 ■従業員数:589人

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

大島紬の染色体験

S20120320_125 S20120320_127 S20120320_143 ホテル(9:00)-奄美大島紬村く大島紬の世界をのぞく、染色体験/約90分>-龍郷・けいはんひさ倉く昼食>-奄美空港(12:40)JAL2464便--伊丹空港(14:05)
■関連WEB:奄美大島紬村

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

田中一村記念美術館

S20120319_2  ホテル(9:00)出発----奄美パーク<奄美の自然.歴史・文化を紹介する「奄美の郷」と奄S20120319_19美を描いた孤高の画家「田村一村記念美術館」の名画鑑賞/約120分>----黒潮の森マングローブパーク(カヌーでマングローブ探勝./昼食/約150分〉---田中一村終焉の地---ホテル
■関連WEB:田中一村記念美術館
■関連WEB:黒潮の森 マングローブパーク
S20120319_10関連WEB:マングローブカヌー
20120317

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

金作原原生林へ

イモーレ奄美大島S20120318_4020120317佐渡島についで、二番目に大きな島、癒しの奄美大島へ。 18日は10.15発のJAL便で奄美空港S20120318_49_2 S20120318_63 (12.00着)へ。「ウガミンショーラン」(こんにちわ、!)奄美空港から金作原原生林へ。生憎雨の原生林の散策となりました■ネイチャーガイドの案内で巨大なシダが生い茂り、太古の森を思わせる原生林散策です。■今日の宿泊先は奄美リゾートホテルカレッタハウスです。(17:15項)カレッタハウスは奄美大島の北部、龍郷町にあるリゾートホテル。目の前には穏やかな奄美クレーターが広がり、周りを豊かな森に囲まれた静かなロケーション。■ホテルのプールサイドはカエルの大合唱。部屋からも良く聞こえます.■「トウトガナシ」はパワーの出る元気な言葉です。トウトは尊い、ガナシは愛しい,大事なものとても大切なもの。大変感謝しています。幸せを。明日は晴れてほしい。「トウトガナシ」を3回唱えます。                   ■関連WEB:金作原原生林散策
■関連WEB:奄美リゾートホテルカレッタ
■19日の予定
ホテル(9:00)出発----奄美パーク<奄美の自然.歴史・文化を紹介する「奄美の郷」と奄美を描いた孤高の画家「田村一村記念美術館」の名画鑑賞/約120分>----黒潮の森マングローブパーク(カヌーでマングローブ探勝./昼食/約150分〉---田中一村終焉の地---ホテル
■関連WEB:田中一村記念美術館
■関連WEB:黒潮の森 マングローブパーク
■関連WEB:マングローブカヌー
■20日の予定
ホテル(9:00)-奄美大島紬村く大島紬の世界をのぞく、染色体験/約90分>-龍郷・けいはんひさ倉く昼食>-奄美空港(12:40)JAL2464便--伊丹空港(14:05)
■関連WEB:奄美大島紬村

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

「うめきた」は緑地公園に

S20120317 朝日新聞社主催のシンポジウム「うめきたと大阪再生」が開催されました。■JR大阪駅北側の貨物駅跡地梅田・北ヤード(うめきた)。 「うめきた」の総面積は24ヘクタール。先行区域(1期)「グランフロント大阪」(7ヘクタール)は2013年春開業。中核施設は「ナレッジキャピタル」(知的創造拠点)。■大阪、関西を元気にするために、「関西の最後の一等地」の「うめきた」全体を再開発すれば良いのかをを考えるシンポジウムでした。■残る2期17ヘクタールの再開発については、緑地化構想もあり、将来像の議論が本格的に始まります。■今日のシンポジウムの記事は18日の朝日新聞朝刊に載ります。

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

ODAの戦略的活用による海外事業展開支援

S20120316_oda14 「中小企業のための新興国・途上国事業展開How To セミナー~ODAの戦略的活用による海外事業展開支援~」に参加しました。■外務省では、平成24年4月からODA(政府開発援助)を活用した中小企業の海外事業展開支援を開始します。■新興国・途上国において中小企業の優れた製品・サービスの展開に向けたニーズ調査・事業化調査、中小企業人材の海外派遣支援など、中小企業の皆様に各種支援策の活用法の解説がありました。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

事業再生

S20120315_1 「再生支援セミナー中小企業・元気塾」に参加した。■本業は堅調だが、過去の過大な借入金が重荷となり、経営状態が厳しい。そんな企業には早期の「事業再生」の取り組みが有効です。■たとえば「経営が年々厳しくなってきた」「今の売上・利益だと、借入金の返済がしんどい」「急激な円高で対応に苦慮している」などと感じたら、ぜひ再生協議会にご相談下さい。■今日のセミナーでは、中小企業再生支援協議会(国の委託に基づき、再生支援を行う公的機関)の取り組みを踏まえながら、中小企業の経営者向けに、厳しい時代を乗り切るための企業経宮の心構え・ポイント、再生支援の現状や具体事例について解説された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

理想の会社とは

『お客様を知る力は日本一!の書店員 1500人の嗜好を把握し、販売につなげる接客とは?』のセミナーの講師。NHKラジオビタミンのときめきインタビューは大阪の小さな書店・隆祥館書店の営業部長二村 知子さんでした。■大阪市中央区の谷町六丁目にあり、近くです。■訪ねてみたい書店です。
■“何のために仕事をしているのか”という意識を、しっかり持つ習慣をつけるために必要な<心のスイッチ>の入れ方について、自立型人材の育成やメンタリング・マネジメントの第一人者である株式会社アントレプレナーセンター代表福島正伸氏の講演を聴きました。
■社員が働くことを誇りに思う会社を創る!、働く幸せを実感する「理念浸透・感動ムービー創造研修」もいいですね。
■会社の中に明確なビジョンがあれば、それによって社員がワクワクしながら働くことができるようになります。自分の役割りと行動が具体化し、それぞれの可能性が最大限に発揮されることで、企業の生産性を飛躍的に高めることができるのです。理想の企業、それは、ビジョンを共有し社員が働く意欲・責任感を感じることで、仕事への誇りを持ち、お互いに助け合いながら一人ひとりが輝いている企業です(セミナー案内より)
第1回:理想の会社とは
第2回:理想企業の描き方
第3回:理想の会社の浸透計画
第4回:涙があふれる感動ムービーの創り方
第5回:感動と共感レベルの検証
第6回:理念浸透・感動ムービー発表会
■関連WEB:隆祥館書店
■関連WEB:株式会社アントレプレナーセンター

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

社会価値で成長するCSR

「社会に貢献したい」との消費者意識に応える商品が大ヒットした。コメからパンを作れる「GOPAN」。稲作を支える日本の新しい食文化を提案したいという思いから開発された。■2011年、米ハーバード大学の経営学者、マイケル・ポーター教授がCSV(クリエイティング・シェアード・バリュー=共通価値の創造)という経営理念を発表した。■本業を通じて社会と共有できる価値を創造できる企業が成長すると説いた。■商品の社会価値を高め、「儲かS20120313_2 るCSR」を実践する企業こそ、継続的に社会問題を解決して社会をよくしつつ、自ら成長し続ける(日経エコロジー4月号P.33-34)
■今日も品質・環境の複合審査の立会でした。■二月堂のお水取りが終わると桜の咲く春がやってきます。
■関連WEB:日経エコロジー4月号
■関連WEB:修二会

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

円安トレンド

20120309 週刊エコノミスト3.20号は「円安が来た」を特集しています。■円キャリー、ユーロに代わって売られる円、キャリー取引の主役が交代。■円高阻止の日銀緩和、経常赤字、経常収支悪化で露呈する「世界最弱通貨」円の実力■エコノミスト11人に聞く、「円安はどこまで進むか」
■週刊東洋経済3.17号は日本総崩れでも踏ん張る素材産業、「素材」革命!の特集です。
■第2特集は「いまこそ問われるCSR経営」です。社会的課題解決と企業収益向上を両立できるCSRが求められています。CSR企業ランキング300のトップは富士フイルムホールディングス、2位がトヨタ自動車、3位がソニーの淳です。
■本日はCSRをめざす製造業の品質・環境の複合審査でした。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年

死者1万5854人、行方不明者3155人を出した東日本大震災から1年を迎えた。日本中が哀悼の祈りに包まれた1日でした。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

福澤諭吉に学んだ武藤山治の先見性

S20120310_3 「福澤諭吉に学んだ武藤山治の先見性」のテーマで武藤山治の孫の武藤治太氏がお話された。10日は武藤山治追悼講座でした。■武藤山治氏は慶応3年3月1日~昭和9年3月10日(1867~1934)■福澤諭吉の大きな功績は①慶応義塾、②著書、③時事新報社の三つがあげられる。■福沢諭吉の『西洋事情』を読んで、すっかり福沢びいきになっていた父が、息子の教育に慶應義塾を選んだのである。ここで4年間学ぶ中で武藤山治が福沢諭吉から受けた感化は計り知れないものがあった。武藤が生涯の誇りにしていたことがあったという。それは、鐘紡の経営に際し一度も政府の援助に頼らなかったことである。独立自尊をモットーとした福沢諭吉の継承者たらんとしたのである。
■ 慶応3年(1867)岐阜県海津市に生まれ。明治17年(1884)慶応義塾卒業。翌年アメリカに留学し20年(1887)帰国、銀座に日本初の新聞広告取次業を創始。新聞記者等を経て、26年(1893)中上川彦次郎による三井の改革時に招かれて三井銀行に入行。27年鐘淵紡績会社に入社。■外資導入など、新しい経営手法を取り入れ、鐘紡を日本有数の企業に育て大正10年(1921)社長就任。■社長就任後は、温情主義、家族主義的な経営で従業員の福利厚生を重視し、待遇改善に努めました。■日本初となる社内報の発行のほか、福利厚生には社内に乳児保育所や共済組合を設置しました。■大正13年(1924)に衆議院議員に当選。政界引退後は、福沢諭吉の残した時事新報社を立ち直すべく社長を勤めました。■実業家、政治家、ジャーナリストとして、また芸術面でも「蕪村画集」を発行するなど、様々な分野で業績を残しています。
■関連ブログ:「武藤山治をめぐる群像」2011.03.05
■関連ブログ:武藤山治の先見性2009.08.22
■関連WEB::記念講座の記録「武藤山治をめぐる群像」

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

ユアサ炭寿会

S20120309_2 ユアサ炭寿会大阪支部総会に出席し、久しぶりに懐かしい皆さんに再会しました。
そのあと、ISO9001の指導でした。
S20120309_4 ■関連WEB:ユアサ商事

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

いい街がいい国をつくる

S20120308_2 6日より9日まで東京ビッグサイトで開催の次世代の店舗や生活環境づくりに関する製品・技術を集めた総合展示会「街づくり・流通ルネッサンス」を見学した。■今年の共通テーマは「いい街がいい国をつくる」。
■魅力ある街づくりや店舗設計につながる設備を集めた「 JAPAN SHOP」。
■「建築・建材展 2012」。
■流通業向けIT機器・システムを紹介する「リテールテックJAPAN」。
■近距離無線通信の国際規格「NFC」を取り巻く最新動向がわかる「NFC&Smart WORLD」
S20120308_6 ■防犯・防災設備が充実した「SECURITY SHOW 」
■省エネ照明の活用法をさぐる{LED Next Stage」
■フランチャイズチェーンが集結した「フランチャイズ・ショー」
■関連WEB:「街づくり・流通ルネサンス」の過去の開催結果
■関連WEB:各展示会に関連する最新のニュース
■関連ブログ:「街づくり・流通ルネッサンス」2011.03.08
■関連ブログ:環境新時代の街づくり・店づくり2010.03.10
■アップルが最新iPadを発表しました。■夜は大手門学院大学客教授による連続講演会「日本のメディア~一極集中とその弊害」は、、講師が寺谷一紀氏でした。S20120308_3

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

現有社員を磨け

S20120308 「企業は人なり」。現有社員の最大限戦力化が重要です。基本の徹底。諦めずに根気よく指導し続けましょう。■社員やパート、アルバイトをしっかり教育し、個々の力を最大限に引き出していますか。■個々の力量や特徴を正確に掴んでいますか■そのために従業員とじっくり話す時間を確保していますか?

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

セーフティ・ネット

20120306 啓蟄。「蟄」は冬眠している様子で、「啓」は動作や行動をする。冬こもりをしていた虫たちもそろそろが穴から出て動き出す季節となってきました。
■午後は、追手門学院 大阪城スクエア講演会【おうてもん塾第3期】巨大災害とくらし~東日本大震災から一年を迎えて~第5講「セーフティ・ネットを考える」を受講しました。■セーフティ・ネットとは、人々の生活に安心と安全を提供するための社会制度のことです。■最も重要かつ最後のセーフティ・ネットはネットワークです。■人と人のつながり、家族を、友達を、お隣さんを大切にしよう。■絆は幸福の不可欠の要因です。■関連WEB:「幸福の研究―ハーバード元学長が教える幸福な社会」

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

100歳の言葉100選

20120305100100 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2532012.3.1.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆ 自分は世界で唯一の貴重な存在なんだと考えることが大切なんです。そうすると、他人も自分と同じ  ように、大切な存在なんだと気づくはずです。
☆「物ごとには、あきらめていいときと、まだあきらめてはいけないときがございます。私はどんなに苦 しくてもなかなかあきらめない性質でした」――森光子(女優)1920年5月9日生~ 現・91歳
☆ 最後のステージには、勇気と行動力が必要です。――日野原重明「100歳の言葉100選」
■関連WEB:日野原重明「100歳の言葉100選」

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

なぜコミュニケーション教育なのか?

3日の追手門学院の文化産業講座第5回は「コミュニケーション教育の現在」という題で平田オリザさんの講演でした。■経団連の調査で採用選考時に重視する要素として、「コミュニケーション能力」が80%、語学3%、資格0.5%となっています。「コミュニケーション能力」が最も大切だとしています。ではコミュニケーション能力とは一体なんでしょうか?、
■なぜコミュニケーション教育なのか?
▼少子化、地域社会の崩壊
▼産業構造の転換
▼国際化
■コミュニケーション能力は低下しているのか?
▼コミュニケーション能力問題の顕在化
▼コミュニケーション能力の多様化
■異文化間コミュニケーション(国際化、内なる国際化)
■世代間コミュニケーション
■様々なことを想定して気配りできることでコミュニケーションが円滑化する
■「対話」と「会話」の違い
▼「対話」は他者に説明する文化。会話と比較して冗長率が高い。
▼「会話」は分かりあう、察しあう文化。
■演劇は対話を要求する。
■関連WEB:「対話というデザイン」平田オリザさん2010年4月
■関連ブログ:27日の大商夕学講座「対話の時代に向けて」
■関連WEB:「夕学五十講」担当者がお届けするblog「演劇の力」平田オリザさん2006年3
■関連WEB:「演劇の方法論で学ぶコミュニケーション」受講生レポート
■関連WEB:平田オリザさんと創る【表現力を磨く演劇ワークショップ】

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

中小企業の省エネ、低炭素化への取組み

S20120303_1 S20120303 きらっ都プラザ・京都産業会館での「環境経営シンポジウム in 京都」に参加しました。
「中小企業におけるカーボンマネジメントへの取り組みの実態と課題」、「3.11以降の中小企業の省エネ、低炭素化への取組み」の講演のあと、
パネルディスカッションは「低炭素社会実現への道筋を検証する~中小企業の戦略経営の方向~」でした。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

生前の不動産対策

日経のトップニュースは日産自動車が2014年に車両価格を50万円に抑えた新興国戦略車を投入するという。インドのタタ自動車の「ナノ」などに比べるとまだ高いですが。■最近、不動産を使った生前の劇的節税策の相談が増えているそうです。
■関連WEB:図解でわかる 相続税を減らす生前の不動産対策
■関連WEB:相続税の節税対策 :鈴木税理士事務所

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

このごろの若者は

午前中は税理士さんとの情報交換。■昨年採用した若い税理士さんはパソコン好きで内向き思考、結婚のことは考えていないそうです。■午後は香芝で研修、夜22.00東京のホテル投宿。■本日の歩数は9598歩、よく歩きました■風邪が治らず、すぐ休みました。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »