« 社会価値で成長するCSR | トップページ | 事業再生 »

2012年3月14日 (水)

理想の会社とは

『お客様を知る力は日本一!の書店員 1500人の嗜好を把握し、販売につなげる接客とは?』のセミナーの講師。NHKラジオビタミンのときめきインタビューは大阪の小さな書店・隆祥館書店の営業部長二村 知子さんでした。■大阪市中央区の谷町六丁目にあり、近くです。■訪ねてみたい書店です。
■“何のために仕事をしているのか”という意識を、しっかり持つ習慣をつけるために必要な<心のスイッチ>の入れ方について、自立型人材の育成やメンタリング・マネジメントの第一人者である株式会社アントレプレナーセンター代表福島正伸氏の講演を聴きました。
■社員が働くことを誇りに思う会社を創る!、働く幸せを実感する「理念浸透・感動ムービー創造研修」もいいですね。
■会社の中に明確なビジョンがあれば、それによって社員がワクワクしながら働くことができるようになります。自分の役割りと行動が具体化し、それぞれの可能性が最大限に発揮されることで、企業の生産性を飛躍的に高めることができるのです。理想の企業、それは、ビジョンを共有し社員が働く意欲・責任感を感じることで、仕事への誇りを持ち、お互いに助け合いながら一人ひとりが輝いている企業です(セミナー案内より)
第1回:理想の会社とは
第2回:理想企業の描き方
第3回:理想の会社の浸透計画
第4回:涙があふれる感動ムービーの創り方
第5回:感動と共感レベルの検証
第6回:理念浸透・感動ムービー発表会
■関連WEB:隆祥館書店
■関連WEB:株式会社アントレプレナーセンター

|

« 社会価値で成長するCSR | トップページ | 事業再生 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。