« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

環境のためにできることは何なのか

自然エネルギーを電力会社が買い取る価格が決まり、7月からスタートする.。4月27日の経産省調達価格等算定委員会(第7回)で決定■太陽光は20年間42円(1KW時)、風力20年間23.1~57.75円、地熱15年間27.3~42円、水力20年間25.2~35.7円、バイオマス20年間13.65~40.95円.■新設の発電設備分だけを対象に準備を進めていたが、発電事業者の要望に応じ、方針を転換する。例えば風力では、RPSの平均価格である約11円よりは高いが、新設分の約23円よりは安い水準にする。
■この制度で、太陽光や風力、水力など再生エネの12年度の発電能力は、11年度(1945万KW)に比べて原発2基分の250万KW増えると想定している。
■日本に先駆けて再生可能エネルギーの全量買い取り制度を導入したドイツ、スペインでは、家計の負担が膨らんで、最近になって、買い取り量を減らす方針を決めた。
■今日の朝日放送TVの「ガラスの地球を救えスペシャル」、テーマは、「いま見直そう!ニッポンの心 関西のチカラ」、■「関西」に住む我々が、日本・世界・地球の環境のためにできることは何なのかを考えるのに役立ちました。
内容
★世界文化遺産下鴨神社と生中継
★縄文人に学ぶ共生と循環の思想
★関西の自然環境最前線
★祭と環境問題~葵祭りのアオイは今
★中崎町から地球環境を考える
★甲子園球場と環境
★京都の水を巡る
★関西発ニッポンの最新環境技術
★ニッポンに近い国ブータンに学ぶ
★関西の鎮守の森

| | コメント (0)

2012年4月29日 (日)

オリジナリティの重要性

S20120429_2 S20120429 祇園四条・ロシアレストラン・キエフにて開催の
第28回・日本販売促進学会・全国大会 京都大会に参加した。
■講演・研究発表のテーマは次のとおりです。
・「中小企業経営の再構築と時代に順応する経営戦略の展開」 
・「ソーシャルメディアマーケティング」
・「生活の情報化進展に対応する企業経営のあり方」
・「サービス業における競争優位について~品質と収益力の関係」         
・「中小企業経営の再構築と時代に順応する経営戦略の展開~国際化支援の視点~」
・「マーケティング・コンセプトの進展」
・[事例研究]あるベンチャー企業のものがたり
■「 全員参加・シンポジウム」 
・「現代的な販促技術の展開と中小企業の活性化」
    ~混迷経済時代を跳ね返す中小商業活性化へのアイデア~
■販売促進の戒め、オリジナリティの重要性、季節感ある言葉の演出(季節の変化を訴える)、経営者も楽しみながら臨む、リフレッシュ、バイタリティ(元気)、興味(インタレスト)、コミュニティ、エコロジーなどを大切にすべきである。

| | コメント (0)

2012年4月28日 (土)

桐の花と探鳥

S20120428_11 S20120428_3 大阪城公園の桐の花が見ごろです。大阪城公園 、西の丸庭園は渡り鳥の休息所です。今年も千葉県から探鳥に来られた方にお会いしました。
■「大阪城ファミリーフェスティバル2012」が大阪城天守閣前で5月3日(木・祝)から6日(日)まで大道芸、「歴史トーク&クイズ」、高校生吹奏楽、高校生和太鼓、大阪メチャハピー祭、大阪城鉄砲隊火縄銃演武などが開催されます。■中之島公園では5月3日(木・祝)から5日(土)まで中之島まつりで賑わいます。
■関連WEB:大阪城公園鳥だより
■関連WEB:大阪城ファミリーフェスティバル2012
■関連WEB:中之島まつり

| | コメント (0)

2012年4月27日 (金)

内部監査

S20120427 明日から大型連休。ISO90001の内部監査ほか審査までの進め方を説明しました。■ペリージョンソン レジストラー の内部監査 ベーシックコース のサンプル動画がYouTubeで見ることができます。
■関連WEB:PJRの内部監査 ベーシックコース のサンプル動画

| | コメント (0)

2012年4月26日 (木)

製造業の社員教育と改善

S20120426_17 S20120426_18 新入会員の見学者4名をお迎えしての第114回 中小企業診断士技術向上研究会は山下勝正氏の「製造業の社員教育と改善」事例のご発表でした。■5S活動の目標管理と意思改革、段取り改善による稼働率アップ・コストダウン、技能伝承の見える化による迅速化など豊富な事例を勉強させていただいた。

| | コメント (0)

2012年4月25日 (水)

関西・大阪文化力会議

S20120425 文化とは何か、いろいろの説があり、難しい。■文化とは「人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた」(デジタル大辞泉の解説)■「関西・大阪文化力会議~21世紀のアジア太平洋と関西~」に参加しました。
■基調講演1・ 羅 鍾一 (元駐日大韓民国大使)
「アジア太平洋の安定と発展のために選択すべき文化戦略」
■基調講演2・ マハティール・ビン・モハマド (元マレーシア首相)
「今こそ求められる日本の文化発信力」
■基調講演3・細川 護熙 (元内閣総理大臣)
「歴史に学ぶ文化力」
■基調講演4・谷内 正太郎 (元外務事務次官)
「基調講演を受けて:日本の果たす役割」
■パネルディスカッション「急成長する東アジアの光と影」
国分 良成(防衛大学校長)
佐藤 茂雄(京阪電気鉄道㈱取締役相談役)
谷内 正太郎(元外務事務次官)
萩尾 千里(㈱大阪国際会議場 代表取締役社長)
大林 剛郎(㈱大林組 代表取締役会長)
狂言 小笠原 匡(和泉流狂言師)
■中之島宣言(合意事項発表)
■関連WEB:細川家700年の歴史
■関連WEB:防衛大学校

| | コメント (0)

2012年4月24日 (火)

日本のものづくり力を伸ばすグローバル生産の究極形

20120424 5月17日・18日開催の「富士通フォーラム2012 東京」に参加します。
■「富士通フォーラム」セミナー
■ 5月17日(木曜日)
10時~「お客様とともに描く、これからの社会とビジネス」
11時30分~「スマートシティ・スマートコミュニティへの取り組み」
13時~「高齢先進国モデル構想」
15時~「日本のものづくり力を伸ばすグローバル生産の究極形」
16時50分~「奇跡の成長の原動力は地道な努力」
■5月18日(金曜日
10時~「ITが切り拓く新時代」
11時30分~「企業の革新体質の確立に向けて」
13時~「お客様のアイデアを加速させるRFIDの新潮流」
15時~「セブン&アイグループのネット戦略」
16時50分~「商社・卸売業向け基幹システムの方向性」

| | コメント (0)

2012年4月23日 (月)

資本主義の未来

20120423 23日(月)の雑誌の特集記事です。■世界経済は再び失速に陥りかねない危険性を抱えています。■ユーロ危機の背後には、少数の勝ち組と多数の負け組に分かれます。■政治の世界では、多数の負け組に配慮しなければ、民意は得られません。■財政再建と経済成長を両立する条件は? ■日本の消費税とTPPで意見対立が続く構図はユーロと似ている。
■日経ビジネスは「最前線で見た期待と不安、ユーロ再生の条件
■週刊ダイヤモンド は「クスリ激変! 最新薬でここまで治る
■週刊東洋経済 は「がん完全解明2012
■週刊エコノミストは「世界経済再失速、スペイン国債急落で欧州危機再燃
■アエラは「世界で勝てる 日本発ベンチャー
■WEDGE5月号は「天下分け目の日韓『電池』戦争」「医療機器、欧米に勝てない理由」
■日経PCビギナーズ5月号は「これでわかった!電子メール」
■バックナンバーの週刊東洋経済2011.7.2号は「グローバルエリートを育成せよ」

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

感動とサプライズのタクシー

「タクシーでつなげ!町と人を」。今朝のルソンの壺のゲストは「地域の価値を上げる」という信念のもと、業界に新風を起こすアイデアで頑張る近畿タクシーの社長・ 森﨑清登さんでした。■神戸市内の話題のケーキ屋を巡る「スイーツタクシー」や花見のポイントへ案内する「お花見タクシー」など地域の隠れた観光資源をつなぐ戦略の紹介でした。
■関連WEB:ルソンの壺
■関連WEB:近畿タクシー
■東京には、感動とサプライズのジャズクルージングというジャズタクシーがあります。■ジャズタクシーは、ジャズを聴きながら、都内の知られていない名所をクルージングする”感動タクシー”です。■交通手段の1つである「タクシー」は、早く、安く、安全が使命ですが、タクシーを”感動の空間”へ変えた点です。
(1)「待ち合わせ場所(スタート地点)」は東京駅丸の内南口、丸ビル前です。
(2)「スタート時間」は、19時又は21時
(3)コース、東京駅~ニューヨークを彷彿させる東京のニューヨーク
  ~レインボーブリッジから眺める世界三大夜景
  ~東京タワー~東京23区内で一番高い山~東京駅
■関連WEB:ジャズタクシー
■関連WEB:感動とサプライズのジャズクルージング
■関連WEB:ニューヨークの日本語リムジン運転手・高橋タクシー
■関連WEB:エコロタクシー(京都)「平清盛」にまつわる3つの観光コース

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

顧客に高く買ってもらうための3つの戦略

S20120421_2  第959回武藤記念講座は甲南大学特別教授・加護野忠男先生の「デフレ克服の戦略」でした。■デフレは、一国の供給能力が需要を超過しているために起こるマクロ的な現象である。■しかし、ミクロの企業戦略にも原因がある。高く売るための技術を日本企業が持っていないことである。■顧客に高く買ってもらうための3つの戦略(顧客の絞込み、バンドリング、ブランドの確立)をわかりやすくお話された。
■顧客の絞込み(フォーカス)戦略
・リードユーザーを見つける
・リードユーザーとの上手な対話のために
■バンドリング戦略
キャノン、シスメックス、GE,ロールロイス、三菱電機、日立、小松製作所、三浦工業
■ブランドの確立
ベンツ、BMW、アップル、ボーズ
ブランドとこだわり
不利を利点に変えるのがブランド
■「2倍の価格で売るのにはどうしたら良いのか考えてみてください」、小さい会社ほど難しくない。■永井 孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法」のあとがきから。「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を徹底的に考え、提供する」。■藤村 正宏「安売りするな! 「価値」を売れ!」。売れないのは景気に関係なく、ちゃんと「価値」を伝えていないの原因です。S20120421

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

グローバルな環境で力を発揮できる人材の条件とは?

829823_s 「世界で戦う条件」の記事で、グローバル人材とは「海外で異文化の人と一緒に業務を遂行できる人材、相手の話を聞き、自分の考えを説得できる人材」と三村明夫新日本製鉄会長が言われている。19日の日本経済新聞の大学開国第2部より。「自国文化や異文化理解、多様性、論理的思考力、コミュニケーション能力」■グローバルな環境で力を発揮できる人材の条件とは?■グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツによれば、必要な能力は5つの柱に分類できる。ベースとなるのは壮大なビジョンを描き、その実現法を構想する力と、自分を鼓舞して努力する力の2つ。■その上にコミュニケーションのスキルと多様性への理解、ツールとしての英語力という3つの「アプリ」が加わる。ニューズウィーク日本版4月18日号より。                                                                                           ■関連ブログ:布留川勝の「人材育成の現場!」日記
■雑誌『ニューズウィーク日本版4月18日号、不安な時代の働き方」
■関連WEB:グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ株式会社
■国際基督教大学では昨年完成した学生寮は2人一部屋で、必ず日本人学生と留学生同室にした。「留学生と暮らすことで、文化や生活習慣の違いや交渉術を学べる。様々な背景を持つ人が一緒に学ぶ中から多様性が生まれる」。人間力を育てる場として学生寮再評価の動きは早稲田大学などにも広がる。

| | コメント (0)

2012年4月19日 (木)

農林水産業の『六次産業化』

桑蓬会は高槻さんの発表で、テ-マは「農林水産業の『六次産業化』について」の問題提起でした。
■「六次産業化」とは
1)制度の概要
六次産業化法
6次産業化プランナーのご紹介
2)農地法の改正(平成21年12月)
①農地法の権利取得の自由化
②法人が農業へ参入する場合の要件
3)農林漁業成長産業化ファンド
4)日本政策金融公庫
融資制度
農業経営アドバイザー
■他の支援制度との相違点
①農水省
農商工連携
②経産省
■その他
①国交省、建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業
②その他
■関連ブログ:農業「6次産業」で雇用も不況でも増収増益の法則
■関連ブログ:伊賀の里モクモク手づくりファーム
■関連WEB:モクモク手つくりファーム

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

グローバル社会で生きる力

「働く母が育てる世界のリーダー」AERA4.23号から。■「将来、国際社会で活躍できる人になってほしい」。グローバル社会で生きる力が必要だと、仕事をしているからこそ痛感する。■わが子には苦労させたくない。向き合う時間も自信もない。■模索する母親たちの受け皿となる教育機関が生まれている。■アジア各国から留学生を受け入れる全寮制の高校「インターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)」が14年開校する。目標は「世界に変革を起こすリーダーの育成」。同校がリーダーシップ教育で重視するのは、統率力ではなく、共感力や巻き込み力。寮生活も、他国の文化や習慣を知って視野を広げ、自国や先進国の価値感にとらわれないようにするためにある。

■関連WEB:ドリームキッズ・ネットワーク
■関連WEB:ベネッセお茶の水ゼミナール海外大併願コース
■関連WEB:インターナショナル・スクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

桜の通り抜け

S20120417_14 S20120417_18 大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が始まりました。遅咲きの八重桜を中心に129品種354本。今年の桜は小手毬です。23日まで。

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

「一目千本」の吉野山の桜

S201210416_25 S201210416_15 「一目千本」の吉野山の桜、下千本付近は満開です。

| | コメント (0)

2012年4月15日 (日)

 統計・確率思考で世の中のカラクリを見破る

20120415  財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
「言葉の花束」「2562012.4.15.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆「財政が大変だ」などと財務省はウソばかりついている――――高橋洋一「統計・確立思考で世の中のカラクリがわかる」光文社新書
☆ まだまだある埋蔵金――――高橋洋一「統計・確立思考で世の中のカラクリがわかる」光文社新書
目次「統計・確立思考で世の中のカラクリがわかる」
第1章 統計・確率思考で世の中のカラクリを見破る
第2章 バランスシート思考で考える東電問題
第3章 シンプル・ロジカル思考で考える復興政策
補講 よくある誤解と間違い

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

新人歓迎フェア

S20120414_1 マイドーム大阪2階Bホールでの(社)大阪府中小企業診断協会の新人歓迎フェアに参加しました。■登録研究会や青年部など、約20のグループが、各ブースでの展示やプレゼンテーションにより、活動内容を紹介し、診断士同士の交流を広げてるための自由な歓談の場で盛況でした。

| | コメント (0)

2012年4月13日 (金)

勝ち続ける経営

20120413昨夜の夕学講座は、日本マクドナルド社長の原田泳幸さん。■原田さんの話については、『勝ち続ける経営』という講演録が出版されたばかりである。■社長は「職位」ではなく「職種だ」と原田さんは言う。日本にプロフェッショナルの経営者が非常に少ない。今、「アウトサイダーとしての視点」がないと、日本特有の非合理性と閉塞を打ち破ることはできない。■原田さんがトップに就任された2004年以降、デフレ真っ盛りの日本にあって、8年で6回も値上げしている。値上げの広報戦略が上手い。安売り競争から一線を画し業績を伸ばすマック。牛丼の安売り競争とは別世界。■コーヒー販売量は日本一。■ES(従業員満足)と業績は連動する■決定する前に実行すること■コストを減らす投資をすること■基本に立ち返り「らしさ」を取り戻せ。「基本にかえる」を徹底させることから改革はスターされた。多くの原田語録を披露された。

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

スーパーコンピュータが拓く未来

関西生産性大会2012にシェラトン都ホテル大阪で開催されました。
プログラム
■基調講演「パラダイム変革の時代をいかに生き抜くか」~日・米・アジア関係と日本創建のシナリオ~昭和女子大学客員教授・東京大学客員研究員・東海由紀子氏
■「関西経営品質賞2011表彰式」【奨励賞】株式会社伍魚福
■特別講演「スーパーコンピュータが拓く未来と『京』誕生までの軌跡」~世界一への挑戦とそれを支えた技術、人財~富士通株式会社次世代デクニカルコンピューティング開発本部本部長代理・伊東広樹氏
■大商夕学講座第1回は「マクドナルドの経営改革」でした。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

ISO/TS 16949

20120411 アイソス5月号特集は「自動車産業セクター規格 ISO/TS 16949徹底解説」です。
■関連WEB:アイソス5月号

| | コメント (0)

2012年4月10日 (火)

言語力こそ日本を守る『武器』

三田評論4月号は特集がいま読み直す「学問のすすめ」を特集しています。■もうひとつ興味ある記事は平成23年11月30日に開催された第693回三田演説会での講演録「日本の対外言語戦略についてーー言語力こそ日本を守る『武器』だ」,慶應義塾大学名誉教授、鈴木孝夫氏です。
▼なぜ日本には「言語力」が必要か?
▼大国は「三本の足」を持つ
▼鉄砲が使えないだから言葉を使いなさい
▼なぜ日本語は国連公用語ではないのか
▼西欧至上主義からの脱却を
▼徳川時代という遺産
▼ユートピアとしての西欧
▼日本人には日本語を止められた経験がない
▼冷戦後の外交という課題
▼喫緊の語学教育の構造改革
▼日本を世界に発信するための言語戦略

▼超大国はローマ、古代中国以来、必ず足を三本もっています▼ずば抜けた経済技術力と強大な軍事力、そして広大な地域を支配する言語力の三つです▼日本は超大国とよく称されますが、武力を欠き経済技術のみが強大で、言語力は自国語の国際支配力はゼロで、自国からの情報発信もなきに等しい一本足のカカシ的な不安定な状態です▼これをいかにして早急に改めるか、そのための「ことばこそ武器」という意識革命の必要性について述べておられます。

| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

10年後、日本人が食える仕事

20120409 激変する世界そして経済。これから日本から消えゆく職業とはなにか。逆に最後まで日本に残る仕事とは? 
■週刊東洋経済4月14日号は「日本らしさがカネになる、10年後、日本人が食える仕事これが日本人メリットのある職業だ!」を特集しています。■個人も企業も、欧米の猿まねだけではオリジナリティを生み出せない。■“日本らしさ”を生かすことこそが、世界で日本人が稼ぐための条件だ。
■仕事のタイプを4分類
◇守りのジャパンプレミアム:一般消費者向け営業職
◇攻めのジャパンプレミアム:日本文化の輸出請負人
◇守りのグローカル:土着性高い分野のガラパゴス
◇攻めのグローカル:高付加価値の日本専門家
▼(1) 日本を世界に売り込む
「”ナチュかわ”ファッション」アース ミュージック&エコロジー
「クリエーターを派遣」Yo-ren社
「無印良品」良品計画
「日本の定食」大戸屋ごはん処
▼堀 紘一/ドリームインキュベータ会長
「一芸、英語、アジア駐在。この3つが生き残りの条件だ」
▼(2)おもてなし精神を武器に
外国人に好評の日本旅館「澤の屋」館主
▼強い日本企業の共通点、「一意専心」型
持ち味を生かした経営こそ強さの条件だ
■関連WEB:週刊東洋経済
■関連WEB:澤の屋旅館

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

サーカス団の戦略

サーカス団の戦略とは? 今朝のルソンの壺は110年の歴史をもち、年間120万人の観客を集める日本一の木下サーカスの木下唯志社長がゲストでした■娯楽の多様化で客離れが起こる中、様々な改革を断行、人気をよみがえらせた。木下サーカスの魅力やサーカスへの 想いを熱く語られた。■大阪城公園の桜は満開です。
■関連WEB:木下サーカス
■関連WEB:シルク・ドゥ・ソレイユ(ウイキペディア)

| | コメント (0)

2012年4月 7日 (土)

大川沿いの桜

S20120407_47 マンションの皆さんと桜を見ながら大川端を早朝ウオーキング。うちの会10回目■日頃、ご挨拶はしても、なかなかお互いにお話をする機会がありません。ゆっくりお花を見ながら 語らいつつ歩きました。・・・・日常のこと、ゴミ出しのこと、介護や防犯、災害の備えについてなど あれこれ情報交換。■朝6時出発して、天満橋を渡る→大川沿い→帝国ホテル前→源八橋→毛馬桜之宮公園→天満橋→マンション7時半着。■最低気温5℃、最高気温11℃と寒い一日でした。■お世話になった近くの大手湯さんが取り壊しています。■歩数11011歩。■関連WEB:銭湯マップ(大阪市中央区)

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

仕事は教わるものではない

仕事は教わるものではない。
自ら学び取るものである。.

| | コメント (0)

2012年4月 5日 (木)

大手に打ち勝つ小さな住宅メーカーの戦略とは

大手住宅メーカーと比べ3割は安いという低価格住宅。■なぜ、そんなことが可能なのか?■欧米より3割高く、建てたはいいがなかなか満足いくものができない、それが“日本の住宅”。■業界に革命を巻き起こすアキュラホームの社長の宮沢俊哉さんが5日放送のカンブリ宮殿のゲスト。■住宅着工数が減るなか、17期連続で増収を続け最高益を叩きだす宮沢は元大工。■宮沢は住宅業界の「下請け&どんぶり勘定」構造に疑問を感じ、新たなシステムを構築、大手住宅メーカーと比べ3割安い低価格住宅を作り、人気を博している。
■関連ウェブ:「アキュラホーム
■関連WEB:ブログ「アキュラホーム」2009年10月25日 (日)
■関連WEB:びわこホーム
■関連WEB:ブログ「大手に打ち勝つ小さな住宅メーカーの戦略とは」2012年2月26日

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

福島で地熱発電開発へ

設計開発、環境など、統合マネジメントシステム構築の打ち合わせでした■東日本大震災後の再生可能エネルギー導入拡大の機運を背景に、地熱発電への関心が高まっています。■出光興産など9社が、福島県の出光興産など9社は、福島県の磐梯朝日国立公園内に国内最大の地熱発電所をつくることを決めた。発電量は最大で原発1基の約4分の1にあたる27万KW規模をめざす。今年度から開発し、2020年代初めに運転を始める(朝日新聞3日より)。■九州電力の八丁原発電所は、わが国最大の地熱発電所で11万KWです。■国内の地熱発電は18か所で計53KW分を発電しています。■国内の地熱資源量は原発約20基分の2000万KW、このうち開発が見込めるのは430万~640万KW程度だそうです。■別府の杉乃井ホテル地熱発電所はの1900KW地熱発電プラントで、ホテルが使う電気の約7割を地熱でまかなっています。
■関連WEB:別府の杉乃井ホテル地熱発電所
■関連WEB:スヴァルトセンギ地熱発電所
■関連WEB:山川地熱発電所

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

しののめ界隈

春の嵐。台風並みの暴風雨が交通に影響を与えました。■激しい雨の中、生きがい大阪のスタッフ会議へ出かけた。■玉造からしののめ界隈、大阪女学院、大阪カテドラル聖マリア大聖堂玉造教会を通って、大阪城経由で帰った。,
■関連WEB:しののめエリアマップ:大阪玉造しののめ会
■関連WEB:大阪城と上町大地
■関連WEB:しののめ界隈ガイド(区域内の施設案内)

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

大阪城公園の開花宣言

S20120402_1 S20120402_3 今日大阪城公園の開花宣言が出ました。
昨年より2日ほど遅く、平年より5日遅れです。春本番の日差しに誘われて、大阪公園の桜を愛でるサイクリングに出かけた。■大阪城南側駐車場では30台以上のバスが駐車しており、春の観光シーズンですね。■5日から大阪城西の丸庭園では観桜ナイター。■近所の公園では7日が桜まつりで、本格的な春です。
■関連WEB:大阪城西の丸庭園 観桜ナイター
■関連WEB:はちけんやお花見フェスタ!
桜桟敷一等席でお花見しよう!

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

掃除をすれば何かが変わる

20120401 深夜放送、明日への言葉「掃除をすれば何かが変わる」 神奈川県南足柄市立岡本中学校校長…中野敏治さんを聴いた。■「中学校区を美しくする会」「かながわ便教会」の代表■岡本中学校の校長を務める傍ら、岩原公園の清掃活動などに取り組む「中学校区を美しくする会」代表のほか、教員が中心となりボランティアで学校のトイレ掃除を行う「かながわ便教会」の代表世話人も務める。■「掃除をする場には職業、年齢、性別は関係ない。1人の人間として付き合えるのはおもしろい」。”掃除をする”という単純な行為を通して、企業経営者やベストセラー作家、歌手など、職業や立場に関係なく様々な人と出会えたことは自身にとっての財産だ。■ルソンの壺は「オフィス空間丸ごとデザインします、イトーキ 社長 松井正さん」。
■新番組「ヒットの泉」、ヒット商品はどのようにして生まれたのか、そのからくりと「生みの親」の源を解明する。■ヒット商品ラッシュが続く「文房具」。■曲線の切抜きが思いのままにできるカッター、片手で簡単に貼れるセロハンテープ、デジタル化する文房具を取り上げていた。
■関連WEB:トイレ掃除は心磨き
■関連WEB:テーマ「子は宝」
■関連WEB:個人通信 かけはし平成23年6月1日(水曜日)
■関連WEB:やまびこ会ホームページ
■関連WEB:この一言で子どもが伸びた―無限の可能性を引き出す感動の言葉
■関連WEB:いま空前のヒット商品ラッシュが続く「文房具」

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »