« 福島で地熱発電開発へ | トップページ | 仕事は教わるものではない »

2012年4月 5日 (木)

大手に打ち勝つ小さな住宅メーカーの戦略とは

大手住宅メーカーと比べ3割は安いという低価格住宅。■なぜ、そんなことが可能なのか?■欧米より3割高く、建てたはいいがなかなか満足いくものができない、それが“日本の住宅”。■業界に革命を巻き起こすアキュラホームの社長の宮沢俊哉さんが5日放送のカンブリ宮殿のゲスト。■住宅着工数が減るなか、17期連続で増収を続け最高益を叩きだす宮沢は元大工。■宮沢は住宅業界の「下請け&どんぶり勘定」構造に疑問を感じ、新たなシステムを構築、大手住宅メーカーと比べ3割安い低価格住宅を作り、人気を博している。
■関連ウェブ:「アキュラホーム
■関連WEB:ブログ「アキュラホーム」2009年10月25日 (日)
■関連WEB:びわこホーム
■関連WEB:ブログ「大手に打ち勝つ小さな住宅メーカーの戦略とは」2012年2月26日

|

« 福島で地熱発電開発へ | トップページ | 仕事は教わるものではない »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。