« アジア40億人市場への挑戦 | トップページ | 売り方に工夫をこらす »

2012年6月12日 (火)

自社の強みを知り、磨きあげる努力

ISO9001の狙いは意識改革に役立ちます。■全社員が経営者だ。各部門は経費を把握し採算を考え、どのように各自はどう動くべきかを考え行動すること。■常に緊張感をもって創意工夫を続けること。■営業は365日問題意識をもって、生活者の変化を五感で情報をキャッチすること。■取引先の経営改善策は多く転がっている。改善の一つのヒントは取引先の物流の改善である。■どの企業もどうやったら利益を確保できるかを苦慮している。相手の困っていることを提案する、実現する方法を手伝う。■日経ビジネス6.11号の特集は「今こそ日本で稼ぐ、最高益の3社に2社は内弁慶」です。■海外に打って出て、高い成長機会を求めることももちろん重要だ。だが、日本でできることはまだまだある。国内市場で企業はもっと強くなる。■追手門学院大学大阪城スクエアの特別講座おうてもん塾「アジアのことば」第2講はベトナムの「ことば」でした。
■関連WEB:田原洋樹「ベトナムのしくみ」白水社

|

« アジア40億人市場への挑戦 | トップページ | 売り方に工夫をこらす »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。