« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

見える化とは

20120730 業績向上の切り札!「見える化」大作戦。日経トップリーダー8月号の特集より(P.9)
■景気の先行きが不透明な今こそ、経営者は「見える化」を実践しよう。
■経営者の考えや業績関連の数字などが一目で分かれば、社員が自ら何をすべきかを理解できるからだ。
■見える化とは、「会社の抱えるさまざまな問題を見えるようにして、解決しやすくする仕組み」のことです(P.14)
■トップダウンで見える化を推進すれば、業績向上の光明が見えてくる。
■「今日の仕事できたかノート」をつける。社員に毎日実行すべき内容と、達成できたかどうかを書かせる。ノートを通して、社員のスキルアップを一歩ずつ進めていく(P.24)

| | コメント (0)

2012年7月30日 (月)

顧客満足度調査 「カフェ」部門第1位「コメダ珈琲店」

S20120730_10 S20120730_5 日本生産性本部による顧客満足度調査 「カフェ」部門において、満足度第1位を獲得した「コメダ珈琲店」で体験しました。現在の店舗数は440店。5年以内に1000店舗を目指しています。■名古屋駅前の地下街ユニモールにあるお店でしたが、大変繁盛していました。常連客が多いのには居心地の良い雰囲気からでしょうか。広くない店内ですが、レイアウトでも工夫されています。
■関連WEB:カンブリア宮殿「コメダ珈琲店」
■関連WEB:コメダ珈琲店
■関連WEB:ユニモール
■関連WEB:名古屋の地下街
S20120730

| | コメント (0)

2012年7月29日 (日)

ノリタケの森

S20120729_20 S20120729_17  29、30日は名古屋の産業観光で過ごしました。陶磁器メーカー、株式会社ノリタケカンパニーリミテドは創立100周年の記念事業として、2001年、近代陶業発祥の地であるノリタケ本社
敷地内に陶磁器に関する複合施設「ノリタケの森」で陶磁器の製造工程ほかを見学しました。■残念ながら、時間が足りず産業技術記念館は次回です。■JR名古屋駅直上の名古屋マリオットアソシアホテルにお世話になりました。
■関連WEB:「ノリタケの森
■関連WEB:モノづくりの歴史・文化を伝える産業観光施設をご案内
S20120729 ■関連WEB:名古屋マリオットアソシアホテル

| | コメント (0)

2012年7月28日 (土)

イノベータの5つのスキル

追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催「土曜セミナー」は「アントレプレナーシップ教育と大学発ベンチャー」でした。■講師は兼松泰男氏(大阪大学教授・産学連携本部イノベーション部部長・追手門学院大学ベンチャービジネス研究所研究員)■「イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル」■イノベーションを起こす人々に共通する能力とは?世界で最もイノベーティブな企業のDNAとは?個人と組織のイノベーション能力を向 上させる手引きがここに!■発見力の源泉は、結合、質問、観察、ネットワーク、実験の5つ。
■関連WEB:大阪大学産学官連携
■関連WEB:イノベーションのDNA 破壊的イノベータの5つのスキル

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

客殺到の喫茶店チェーンの秘密

26日の 第117回 中小企業診断士技術向上研究会は中山哲郎氏の「日本経営品質賞・経営品質向上プログラム」の発表でした。
■カンブリ宮殿は「“名古屋流”で急成長! 客殺到の喫茶店チェーンの秘密」でした■1年間、毎日来店する常連客も!コメダの魅力とは?お客の滞在時間1時間以上でなぜ利益が? 考え抜かれたコメダ流ビジネス■5年以内に1000店舗を目指す!全国で通用するコメダの強みとは?
■関連WEB:コメダ珈琲店 大阪本町店

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

宇宙エレベ-ター

20120726 「NEC iEXPO関西2012」の講演会を聴講しました。
■「 宇宙利用で拓く新しい社会とビジネス」
▼ゼネコンの大林組の「宇宙エレベ-ターを2050年までに作ります!」でした。▼鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画という。
▼関連WEB:「宇宙エレベーターの物理学」
■「 アジアNo.1を目指す全日空の戦略とイノベーションについて」
▼全日本空輸は20日、グループの全客室乗務員6000人に「iPad」を配布し、電子化したマニュアルを閲覧できるようした▼全客室乗務員への配布は世界初。▼乗務員の早期育成で生産性を高めるのが狙いで、年4億円程度の収益改善効果が期待できる。▼動画や音声機能も活用し、膨大なマニュアルを効率的に閲覧できる。▼業務のスキルの取得を迅速化し、サービスの向上を図るほか、印刷したマニュアルの配布や変更に伴う費用を削減できる。▼教育訓練でもアイパッドを活用した自己学習を取り入れることで訓練期間が短縮できるという。▼これまで、2年10カ月かかっていた客室乗務員の訓練期間は1年9カ月に短縮される。国際線の客室乗務員で約3割短縮される見込みという。教材などはクラウドサービスを使って管理する。▼客室乗務員が携行している乗務マニュアルを電子化して、アイパッドに搭載する。▼マニュアルは、従来の冊子3冊約2.1㎏から約0.7㎏に軽量化され、映像などを取り入れることによって、全体的なサービス水準を向上させることが狙いという

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

天神祭

天歴5年(951年)に始まった大阪天満宮の天神祭。船渡御、約100隻。午後7時半から奉納花火を大川端で見学しました。

| | コメント (0)

2012年7月24日 (火)

夏開く「鉾流神事」

統合審査は無事終了。夕方の天満橋界隈は天神祭の幕開けとなる宵宮で浴衣姿でにぎやかです。■今日24日は日本三大祭りの一つ、大阪・天神祭の幕開けを告げる「鉾流神事」が堂島川で行われた■鉾流は、大阪天満宮の前から「神鉾(かみほこ)」を流して漂着した場所を神を迎える斎場としたのが起源。川に浮かべた鉾とともに罪やけがれなどを流す神事。
■宵宮のこの日は、大阪天満宮境内に獅子舞や催太鼓が宮入します。■25日の船渡御には、約100隻の船が行き交い、約4千発の花火が打ち上げられます

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

良い質問

S20120723dsc05804_12 品質・環境の統合審査に立ち合いました。次は情S20120723dsc05804_34_2 報が加わります。■良い審査は良い質問の仕方ですね。阿川佐和子さんの「聞く力」心をひらく35のヒントが参考となります。「相槌をケチらない」「『分かります』は禁句」「楽しそうに聞く」「事前に用意する質問は3つまで」など■関連WEB:阿川佐和子「聞く力」

| | コメント (0)

2012年7月22日 (日)

工業経営研究学会第27回 全国大会

工業経営研究学会第27回 全国大会は8月31日(金)~9月2日(日)まで、佐賀大学本庄キャンパスで開催されます。
■統一論題 大災害の時代、工業経営研究は「何ができるのか」「何をしなければいけないのか」
■8月31日(金) 見学会(佐賀大学海洋エネルギー研究センター伊万里サテライト)、
■9月1日(土) 自由論題報告、特別記念講演(同センター長 門出政則教授)、会員総会、懇親会
■9月2日(日) 自由論題報告、研究分科会、統一論題報告およびシンポジウム
■関連WEB:工業経営研究学会

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

タイガーアメリカ村店のオープン

S20120722_2 大阪・アメリカ村に今日、アジア初出店となるデンマークの雑貨チェーン店「タイガーTigerCopenhagenアメリカ村店」がオープンしました。■今日は長い行列ができ、ならぶのを諦めました■店舗面積は、1階・2階合わせて約500㎡。文房具や玩具など色鮮やかな雑貨約2000アイテムを並べ、毎月200~300の新アイテムを投入する。■価格は100~1,000円が中心。■店内は迷路状に仕上げ、レジまで続く順路をたどることで全てのエリアを通ることになる。■タイガーは、ヨーロッパ16カ国に140店舗を持つデンマークの雑貨を扱う店で、デザイン性と低価格を重視しているのが特徴。■今年は大阪に3店舗を出店。2013年には東京を含めた展開を予定している。
■関連WEB「タイガーコペンハーゲン アメリカ村ストアデータ/概要
■関連youtube:「タイガーコペンハーゲン アメリカ村ストア」公開動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

知をつなぐ

今日の『夕学五十講』の講師は、妹尾大先生でした。
■演題は「知をつなぐデザインとリーダーシップ」。
■なぜ知をつなぐのか、知をつなぐ方法は何か、組織のメリットは何かについて、興味深いお話でした。
■関連WEB:講師のプロフィール:妹尾大
■関連WEB:「魔法のようなオフイス革命

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

上海の小売業の現状

食品製造企業の内部監査でした。
■桑蓬会第318回例会、西村さんの発表テーマは「上海の小売」■西村さんは豊富な資料をご準備されてのすばらしいご発表でした。
1)中国小売業態
2)上海の小売の特徴
3)各業態の概要
4)中国で売るには(キーワード)

| | コメント (0)

2012年7月18日 (水)

「考えごと」は歩いた方がまとまりやすい

20120718 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2602012.7.15.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆歩く人は、よく眠れる――大島 清「歩くとなぜいいか?」(新講社)
☆「あおいくま」は“自分に対して”――コロッケ・ものまね芸人「START LINE」
■梅雨明け18日は猛暑、■明日は内部監査、夜の桑蓬会7月例会は西村元廣氏の「上海の小売」です。

| | コメント (0)

2012年7月17日 (火)

グローバル化に向かう日韓企業の比較

文化には正解や優越がありません。お互いの慣習、習慣、考え方の違いをS20120717 認めるのがグローバル化の基本。お互いの文化を尊重ししつつ、どこで折り合いをつけるかを考えることが必要です。■甲南大学ビジネス・イノベーション研究所第7回シンポジウム
「グローバル化に向かう日韓企業の実態と展望― 文化と組織,ガバナンス,会計基準,財務政策,マネジメント ―」を受講しました。
■【プログラム】
▼基調講演:「日韓の企業・社会文化構造の比較 -儒教文化と組織・個人の行動様式-」 
▼統一テーマ:「グローバル化に向かう日韓企業の比較」                          
▼「国際会計基準(IFRS)の日韓企業への影響」
▼「韓国におけるIFRS導入実態」    
▼「韓国のコーポレート・ガバナンス」
▼「日韓企業の企業目的」 
▼「 日韓企業におけるIT戦略,マネジメントの実態比較」
▼「 日韓の習慣・文化の違いについて」 
▼パネルディスカッション「グローバル化に向かう日韓企業の比較」  
■スマートフォンのシェアでは世界トップとなった韓国企業は様々な分野でグローバル化を加速しています。一方,日本企業は新たな経営モデルを模索し続けています■日本と韓国は東アジアの隣国として関係が深く,文化や社会構造の多くの類似点と明確な相違点について再認識することはとても重要です。■企業のガバナンス,財務政策,マネジメント,IT戦略などの違いは?■グローバル化に対応するために韓国では既に国際会計基準(IFRS)を導入しています。その実態はどうなっていて,日本企業はIFRSについてどう考えているのでしょうか。■国際会計基準(IFRS)導入アプローチ(コンバージェンス、アドプション)、サムスンを生み出した韓国社会の特徴、サムスンの競争力の源泉、日韓企業の企業目的と企業経営の特徴、韓国企業の人事・労務管理の特徴など、大変興味深い有益なシンポジウムでした。

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

クライネ・クノスペン合唱団演奏会

S20120716_2 S20120716 いずみホールでの「クライネ・クノスペン合唱団演奏会~東北へ、歌に託すメッセージ~」。■クライネ・クノスペン合唱団は1985年9月にバッハを歌える合唱団をとの思いから設立されました。■鵜今日はすばらしい合唱楽しませていただきました。合唱とともに珍しいパイプオルガン演奏、編曲された東北民謡など本当にありがとうございました。■今日の演奏会が最後とのこと驚きました。■徳田先生の御縁で毎年趣向の異なる素晴らしい音楽の世界に導かれ楽しませていただきました。■今日は祇園祭の宵山、梅雨明けの猛暑でした。

| | コメント (0)

2012年7月15日 (日)

中小企業の経営に果たすべきISOの役割と実態

「中小企業の経営に果たすべきISOの役割と実態」(-仮称)というテーマで 中小企業診断士ISO研究会会員が協同執筆します。■小生に与えられたテーマは「ISO9004-2009の紹介とその意義」です。
■他の方のテーマは
▼-コンサルタントの立場から見たISO
▼-ISO実行の現場の実態紹介
▼-ISO9001と14001の統合事例の紹介
▼-審査員の立場から見たISO

| | コメント (0)

2012年7月14日 (土)

知的財産戦略

S20120714_2 S20120714_4 オープン・イノベーションは企業内部の開発のみでなく、外部と連携し、外部の知識や資源をいかに有効活用するのかの戦いである。■「ベンチャーの知的財産戦略」、今や、オープン・イノベーションの時代を迎え、事業提携や、標準化、市場拡大などの観点からの知的財産管理や活用の戦略が重要となってきたことをわかりやすくお話されました。■本日の講師は林茂樹氏(大阪工業大学知的財産学部教授・ベンチャービジネス研究所研究員)でした。
■関連WEB:平成23年度技術開発・IT化・知財活用を支援します[PDF]

| | コメント (0)

2012年7月13日 (金)

トルコは欧州かアジアか

S190504_41 S190504_66 日本企業がトルコでの事業を拡大しています。■7400万人の人口は今後も増加が見込まれ、金融危機の影響から立ち直った2010年の1人あたり国内総生産(GDP)は1万がを超えた。■国内市場の成長に加え欧州や中東・アフリカ、中央アジア市場をにらんだ戦略拠点としての関心も高まっています。■世界市場が混迷する中、トルコはイスラム圏で屈指の安定した民主政治と平均年齢28.5歳の人口構成に支えられた高い購買力と豊富な労働力により高い成長を続けており、建国100周年を迎える2023年までに経済大国として世界トップ10入りを目指しています。
■8月19日から27日までエ業経営研究学会
グローバリゼーション分科会の「トルコ工場・ドバイ視察」に参加します。
1)8月19日(日)関空23.35発エミレーツ航空にて『ドバィ』
2)8月20日(月)ドバイ経由イスタンブール着、夕食後ホテルへ
3)8月21日(火)市内視察と観光(ブルーモスク、トプカプ宮殿、ア
ヤソフィア、グランドバザール)
4)8月22日(水)郊外の『ブルサエ業団地』、トヨタ紡織、地場企業
5)8月23日(木)CANDAN MAKINA YEDEK PARCA SAN VE TIC LTD、STI(台湾のエ作機械メーカー)社、TUSCON社(現地商エ会議所)ほか
6)8月24日(金)、世界遺産カッパドキアにて視察と観光
7)8月25日(土)地場のクラフト産業(エ房)『イスタンブール』経由『ドバイ』へ
8)8月26日(曰)『ドバイ』市内観光(ジュメイラモスク、パームアイランド. アトランティスザパーム.ドバイモール、ドバイ博物館、水上タクシ「アブラ」乗船、、スパイス&ゴールドスーク、イブンバトウータモールなど)、
9)8月27日(月)17.10関空着
■関連WEB:在欧州・トルコ日系製造業の経営実態-2011年度調査
■関連YouTubu:親日国のトルコ Turkey is a friendly country
■関連YouTubu:トルコが親日国の理由 Friendship of Turkey and Japan
■関連WEB:イスタンブール:グランドシュバヒルホテル
■関連WEB:カッパドキア:デデマンホテル
■関連WEB:ドバイ:ジクーホテル
■関連WEB:黒海&東地中海周遊クルーズ(ブログ2007年5月)

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

スマート時代の経営のありかた

追手門学院大学の「現代経営のイノベーションを読み解く」講座は 講師・追手門学院大学客員教授・酒井 哲夫でテーマは「スマート時代の経営イノベーション」でした。■東日本大震災を契機に、日本の社会・経済・経営の中で大きな価値転換が起きている。効率や企業の儲けよりも人命の大切さ、社会環境保全の重要性や企業の継続性が今まで以上に叫ばれるようになった。■また日本のコーポレートガバナンスの危機が強く認識され、GRC(ガバナンス・リスクマネジメント・コンプライアンス)を軸とした本質的価値向上経営が求められようになっている。■スマホ、クラウド、SNSの新IT三種の神器に代表される新しいプロダクトにより惹起されているスマート時代が勃興している。■李明博大統領は去る2011年2月17日の放送通信人新年会に出席し、「世界はデジタル時代を超えて、今やスマート時代に本格的に入っている。スマート革命がこの世の中を我々人類史が経験したことのない世界へと変えるだろう。あらゆる境界を飛び越え、開放し、協力するというスマート時代の哲学がぱっと花開くべきである」という趣旨の演説を行なった。■「プロセス面のイノベーション」+「プロダクト面のイノベーション」の融合と新しい価値観による経営イノベーションへの幕開けの年である。■イノベーションとは、古いしがらみを断ち切り、新しいフレームワークを設定するメカニズムのことであり、根本的に新しい何かをすることを意味する。

| | コメント (0)

2012年7月11日 (水)

内部監査の反省会

2日間にわたる品質・環境の統合内部監査が終わった。■内部監査終了後、反省会で活発な意見交換がされた。■内部監査は、他のチームの仕事、置かれている状況を理解する機会を通じて、人を育てる場でもあると社長が話された。■監査人は社長の目や耳の役割。■社長が反省会に参加され内部監査を通じて、職場のリーダーである被監査者・監査人が経営の課題を共有する仕組みとなって、社内の改善に役立っています。

| | コメント (0)

2012年7月10日 (火)

統合内部監査

品質・環境の統合内部監査は10日・11日の2日間の初日でした。■まず、監査を始める前に、オープ二ング会議で被監査者・監査人全員が参加し、内部監査の主目的を確認した。社長から統合ISO化に対する期待を述べられた。
■監査では被監査者・監査人ともに、会社の置かれている経営状況、その改善に向けて、知恵を出す、お互いに刺激を受け、学び合う姿勢、無駄な話が全くない中身の濃い内部監査を実施されていた。
■現在実施している業務の作業手順を見直して、ムダを廃止し、ミスを削減し作業効率を上げることも今回の内部監査の目的のひとつでした。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

技術流出対策

日経ビジネス2012.7.9号は20120709 「今どきの産業スパイ なぜ日本は技術を守れないのか?」です。
・私がサムスンに転職したわけ
・日本の技術が韓国、そして中国へ…
・流出の実相と先進対策 2社に1社が危機感
・今さら聞けない 技術流出対策
・「技術立国」復活への提言 “裏切り者”を登用せよ
■技術流出対策:これだけはやろう
1)まずは社内技術の棚卸し
2)ノウハウと知財を分類
3)管理体制は厳格に
4)契約は細部までしっかりと
5)貢献者には誠意を尽くす
6)意識改革は社長から
■トップが技術流出に対して真剣に取り組むという意識で取り組むこと。上記の施策を最低限整備し、そして、社長自ら、社内に向けて発信する要がある(35頁より)。

| | コメント (0)

2012年7月 8日 (日)

置かれた場所で咲きなさい

S20120708_2 日本小集団協会の7月例会は、貴重な情報を沢山いただきました。
■場所:エルおおさか7階
■日本小集団協会の創設期について
いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日の主な情報提供資料は下記です。
復旧・復興における建設企業の役割と課題
「顧客が本当に求めているものは何か
「建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業意見交換会」
知っていますか標準化
組織力を高めるミドルマネジメント
日独の文化交流の過去・将来~私と日本文化とのかかわり~
お金とユダヤ人
20120708 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと」
21世紀のキャリア論
脳を創る読書
経営学総論の概要
経営管理理論に関する理解
食品流通学
私の情報収集の方法について(その4・5)
「ほめる達人」ほめ達検定で笑顔あふれる社会を作ろう
「ほめ達」セミナー&3級検定試験
「ほめる生き方」西村貴好著抄訳
今こそ日本で稼ぐ
知られざる最高益企業、不合理が急成長を生む
しまむら、営業益最高に
オリエンタルランド最高益
連続最高益秘訣を語る
55歳以上の顧客優遇、イオンモール
ネット通販、朝型シニア主役
朝7時台、客は来る
顧客にどれだけ近づくか、
消費、団塊特需の兆し
100歳ビジネスマンの背中に見る日本の将来
置かれた場所で咲きなさい  YouTubu
もっと掘り下げよう
中小企業の能力開発に関するアンケート
挨拶は企業業績の先行指標
顧客に付加価値を与える営業
「だろう経営」が会社をつぶす
凡時徹底~当たり前のことにこだわる
笑顔に悩む従業員
■次回の日程は10月14日、12月16日。
■昨年の例会記録は下記をクリックしてご覧ください。
■関連WEB:昨年10月例会
■関連WEB:昨年12月例会
■関連WEB:2月例会
■関連WEB:5月例会

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

夢をあきらめない

S20120707_32 S20120707_34 S20120707_37 ザ・リッツ・カールトンで開催された㈱バーテック様の50周年記念パーティに出席しました。シンクロナイズドスイミング北京オリンピック日本代表・石黒由美子氏の講演がありました。■石黒由美子氏は幼少期に交通事故による大けがを負われました。その後、後遺症を克服され、奇跡の生還を果たし大きな夢であったオリンピックを実現されました。■夢をあきらめないことの大切さや素晴らしさ、勇気をいただきました。■バーテックさんの社長は、3年前27歳のときに就任されました。■就任直後にリーマン・ショックがあり、厳しい外部環境の中でのスタートでしたが、社員一丸となって取り組み、さらなる成長に向け努力されているすばらしい会社でした。■七夕の夜、天満橋界隈は大川の川面に、青い5万個の光の球“いのり星Ⓡ”を放流して幻想な“天の川”の光景でした。                                                         ■関連WEB:バーテック
■関連WEB:バーテック(まいナビ)
■関連WEB:トップコーチスタジアム
■関連WEB:夢をあきらめない石黒由美子オフイシャルブログ
■関連WEB:奇跡の夢ノート

| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

「ありがとう」は魔法の言葉

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束「2612012.7.1.doc」をダウンロード してご覧ください
☆「ありがとう」は魔法の言葉――堀田 力(公益財団法人さわやか福祉財団理事長、弁護士)、山根基世(「言葉の社」代表)「潮7月号」
☆脳細胞を活発にしよう――野沢 秀雄・健康体力研究所顧問「自分でできる健康トレーニング」(公明グラフ SUMMER 2012)

| | コメント (0)

2012年7月 5日 (木)

感動を与える人づくり

「富士通フォーラム2012」の特別講演を聴く機会がありました。
■「ディズニーランドに学ぶ『感動を与える人づくり』」
■講演者:株式会社ヴィジョナリー・ジャパン 代表取締役  鎌田 洋 氏
■人々に夢と感動を与えるディズニーランド。ディズニーランドに入社後いろいろな経験から、感動を与える人を作るにはどうしたら良いかを話された。
■CS成功企業の6つの要素
1)理念・哲学を伝える、
2)仕組みを整える
3)絵に描いた餅には終わらせない、
4)プライドの喚起
5)真のニーズを読み取る
6)個人の自立を促す
■「なでしこジャパンに見る『強い組織に必要なこと』」
■講演者 サッカー解説者、元 なでしこジャパン  川上 直子 氏
■女子サッカーワールドカップ 2011 ドイツ大会で優勝を飾った、なでしこジャパン。この優勝には明確な理由があります。なでしこジャパンから得た、強い組織には何が必要か。■「選手自らが目標を決める。基本はぶれない。自信をもつ」。
■「 パナソニック『まるごと事業』を支えるIT部門の取り組み」
■講演者: パナソニック株式会社 コーポレート情報システム社 くらしサービス基盤推進プロジェクト プロジェクトリーダー  松本 哲也 氏
S20120705 パナソニックでは創業100周年となる2018年のあるべき姿として、エレクトロニクスNo.1の「環境革新企業」を掲げ、その実現に向け、家やビルから街や地域、異業種に拡大する「まるごと事業」を推進しています。パナソニックの情報システム部門ではIT運営のノウハウを家電商品や新しいソリューションに活かす取り組みを開始しました。その概要や狙いをパナソニックが目指す「まるごと事業」を例に紹介されました。

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

サイバー攻撃の脅威とセキュリティ対策の考え方

大阪国際会議場で開催の富士通フォーラム2012に差参加しました。
■㈱富士通総研「製造業のグローバルビジネスにおける収益最大化に向けて」■グローバルレベルで需給バランスを統合管理し、市場の需要動向にあわせた柔軟な経営を支援するグローバルマネジメントについての紹介。
■講演「関西経済回復への道すじ~大阪市特別顧問が考える政治・経済~」 講演者 前 横浜市長、大阪市特別顧問  中田 宏 氏■横浜市長に就任後、累積借入金の純減など、数々の改革を通し、市財政を再建。その経験から関西の経済回復には何が必要かをお話された。
■富士通㈱「最新サイバー攻撃の脅威とセキュリティ対策の考え方~新型攻撃に対して、今何をすべきか~」■標的型攻撃の代表とされる、高度化したサイバー攻撃。その最新の特性やリスクについて紹介するとともに、組織としてこれらの脅威に対してとるべきセキュリティ対策の考え方や方針の提案。■複数の対策を組み合わせる「縦深防御」で対処。ネットコミュニティと上手に付き合う。一見地味な対策を地道に積み上げることが最も有効。
■関連WEB:中田宏「改革者の真贋」(PHP研究所)
■関連WEB:クローズアップ現代「 サイバー攻撃の恐怖 狙われる日本のインフラ」
■関連WEB:ニュース深読み『あなたに迫る危機!謎の"サイバー攻撃"

| | コメント (0)

2012年7月 3日 (火)

はじめて学ぶハングル

世界で8000万人以上が話している韓国語。韓国語を書き表すときに用いられる表音文字がハングルで、「偉大な文字」という意味を持つ。おうてもん塾第1期第5講「はじめて学ぶハングル」で文字のしくみ、簡単なあいさつの表現、自分の名前及び自己紹介の書き方を学びました。■韓国語は日本語と語順は同じです。助詞の「てにをは」の使い方もほぼ同じです。■16時からは品質・環境の統合ISOの模擬審査を担当しました。

| | コメント (0)

2012年7月 2日 (月)

ジプシー・ジャズ・ナイト

S20120702_5 S20120702_11 S20120702 ご近所のパスタフルカフェ マリアン(天満橋)で「高橋誠アコースティックカルテット」を楽しみました。
■今回は名古屋を拠点に活躍するヴァイオリニストの高橋誠さんを迎えてのジプシージャズナイト第2弾!ヴァイオリン・マカフェリギター・クラリネット・コントラバスというヨーロッパスゥタイルのアコースティック編成で、演奏内容は情熱的で哀愁あふれるジプシーメロディーから、ご機嫌なフレンチスイングまでヨーローッパの雰囲気が一杯の演奏会でした。
高橋誠(vn) http://www.saysun.net/
荒玉哲郎(cb) http://www.rocketz.co.jp/aratama/
川瀬眞司(m,gui) http://kawaseshinji.com/
鈴木孝紀(cla) http://clanbey.exblog.jp/                            ■関連WEB:高橋誠
■関連WEB:高橋誠アコースティックカルテット
■関連WEB:パスタフルカフェ マリアン

| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

野菜の水耕栽培

株主総会に出席しました。理事会の出席者から興味深い話題が提供されました。■東北復興支援のひとつとして、野菜の水耕栽培、植物工場の支援をされている話題です。詳しくは「みんなで応援!被災農家復興プロジェクト」をご覧ください。塩害の被災地でも天候の影響もなく野菜を安定出荷できるメリットがあります。■ただ、多くの参入企業に今後市場での価格競争が予想されます。
■関連WEB:みんなで応援!被災農家復興プロジェクト
■関連WEB:「組織の経営リスクマネジメントをトータルサポート
■関連WEB:全国活動のコミュニケーションコンサルタントです
■関連WEB:オフィス・ストーンウェル(有)

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »