« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

海洋温度差発電

S20120831_15 S20120831_16 工業経営研究学会第27回 全国大会は8月31日(金)~9月2日(日)まで、佐賀大学本庄キャンパスで開催されます。
8月31日(金)の見学会は佐賀大学海洋エネルギー研究センター伊万里サテライトでした。
■竣工:2003年3月
■場所:伊万里市山代町
■建屋面積:4500㎡の鉄骨3階建て
■敷地面積:10000㎡
■総工費:約45億円
■伊万里サテライト概要
実験棟
・海洋温度差発電及び海水淡水化実験室
・海洋流体エネルギー実験室
・温泉水発電および熱交換器基礎実験室
・水素実験室
・海洋深層水環境実験室
・リチウム回収実験室
研究棟
■関連WEB:佐賀大学海洋エネルギー研究センター
■佐賀は福岡支店勤務時代以来で、懐かしい街です。佐賀駅前から福岡・中洲まで1日ウォーキングしたのを思い出した。

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

中小企業経営力強化支援法

中小企業経営力強化支援法説明会がありました。
■「中小企業の海外における商品の需要の開拓の促進等のための中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律等の一部を改正する法律(以下、中小企業経営力強化支援法)」が、平成24年6月に成立いたしました。
■中小企業経営力強化支援法の概要
中小企業の経営力の強化を図るため、
(1)既存の中小企業支援者、金融機関、税理士法人等の中小企業の支援事業を行う者を認定し中小機構によるソフト支援などその活動を後押しするための措置を講ずるとともに、
(2)ものづくり産業のみならず、高付加価値型産業(クールジャパンとしての地域産業資源、農業、コンテンツ産業等)も世界に発信可能な潜在力を有する中で、中小企業の海外展開を促進するため、日本政策金融公庫及び日本貿易保険を活用した中小企業の海外子会社の資金調達を円滑化するための措置を講ずるものです。
■関連WEB:中小企業経営力強化支援法に基づく認定申請手続きについて
(経営革新等支援機関の認定申請)

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

平成24年 32会「錦秋心癒しの旅へ」のご案内

ユアサ32会の皆様へ案内状を明日発送します。
■8月も終ろうとしていますが残暑厳しい折、お変わりなくお過ごしでしょうか。
早いもので入社以来55年目を迎えます。今回は豊かな自然、古寺史跡を、はんなり、ゆったりと奥琵琶湖、尾上温泉、美味三昧「紅鮎」(べにあゆ)の味を堪能し、日本一と言われる国宝十一面観音や賤ヶ岳より錦秋に彩られた湖北の山や湖を眺望し、心寛いで頂ければ幸いです。

1.日時  平成24年11月15日(木)~16日(金)
2.宿泊  尾上温泉 紅鮎
      〒529-0364滋賀県東浅井郡湖北町尾上  電話0749-79-0315
3.費用  32,000円(参加者数により費用が変わることがございます)
■旅のプログラム
11月15日(木)
  12.30JR長浜駅西口集合
  13.00長浜市内観光(ボランティア案内:徒歩)
   ↓ 長浜駅—長浜城—曳山博物館—大通寺—黒壁スクエア—長浜駅  
  15.30JR長浜駅西口出発(紅鮎マイクロバス)
  15.45湖北野鳥センター見学
  16.30紅鮎
     竹生島を望む夕陽と湖面の輝きを楽しみに露天風呂
  18.00宴会  季節の京会席
   ↓ 
  20.30
  21.00二次会
■11月16日(金)
  08.00朝食
  09.00出発(観光ジャンボタクシー)
   ↓ 渡岸寺(日本一の美しさと言われる国宝十一面観音)
   ↓ 鶏足寺(最澄が再興したと伝えられ湖北の比叡山、200本に及ぶもみじの紅葉)
   ↓ 賤ヶ岳古戦場
  12.30余呉湖
   ↓ 
  13.00毛利志満長浜店(近江牛の老舗):近江牛のミニ会席
  14.30
  14.40JR長浜駅解散
なお出欠のご連絡は別紙はがきで9月20日までにお願いいたします。

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

生活の中に潜む様々な問題点・不満点

S20120828 大​商ビジネス講演会「逆境で黒字『アイリスオーヤマ』の経営哲学」を受講しました。
■下請けの小さな町エ場から出発したアイリスオーヤマは、大山社長のもと、米国・オランダ。韓国・中国にエ場や販売拠点を持つ、グループ売上高2350億円のグローバル企業になりました。■その成長の原動力になったのが「需要創造型、市場創造型の商品開発力」同社が生んだ透明なプラスチック製の衣装ケースは「しまう」から「探す」「見せる」へと収納の常識を大きく転換させ、世界的なヒット商品となりました。■「いかなる時代環境に於いても利益の出せる仕組みを確立すること」を企業理念に掲げ、幾多のピンチをチャンスに変えてきた.■アイリスオーヤマは「生活者の代弁者」として、「作る側の論理」ではなく「生活者の視点」に立って考えます。生活の中に潜む様々な問題点・不満点を察知し、それに対する解決策を提案することで、潜在的な需要を喚起します。.
■関連WEB:アイリスオーヤマ

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

ドバイから関空へ

S20120827_3 S20120827_4 窮屈な真ん中の席で9時間半のエミレーツ航空の旅。1時間遅れで、ドバイ空港を午前4時(時差5時間)出発。関空18時着。トルコより大阪の方が暑いですね。              ■関連WEB:エミレーツ航空

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

『ドバイ』市内観光

S20120826_146S20120826_208 S20120826_54 S20120826_213 「トルコ企業・ドバイ視察」の最終日26日(日)は 異文化がひしめきあう大都市と化したドバイの発展を体感できる『ドバイ』市内観光です。■バスから降りると眼鏡が曇ります。温度は43度、外は湿度が高くサウナ風呂に入ってような状態です。■世界で一番高いビル「バージュ・ハリファ」や、ドバイ沖の人工島「パーム・ジュメイラ」など、ドバイの著しい発展を見るのが楽しみです。まずは、シェイク・サイード・ロード沿いの高層ビル群を眺めながら、アラブのスーク(市場)を再現したショッピングモール「スーク・マディナ・ジュメイラ」を目指します。
■見学予定先
ジュメイラモスク、アトランティスザパーム.ドバイ博物館、水上タクシ「アブラ」乗船、スパイス&ゴールドスーク、イブンバトウータモール、世界一高いビル「バージュ・ハリファ」、ドバイモール、 ドバイ沖の人工島「パーム・ジュメイラ」. など。■27日(月)17.10関空着です。■関連WEB:ドバイ:ジクーホテル
■関連WEB:バージュカリファ (ブルジュハリファ) Burj Khalifa
■関連WEB:バージュ・カリファ展望台
■関連WEB:ドバイ政府観光・商務​局 キャンペーンサイト
■関連WEB:ドバイ何でも事典 【巨大建設プロジェクト】
■関連WEB:地球の歩き方ドバイの歩き方
■関連WEB:歩いて巡る!ドバイ半日市内観光
■関連WEB:ドバイ ディベロップメントツアー
■関連WEB:アラブ首長国連邦の投資制度(ジェトロ)
■関連WEB:アラブ首長国連邦の基礎データ(ジェトロ)
■関連WEB:エミレーツ航空

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

カッパドキア気球ツアー

S20120825_3_2 S20120825_34 S20120825_35 S20120825_72 4時半に起き、ホテルを5時に出発してカッパドキア気球ツアーへ。早朝は冷えるので上着が欠かせません■バスはフライト場所へ移動。すでに90くらいの気球があがっている。6時15分気球の準備ができ、13人が同じバスケットに乗り、離陸。■ 気球に乗り、空の上から朝日に照らされた世界遺産の奇岩地帯の風景を楽しんだ。ギョレメ、ウチヒサール、ローズバレー、ホテル上空などを気球が風にのり移動します。■1時間のフライト後は地上で待つトラックの荷台に正確にぴたり着陸し拍手喝さい。シャンパンのドリンクサービスがあり、ホテルに8時に戻り朝食。気球ツアー費用は2万円。■午前中食品スーパーで土産の買い物や絵皿屋を見学し昼食後、カイセリ空港14.30発、16.00イスタンブール着、イスタンブール発19.25でドバイへ移動。■1時間遅れてドバイ空港着、ホテル4.00着へ。10時まで仮眠し午後からドバイ観光です。
■関連WEB:カッパドキア気球ツアー申込案内サイト(日本語サイト)
■関連WEB:カッパドキア気球ツアー写真集

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

世界遺産カッパドキア

S20120824_38 S20120824_32 S20120824_22 24日朝、イスタンブールからカッパドキアへ。飛行機TK2010便(07.20→08.45)でカイセリ空港へ移動。■カイセリ空港から専用車で世界遺産カッパドキアに向かいました。■ギョレメ野外博物館、洞窟レストラン、地下都市カイマルクなどを見学。
■宿泊はカッパドキア・デデマンホテルです。

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

トルコの中小企業好調、高い経済成長

Sfotograf_2 S20120823_58 S20120823_70 S20120823_40 23日はイスタンブ-ルの機械商社REIS MAKINA CNCのTurgut Yutmen社長のご案内で
4社の元気の良いものづくりの中小企業を見学さていただきました。
■REIS MAKINA CNCは台中精機やファナックの代理店です。
■REMAK社はカラー印刷機を開発製造し輸出している。
■ギアやギアボックスを造るYILMAZ社。
■EXALE社はアルミの金型を造る機械を製造している。
■木材の木型工具を造るFIBSAN社
■Turgut Yutmen社長のご厚意でボスポラス海峡をのぞむレストランでマス料理のディナーをご馳走になった。
Sfotograf4_2 ■22日の朝日新聞の記事は「トルコの中小企業好調」です「2012.08.22トルコの中小企業好調、与党・公正発展党が手厚い優遇策.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

トルコの自動車産業の視察

S20120822otcar_9 S20120822otcar_10 S20120822_6 S20120822 22日(水)イスタンブール郊外の『ブルサエ業団地』の企業視察です。■ラマダンが明け、今日から仕事。各地で渋滞が発生し、その影響でバスも1時間も遅れました。■午前中はOtokar社を見学です。コチグループ傘下の自動車メーカーOtokarは1963年以来、バス、および装甲車・ジープなど軍需用も手掛けています■午後は、トヨタ紡織を見学。トヨタ紡織トルコはシートおよび内装品を製造しています。■生産管理センターでは、どの地域の工場でも、大きな成果をあげている他の工場や生産ラインの成功事例を学び、取り入れることができるためのヒントが詰まったデータベースを構築・整備してきた。そのひとつがTB KAIZEN(改善)データベースです。約300件の改善事例がストックされている。■トヨタ紡織グループのモノづくりの体質強化策が目指すところは、世界の地域の工場と同じレベルになること。そのために会議体を充実させ、データベースを整備し成功事例が他の工場に導入され、成功事例以上の成果を生むことであり、それを「改善の横展」と呼んでいます■2年前からテレメール(電子看板方式)導入による生産です。トヨタ紡織が30分停まると近くにあるトヨタ自動車の生産ラインが停まってしまうそうです。
■関連WEB:Otokar
■関連WEB:トヨタ紡織

| | コメント (0)

2012年8月21日 (火)

イスタンブール市内視察と観光

「Merhaba メルハバ」( トルコ語で、こんにちは!)

S20120821 S20120821_104 S20120821_102 21日(火)はイスタンブール市内視察と観光です。■クラフト産業視察(皮工房の予定)と市内観光の予定はブルーモスク、アヤソフィア、地下宮殿、競技場、グランドバザール、イスティクラル通りなどです。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

イスタンブールへ

S20120820_7 20日(月)05.05にドバイ空港着、空港で9時間を過ごし、14.20発のエミレーツ航空でイスタンブールへ、イスタンブール17.55着■エミレーツ航空の機内では、iceシステムに組み込まれた1,400ものチャンネルから、映画、TV番組、ゲーム、音楽、ニュースがすべてワンタッチで、ワイドスクリーンの画面が選べます。■ドバイからイスタンブールの機中は、森山直太朗の歌を楽しみました■イスタンブール到着後、金角湾ガラタ橋の下のレストランでいただきました■夕食後グランドシュバヒルホテルへ。【ホテルランク】5つ星新市街・シシリ地区に位置するホテルです。タクシム地区や大型のショッピングモールであるCevahir Shopping Mallへの無料シャトルバスが運行しています。
■明日21日(火)市内視察と観光(ブルーモスク、トプカプ宮殿、アヤソフィア、グランドバザール)です。
■関連WEB:イスタンブール:グランドシュバヒルホテル
■関連WEB:在欧州・トルコ日系製造業の経営実態-2011年度調査
■関連YouTubu:親日国のトルコ Turkey is a friendly country
■関連YouTubu:トルコが親日国の理由 Friendship of Turkey and Japan
■関連WEB:カッパドキア:デデマンホテル
■関連WEB:ドバイ:ジクーホテル
■関連WEB:黒海&東地中海周遊クルーズ(ブログ2007年5月)

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

トルコ企業視察へ

S20120819_1 日本企業がトルコでの事業を拡大しています。■7400万人の人口は今後も増加が見込まれ、金融危機の影響から立ち直った2010年の1人あたり国内総生産(GDP)は1万がを超えた。■国内市場の成長に加え欧州や中東・アフリカ、中央アジア市場をにらんだ戦略拠点としての関心も高まっています。■世界市場が混迷する中、トルコはイスラム圏で屈指の安定した民主政治と平均年齢28.5歳の人口構成に支えられた高い購買力と豊富な労働力により高い成長を続けており、建国100周年を迎える2023年までに経済大国として世界トップ10入りを目指しています。
■8月19日から27日までエ業経営研究学会
グローバリゼーション分科会の「トルコ企業・ドバイ視察」に参加します。
1)8月19日(日)関空23.35発エミレーツ航空にて『ドバィ』
S20120819_1_2 2)8月20日(月)ドバイ経由イスタンブール着、夕食後ホテルへ
3)8月21日(火)市内視察と観光(ブルーモスク、トプカプ宮殿、アヤソフィア、グランドバザール)
4)8月22日(水)郊外の『ブルサエ業団地』トルコの大手自動車メーカーOtokar、トヨタ紡織
5)8月23日(木)CANDAN MAKINA YEDEK PARCA SAN VE TIC LTD、STI、TUSCON社ほか
6)8月24日(金)、世界遺産カッパドキアにて視察と観光
7)8月25日(土)気球ツアー、地場のクラフト産業(エ房)『イスタンブール』経由『ドバイ』へ
8)8月26日(曰)『ドバイ』市内観光(ジュメイラモスク、パームアイランド. アトランティスザパーム.ドバイモール、ドバイ博物館、水上タクシ「アブラ」乗船、、スパイス&ゴールドスーク、イブンバトウータモールなど)、
9)8月27日(月)17.10関空着
■関連WEB:在欧州・トルコ日系製造業の経営実態-2011年度調査
■関連YouTubu:親日国のトルコ Turkey is a friendly country
■関連YouTubu:トルコが親日国の理由 Friendship of Turkey and Japan
■関連WEB:イスタンブール:グランドシュバヒルホテル
■関連WEB:カッパドキア:デデマンホテル
■関連WEB:ドバイ:ジクーホテル
■関連WEB:黒海&東地中海周遊クルーズ(ブログ2007年5月)

| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

日本再生の道は中小製造業から始まる

日経ビジネス8.20号の特集は「モノ作りは死なず 町工場の逆襲が始まった」です。
■モノ作りは死なず 町工場の逆襲が始まった
・東京都大田区ルポ 反転攻勢の狼煙
・海外進出企業の証言 空洞化は幻想だった
・国内にも活路あり 「脱・下請け」強み磨く
・日本の生命線を死守 だから「作り」続ける
・製造業を引きつける力 捲土重来期す米国
■日本のモノ作りは柔道の道を歩むのでしょうか?
サッカー型を目指すのでしょうか?

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

収容所見学ワークショップ

S20120817_3 うちの会13回の行事として、大阪市立中央高等学校での収容避難所ワークショップに参加しました。■収容避難所で、防災資機材や備蓄物資等を確認し、防災無線を体験した。■後半の時間は避難所開設イメージトレーニングのグループワークで、避難の活動に発生する事例について参加者全員が意見交換を行った。
■9月5日(水) 午前11時スタート! 大阪880万人訓練を実施!
どのように避難するかや、非常持ち出し品・転倒防止策等の点検などの日常の備えについて、家族など身近な人々と考える「きっかけ」にして下さい。
■関連WEB:北大江地区まちづくり実行委員会
■関連WEB:大阪880万人訓練

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

iMovieで簡単にビデオ編集

「iPadを使いこなそう」の説明会に参加しました。
場所はApple Store Shinsaibashi。
確認できたソフトは下記です。
1)ビデオの編集ができる「iMovie」
2)iPad Camera Connection Kit
iPadの「iMovie」で簡単にビデオ編集ができる。
■関連WEB:Apple Store Shinsaibashi
■関連WEB:iMovie

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

明るく、楽しく、前向きに

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2622012.8.15.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆モットーは、「明るく、楽しく、前向きに」――北城恪太郎・日本アイ・ビー・エム株式会社相談役「大白蓮華」8月号
☆政治家の資質劣化は、ひるがえってみれば、選んだ有権者の責任――森田 実「森田実の言わねばならぬ名言123選」(第三文明社)

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

集中豪雨で床上浸水

高槻に住む娘から床上浸水の状態だと電話があったのが午前5時45分。▽阪急電車が動き出したので、お見舞い、復旧お手伝いに。▽炊き出しの朝食の提供、水浸しとなった畳の廃棄、タンス・冷蔵庫の移動など、ご近所の皆さんにいろいろ助けていただいたようです。
▽ご近所の人情厚い皆様のご厚意に感謝!!▽気象庁のレーダー解析によりますと、午前5時半までの1時間に、▽大阪・高槻市付近でおよそ110ミリ、▽京都府八幡市付近と大津市南部付近でおよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られます。気象庁は「記録的短時間大雨情報」を出して今後の雨にいっそう警戒するよう呼びかけています(NHKニュース6.21)。
▽《JR京都線》山崎(京都)〜大阪 止まっている。▽阪急京都線は、大雨の影響で、高槻市~長岡天神駅間で運転を見合わせ。▽JR高槻駅前は冠水している。
■関連WEB:[画像]大阪高槻市で110ミリの記録的な大雨、各地で水没、現地からの写真

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

組織のマネジメントシステムに統合すること

アイソス9月号は「現場からの統合マネジメントシステム」の特集です。
1)事例①富士スイルム神奈川事業場
2)事例②小川香料株式会社
3)事例③鍋屋バイテック会社
4)解説:規格統合は内部監査から出発するのがベスト
5)解説:統合マネジメントシステム導入支援の現場
6)解説:ISOの考える「統合」とは?
■参考図書「ISOがすすめるマネジメントシステム規格の統合的な利用」

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

タイガーコペンハーゲン

心斎橋へ出かけましたが、タイガーコペンハーゲンへの買い物には整理券をもらわないと入れないそうです。
■関連WEB:北欧雑貨「タイガーコペンハーゲン」8月の状況

| | コメント (0)

2012年8月11日 (土)

PPAPとは

S20120811_2 盆休みに入り、新幹線は満員です。南与野の企業まで出張しました。帰りは集中豪雨で新幹線が1時間運休し遅れました。
■PPAP(Production Part Approval Process、ピーパップ)とは「生産部品の承認プロセス」とも呼ばれる。■主に組織(製造業)が顧客に製品を納入する際、それらが顧客に認められた製品であることを明確にするための手続きである。■特に自動車業界では、ISO/TS16949において、量産前の新製品(部品)の、部品仕様、量産用の本工程の設定について、自動車メーカーが行う承認手続きである。■顧客の要求事項に影響する、すべての製品実現(製品および製造工程)に関わる変更は、顧客に通知し、同意を得ることが要求されています。
■APQPは、製品実現を以下の5段階に分けてそれぞれの段階において、実施する内容を定めています。
1)開発プログラムの立案・決定
2)製品設計と開発の検証
3)工程設計と展開の検証
4)製品と工程の妥当性検証
5)フィードバック、評価、是正処置

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

薬師寺東塔の解体作業

お墓参りの帰途、薬師寺に寄りました。薬師寺の国宝・東塔は塔全体を覆い解体修理に入っています。2019年の完成を目ざしています。
■関連WEB:薬師寺
■関連WEB:薬師寺東塔の解体作業始まる 110年ぶりの解体修理
■関連You Tubu:薬師寺東塔修理で法要・奈良

| | コメント (0)

2012年8月 9日 (木)

中小企業における最新IT活用支援

今日の中小企業診断士理論政策更新研修「中小企業における最新IT活用支援」は  「スマートデバイス、クラウドサービス等の活用」と「ケース・スタディ、ウエブ活用提案」でした。
■イノベーションの要因
1)予期せぬ成功とと失敗を利用する→ソーシャル・メディア
2)ギャップを探す→プアマン・デバイス
3)ニーズを見つける→クラウド・サービス
4)産業構造の変化を知る→ウエラブルコンピュータ
5)人口構造の変化に着目                                                                                     ■関連WEB:株式会社育てる

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

戦略的環境部へ

201208099 「悩む環境部、変化する経営課題にどう対応するか。有力企業51社を徹底調査」。日経エコロジー9月号の特集です。■企業の環境・CSR部の悩みは「経営基盤の強化や利益拡大につなげる仕組みづくりが難しい」という声が最も多いのだそうです。
■環境・CSR部は事業や経営戦略に貢献し、存在感を示すためにはどうすればいいか。視点を変えれば「戦略的環境部」に生まれ変わることも可能だ。富士通、TOTOの事例を紹介している。

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

文具の歴史

文具小売店の店舗数は減少の一途を辿っており、ピーク時の3分の1まで減少している。■経済産業省「商業統計」によると、「紙・文房具小売業」の事業所数は平成6年:23750店、平成19年:11806店。■現在は8000近くに減少している。近年、文具専業店に加え、書店、事務用品店、生活雑貨店、文具スーパー、ホームセンター、一般スーパー、コンビニエンスストア、ディスカウントショップ、100円ショップなど、さまざまな業態が文房具を取り扱い. 業態間の競争が激化している。■さらには、アスクルやカウネット、大塚商会などに代表されるFAXやインターネットを用いた通信販売が好調に業績を伸ばしている。■メーカー数:200。卸売業:350→100に減少。■7日は立秋。マイドームおおさかで「文紙MESSE2012」が8日まで開催中。■「文具の歴史」の展示で懐かしい文具を見つけました。夏休みで、多くの子供さんの来場でにぎわっています。会場風景はWEBで見ることができます■関連WEB:「文紙MESSE2012」の会場風景
■関連WEB:文具の業界紙年表

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

何度も使いたい言葉は

20120806 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2632012.8.1.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆何度も使いたい言葉は「ありがとう」と「きれいだね」の二つ――野沢秀雄(健康体力研究所顧問)「脳トレ体操」(角川ONEテーマ21)
☆質の低下が著しい多数党の政治家、選挙制度の抜本改革が必要――森田 実「森田実の言わねばならぬ名言123選」(第三文明社)

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

物をもたないことの幸福

20110122物をもたないことの幸福
物を多く持つことが幸せだと
錯覚している人が少ない。
物は、持てば面倒も増える。
持つがために命を縮めさえする。
身の回りの余分な物を捨ててみよう。
どんなにすっきりすることか。
そこに、物に隠された別の幸せがある。

■これからどういう自分になりたいのか?どういう生き方をしたいのかを考え、何が必要かを自分自身で決め、不必要なものをそぎ落とし、新しい生き方、暮らし方をする■これまでの人生を振り返り、今後の人生を見据えたうえで心の整理をすることが、片付かないものたちの整理につながる。■後ろ向きでない未来志向の片づけ。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

世界一高いビル「バージュ・ハリファ」

8月19日から27日までエ業経営研究学会グローバリゼーション研究分科会主催の「トルコ工場・ドバイ視察」で最終日26日(日)は 異文化がひしめきあう大都市と化したドバイの発展を体感できる『ドバイ』市内観光です。■世界で一番高いビル「バージュ・ハリファ」や、ドバイ沖の人工島「パーム・ジュメイラ」など、ドバイの著しい発展を見るのが楽しみです。まずは、シェイク・サイード・ロード沿いの高層ビル群を眺めながら、アラブのスーク(市場)を再現したショッピングモール「スーク・マディナ・ジュメイラ」を目指します。
■見学予定先
世界一高いビル「バージュ・ハリファ」、ジュメイラモスク、ドバイ沖の人工島「パーム・ジュメイラ」. アトランティスザパーム.ドバイモール、ドバイ博物館、水上タクシ「アブラ」乗船、スパイス&ゴールドスーク、イブンバトウータモールなど。■27日(月)17.10関空着です。
■関連WEB:バージュカリファ (ブルジュハリファ) Burj Khalifa
■関連WEB:バージュ・カリファ展望台
■関連WEB:ドバイ政府観光・商務​局 キャンペーンサイト
■関連WEB:ドバイ何でも事典 【巨大建設プロジェクト】
■関連WEB:地球の歩き方ドバイの歩き方
■関連WEB:歩いて巡る!ドバイ半日市内観光
■関連WEB:ドバイ ディベロップメントツアー
■関連WEB:アラブ首長国連邦の投資制度(ジェトロ)
■関連WEB:アラブ首長国連邦の基礎データ(ジェトロ)
■関連WEB:エミレーツ航空

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

持続的成功の経営を指導しよう

ISO9001認証の維持からISO9004活用に転換しよう。
■2010年に発行されたISO9004:2009(JISQ9004:2010)は「組織の持続的成功のための運営管理-品質マネジメントアプローチ」というタイトルになっている。
■「持続的成功」とは組織が長期にわたって存続可能な事業体であり続けるために、バランスのとれた形で、常に顧客及びその他の利害関係者(例えば、株主、規制当局者、従業員又は地域社会)のニーズ及び期待を満たし続けられる能力を意味する。
■主な特徴は、以下である。
1)持続的な成功を確実に収めるためには顧客及び利害関係者の期待及びニーズを満たす。 そのために、プロセスの範囲が戦略、革新、学習まで拡大されている。
2)附属書に自己評価ツールが付いている。企業は、自己評価ツールを用いて自分自身の強味、弱味を明確にすることができる。

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

中小企業診断士に役立つツール「ISO9004」

中小企業診断士に役立つツール「ISO9004」■いま、ISO9001の規格の内容は改定の作業に入っている。■このISO9004の方向に改定されるのは間違いなく、ISO9001取得企業の戦略策定支援のニーズが出てきます。■中小企業の企業診断や指導のガイドラインに、このISO9004の活用は有益である。

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

ISO9001とISO9004の違いは?

ISO9001とISO9004の違いは?
■ISO9001に基づく品質マネジメントシステムは顧客を満足させることで企業の価値を高めることができる潜在的な力を持っている。■とはいえ、ISO9001はこれだけを最低限実施すべきですよというレベルの規格である。■もうひとつの規格ISO9004は実施するとより良くなるという内容のエッセンスをコンパクトにまとめている。■さらに上を目指すのならガイドライン規格のISO9004を活用するのがお奨めである。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »