« 日本再生の道は中小製造業から始まる | トップページ | イスタンブールへ »

2012年8月19日 (日)

トルコ企業視察へ

S20120819_1 日本企業がトルコでの事業を拡大しています。■7400万人の人口は今後も増加が見込まれ、金融危機の影響から立ち直った2010年の1人あたり国内総生産(GDP)は1万がを超えた。■国内市場の成長に加え欧州や中東・アフリカ、中央アジア市場をにらんだ戦略拠点としての関心も高まっています。■世界市場が混迷する中、トルコはイスラム圏で屈指の安定した民主政治と平均年齢28.5歳の人口構成に支えられた高い購買力と豊富な労働力により高い成長を続けており、建国100周年を迎える2023年までに経済大国として世界トップ10入りを目指しています。
■8月19日から27日までエ業経営研究学会
グローバリゼーション分科会の「トルコ企業・ドバイ視察」に参加します。
1)8月19日(日)関空23.35発エミレーツ航空にて『ドバィ』
S20120819_1_2 2)8月20日(月)ドバイ経由イスタンブール着、夕食後ホテルへ
3)8月21日(火)市内視察と観光(ブルーモスク、トプカプ宮殿、アヤソフィア、グランドバザール)
4)8月22日(水)郊外の『ブルサエ業団地』トルコの大手自動車メーカーOtokar、トヨタ紡織
5)8月23日(木)CANDAN MAKINA YEDEK PARCA SAN VE TIC LTD、STI、TUSCON社ほか
6)8月24日(金)、世界遺産カッパドキアにて視察と観光
7)8月25日(土)気球ツアー、地場のクラフト産業(エ房)『イスタンブール』経由『ドバイ』へ
8)8月26日(曰)『ドバイ』市内観光(ジュメイラモスク、パームアイランド. アトランティスザパーム.ドバイモール、ドバイ博物館、水上タクシ「アブラ」乗船、、スパイス&ゴールドスーク、イブンバトウータモールなど)、
9)8月27日(月)17.10関空着
■関連WEB:在欧州・トルコ日系製造業の経営実態-2011年度調査
■関連YouTubu:親日国のトルコ Turkey is a friendly country
■関連YouTubu:トルコが親日国の理由 Friendship of Turkey and Japan
■関連WEB:イスタンブール:グランドシュバヒルホテル
■関連WEB:カッパドキア:デデマンホテル
■関連WEB:ドバイ:ジクーホテル
■関連WEB:黒海&東地中海周遊クルーズ(ブログ2007年5月)

|

« 日本再生の道は中小製造業から始まる | トップページ | イスタンブールへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。