« イスタンブール市内視察と観光 | トップページ | トルコの中小企業好調、高い経済成長 »

2012年8月22日 (水)

トルコの自動車産業の視察

S20120822otcar_9 S20120822otcar_10 S20120822_6 S20120822 22日(水)イスタンブール郊外の『ブルサエ業団地』の企業視察です。■ラマダンが明け、今日から仕事。各地で渋滞が発生し、その影響でバスも1時間も遅れました。■午前中はOtokar社を見学です。コチグループ傘下の自動車メーカーOtokarは1963年以来、バス、および装甲車・ジープなど軍需用も手掛けています■午後は、トヨタ紡織を見学。トヨタ紡織トルコはシートおよび内装品を製造しています。■生産管理センターでは、どの地域の工場でも、大きな成果をあげている他の工場や生産ラインの成功事例を学び、取り入れることができるためのヒントが詰まったデータベースを構築・整備してきた。そのひとつがTB KAIZEN(改善)データベースです。約300件の改善事例がストックされている。■トヨタ紡織グループのモノづくりの体質強化策が目指すところは、世界の地域の工場と同じレベルになること。そのために会議体を充実させ、データベースを整備し成功事例が他の工場に導入され、成功事例以上の成果を生むことであり、それを「改善の横展」と呼んでいます■2年前からテレメール(電子看板方式)導入による生産です。トヨタ紡織が30分停まると近くにあるトヨタ自動車の生産ラインが停まってしまうそうです。
■関連WEB:Otokar
■関連WEB:トヨタ紡織

|

« イスタンブール市内視察と観光 | トップページ | トルコの中小企業好調、高い経済成長 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。