« 薬師寺東塔の解体作業 | トップページ | タイガーコペンハーゲン »

2012年8月11日 (土)

PPAPとは

S20120811_2 盆休みに入り、新幹線は満員です。南与野の企業まで出張しました。帰りは集中豪雨で新幹線が1時間運休し遅れました。
■PPAP(Production Part Approval Process、ピーパップ)とは「生産部品の承認プロセス」とも呼ばれる。■主に組織(製造業)が顧客に製品を納入する際、それらが顧客に認められた製品であることを明確にするための手続きである。■特に自動車業界では、ISO/TS16949において、量産前の新製品(部品)の、部品仕様、量産用の本工程の設定について、自動車メーカーが行う承認手続きである。■顧客の要求事項に影響する、すべての製品実現(製品および製造工程)に関わる変更は、顧客に通知し、同意を得ることが要求されています。
■APQPは、製品実現を以下の5段階に分けてそれぞれの段階において、実施する内容を定めています。
1)開発プログラムの立案・決定
2)製品設計と開発の検証
3)工程設計と展開の検証
4)製品と工程の妥当性検証
5)フィードバック、評価、是正処置

|

« 薬師寺東塔の解体作業 | トップページ | タイガーコペンハーゲン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。