« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

台風17号

強い台風17号は30日午後、近畿地方に暴風や大雨の注意報が出ていたので、京都大学春秋講義「危機に強いエネルギーシステムを考える」「福島第一原発事故を経験し、リスク評価の限界を悟る」を欠席し、自宅での仕事に切り替えた。■明日10月1日は東京出張です。

| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

ヨガの体験

11時からヨガの体験をしました。効果てきめん、からだや目、頭がすっきりしました。
■追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催の土曜セミナー「ファイナンスと合理的な意思決定」を受講した。■金融市場のルール、貨幣の時間価値、高リスク高リターンの原則、、新しい金融技術・金融商品などをわかりやすくお話いただきました。
■関連WEB:YOGA Studio 4Tree

| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

社長が押さえておきたい会社の数字

日経トップリーダー10月号は「お金を高速でぐるぐる回せ、社長のための数字の見方」を特集しています。「社長が押さえておきたい会社の数字」です。
■今日はプレス加工 テープフィルム加工、歯科技工所の支援でした。

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

製品企画とQFD/TRIZ/TM活用事例紹介

S20120927_1 S20120927_2 第118回 中小企業診断士技術向上研究会は村上謙治さんの「製品企画とQFD/TRIZ/TM活用事例紹介」でした。■ 昨今の日本企業はマーケティング不足で新興国の需要に対応できていないといわれていますが、それ以上に製品企画段階で顧客ニーズに対応できていないケースもよく見受けられます。■売れる製品を作るためにはマーケティングや製品企画での的確な対応が重要となります。■製品企画とQFD/TRIZ/TM活用の成功事例「コガネイ」の紹介があった。■昨今の家電業界や自動車業界の製品企画の問題、QFD/TRIZ/TM活用の成功事例について意見の交換を行った。
■関連WEB:コガネイ
■関連WEB:コガネイは、TRIZを使って本気でコマ設計していた
■関連WEB:QFD-TRIZ-TMの連携適用による高速2ポートバルブの開発 ①はじめに
■関連WEB:結果(=利益)を出すためのTRIZ導入と実務適用事例(2)
■関連WEB:売れる商品作りを目指して開発革新、QFD/TRIZ/タグチメソッドを駆使
■関連WEB:QFD→TRIZ→TM による『絶対的強み』の確立

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

ユアサ32会「錦秋心癒しの旅へ」

S20120926_1 昼前に集まり、高槻市総合センター15階の眺めの良いレストラン「桃莉」でユアサ32会の旅行プランを打合せしました。

1.日時  平成24年11月15日(木)~16日(金)
2.宿泊  尾上温泉 紅鮎
      〒529-0364滋賀県東浅井郡湖北町尾上  
3.費用  32,000円
■旅のプログラム
11月15日(木)
  12.12JR長浜駅西口集合、駅前徒歩2分の「成駒屋」で昼食
  12.45長浜市内観光(ボランティア案内:徒歩、成駒屋から出発)
     —長浜城—曳山博物館—大通寺—黒壁スクエア—長浜駅西口
  15.30JR長浜駅西口出発(紅鮎マイクロバス)
  15.45湖北野鳥センター(野鳥を主にした自然観察施設)
  16.30紅鮎
     竹生島を望む夕陽と湖面の輝きを楽しみに露天風呂
  18.00宴会  季節の京会席
   ↓ 
  20.30
  21.00二次会
■11月16日(金)
  08.00朝食
  09.00出発(観光ジャンボタクシー)
   ↓ 渡岸寺(日本一の美しさと言われる国宝十一面観音)
   ↓ 鶏足寺(最澄が再興したと伝えられ湖北の比叡山、200本に及ぶもみじの紅葉)
   ↓ 賤ヶ岳古戦場
  12.30余呉湖
   ↓ 
  13.00毛利志満長浜店(近江牛の老舗):近江牛のミニ会席
  14.30
  14.40JR長浜駅解散
■関連WEB:成駒屋
■関連WEB:長浜市内観光
■関連WEB:湖北野鳥センター
■関連WEB:尾上温泉 紅鮎
■関連WEB:渡岸寺
■関連WEB:鶏足寺
■関連youtube鶏足寺(滋賀県木之本)の紅葉
■関連youtube紅葉の鶏足寺.MOV
■関連youtube鶏足寺探訪.wmv
youtube09_20101128_古橋村紅葉ウォーク_鶏足寺の紅葉
■関連WEB:毛利志満長浜店

| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

2050年の世界

20120925 2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する。英国の『エコノミスト』誌は、1962年に「驚くべき日本」と題して、日本が世界の経済大国へのしあがっていくとの長期予測を発表し、的中させた実績があります。■今後40年を大胆に予測。■日本は、人類がまだ見たことのない老人の国へとつき進んでいる。
■2050年の日本人の平均年齢は52,7歳。アメリカの平均年齢は40歳。■しかし、中国も同じ少子高齢化に悩み、2025年に人口減少が始まり、経済成長は止まり、インドに逆転される(P.18)。■豊かさの指標であるGNPで、日本は韓国の約半分になる。■英語は、タイプライターのキー配列のように、いったん得たグローバル言語の座を維持する。■人口の配当を受けるタンザニアなどアフリカ諸国が新興国として台頭。■タンザニアの2100年の人口が世界第3位になると予想している(P.18)

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

大阪城の彼岸花

S20120924_2  今朝の「うちの会」の早朝散歩コースは内平野町→谷町→府知事公官前→大手門→城内→京橋口→谷町→内平野でした。このコースは7000歩。写真は大阪城京橋口の彼岸花です。今日の歩数は17000歩。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

神戸で一番おもしろい会社になろう

おもしろい酒のつまみを作り出せ!ルソンの壺は株式会社伍魚福の代表取締役社長 山中 勧さんでした。■「家飲み派」をターゲットに、売り上げを伸ばす酒のつまみの製造卸「伍魚福」。この会社は、工場を持たない。社員から募った年間2500以上のアイデアを元に、全国の工場とコラボして新しいおつまみを開発する「企画力」が強み。■社員64人、一年間の新製品の提案数は2500件。一人月2件の提案。
■同社は「関西経営品質賞奨励賞」を受賞している。
■表彰理由(ポイント)
1)顧客本位:【顧客である小売店と一体となった売り場づくり】
2)独自能力:【ファブレスモデルによる少量多品種製造の実現】
3)社員重視:【一貫したマネジメント プロセスの実現】
■2000年より社員一人ひとりが部門長を目指す仕組みを導入し、経営理念から日次の行動計画までを一貫した流れで組み立てている。また、四半期ごとの社長と全社員との面接、毎月の上位者との対話、朝礼でのクレドの徹底などにより、全社員が目標に向けて行動を整えるマネジメントが実現している。
■関連WEB:2011年度 関西経営品質賞 奨励賞の表彰理由(ポイント):
■関連WEB:株式会社伍魚福

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

中国に異常あり

20120926newsweek 雑誌『ニューズウィーク日本版』2012年9月26日号は「中国に異常あり」を特集しています。
特集の目次は下記です。
■不安視される体制移行に急減速する13億経済──
反日デモに覆い隠された大国の病根とは
■中国 「矛盾超大国」の異常信号
■共産党 反日デモに隠れた中国の深過ぎる病根
■指導者 次期トップは本物の改革者か
■視点 「冬の時代」に政権を担う習近平の多難
■不良債権 中国金融が抱える時限爆弾
■分析 命運を握る中間層の落日

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

経営計画策定

20120921 今日、日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科亀谷祥治教授のお書きになったご本「国際分散投資~その理論と実践~」 「ケースで学ぶ経営計画策定とファイナンス戦略」を亀谷先生からいただき、ご芳志の程感謝致します。 これからゆっくり読ませていただき、しっかり勉強します。
■関連WEB:「ケースで学ぶ経営計画策定とファイナンス戦略
■関連WEB:「国際分散投資~その理論と実践~」

| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

経営とは?

大阪城の彼岸花はつぼみ。奈良へお墓参りに出かけた。■桑蓬会は会員の南井さんの発表。■テーマは「経営とは?」「海外子会社の管理について」。S20120920_11 S20120920_8 ■活発な質疑応答があり、とても有意義な勉強S20120920_1  会でS20120920_2 した

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

都市型モノづくり

S20120919_2 ~京京スカイツリー&小惑星探査機「はやぶさ」に学ぶ~
「都市型モノづくり」フォーラム
■基調講演
■「東京スカイツリー建設プロジェクト~高さ634mへの挑戦~」
株式会社大林組大阪本店建築事業部副課長松田俊幸氏
■『小感星探査機「はやぶさ」とモノづくり
~チームワークと開発秘話、はやぶさ 2にむけて~」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授山田哲哉氏
■パネルディスカッション
「都市型モノづくり企業の可能性と今後の取り組み」
~新商品や新サービスの開発、連携に向けた効果的な取り組みを探る~
■㈱エンジニア・代表取締役社長・高崎充弘氏
■コドモエナジー㈱・代表取締役社長・岩本泰典氏
■㈱新日本テック・代表取締役社長・和泉康夫氏
S20120919_4 ■厳しい市場環境にある今、自社製品や加工技術、サービスの開発・改良による付加価疽の向上や、新たな販路の開拓による利益や売上の増加が中艮期的な企業成長のカギとなってきます。■「都市型モノづくり」をテーマに、日本が誇る「東京スカイツリー」や小惑星探査掴「はやぶさ」プロジェクトの関係者から、プロジェクトとモノづくりにまつわるお話を頂きました。■その上で、都市部に集積し大切な役割を担っている「モノづくり企業」をはじめとした中小企業にとって、今後、新製品・新サービスの開発や連携を行っていく上で、効果的な取り組みは何かについて、企業経営者によるパネルディスカッションがあった。

| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

1日10分の老化防止法

20120918 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2662012.9.15.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆朝起きたらその場で簡単にできる「血流アップ体操」――白澤卓二「100歳までボケず、元気に生きる101の方法」(三笠書房
☆「笑いの免疫力」はガンにも効果――国本正雄「なぜ 笑うと便秘が治るの?」(ハート出版) 

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

決断できない日本

S20120917_4 武藤記念講座第967回は米国国務省元日本部長 ケビン・メア氏の「決断できない日本-なぜこれが重要な問題なのか?-」でした。
■TPP、増税、原発事故、沖縄基地問題、尖閣問題など。■日本は、国家の基本諸問題を直視せずに問題の先送りを繰り返し、「決断出来ない日本」と云われ、国民への責任を回避している。■尖閣諸島の国有化に反対する反日デモ、オスプレイ、日米安保5条6条など多岐にわたりお話をお聞きしました。
■関連WEB:決断できない日本 (文春新書)
■関連YouTUBE:2012年9月17日ケビン・メア氏が語る「最新鋭武器の保持こそ尖閣問20120917題の抑止力だ」
■関連WEB:日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

事業継続をめざした危機管理

S20120916平成24年度京都大学春秋講義「事業継続をめざした危機管理」を受講しました。
■講師は京都大学防災研究所・教授・林春男氏
■危機管理の目的は組織の事業継続である。
■事業継続とは何か。
■事業継続能力を高めるためにとるべき3つの対策は?
回避、緩和、転嫁、受容(保有)。
■事業継続マネジメントシステム(BCM)の国際規格ISO22301が2012年5月15日に発行されました。■ISO22301は組織が事業 継続のマネジメントシステムを導入・運用する際に実施すべき項目を明示した要求事S20120916_3項が記載された規格書です。■災害時に特定された重要業務が中断しないこと、また万が一事業活動が中断した場合に、目標復旧時間内に重要な機能を再開させ、重要業務に伴う顧客取引の競合他社への流出、マーケットシエアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための戦略。■事業継続マネジメントシステムを導入・運用することで有事の際の的確な対応力、素早い復旧・事業継続による競争力の強化を狙える。

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

大規模修繕

20120915 マンション管理組合で外部講師3人を招いて「大規模修繕セミナーQ&A」が開催された。■斜面壁の漏水対策としてアスファルトシングルも検討すべきである。「2012.09.15アスファルトシングル.pdf」をダウンロード
■関連WEB:まちがいだらけの大規模修繕
■武藤記念講座(第966回)は「日本経済は衰退しつつあるのか?-その歴史的位置付けと将来展望一」。講師は早稲田大学名誉教授・西村吉正氏でした。

| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

品質目標は「利益○○」

S20120914_2 今日は2社のISO指導でした。■経営の基本の要素が「QCD」。■企業における利益は、Q(品質)C(コスト)D(納期)がバランスよく機能した結果として、もたらされるものである。■このような図式を描くことができるならば、品質目標は「利益」だということになる。■目標の「利益」を生み出すためには、売り上げがどれくらい必要で、その製造原価はこの程度に抑えなければならないから、品質もこのレベルにしなければならないといった展開ができるわけだ。■そんな背景が企業経営にはあるのだから、ISO9001が製品やサービスの品質向上を意図したマネジメントシステムの運用を要求しているから、「品質向上の要素の目標を設定しなさい」などという指摘は、適切ではない。

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

ISOとトルコ事情

アップルは12日、新機種「iPhone5」を発表した。画面大きく薄型、LTEにも対応。LTEの定額プランは5985円。14日から予約受付21日から発売。
■第105回ISO研究会は現状のISO9001や14001マネジメントシステムと経営改善の関係、ISO9004 の将来性、審査員の審査実態等、興味深いフリートーキングとなった。
■英国ではこのISO9004が役に立たないとの風評もあるらしいが、各要求事項に対処して自社のレベルを知り改善の道筋を知るためには、有用であるとの意見が多かった。
■「トルコの中小企業好調、与党AKPが手厚い優遇策」、「トルコの食品衛生のISO22000の認証数が世界第3位」「100予測:2050年日本、トルコ、ポーランドが力を蓄え、アメリカと戦争へ!」などのトルコ情報を提供した。
■関連WEB:欧州企業のトルコ市場戦略を探る(2012年8月)
■関連WEB:トルコの経済とビジネス環境、市場動向について(動画もあります)      ■関連WEB:中東・北アフリカ諸国の労働法制度(1)(アラブ首長国連邦(UAE)・サウジアラビア・イラン・トルコ・エジプト)(2012年3月)

| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

志摩・地中海村

毎日放送「ちちんぷいぷい」で志摩・地中海村が紹介されました。
一度行きたいところですね。
■関連WEB:志摩・地中海村
■関連WEB:毎日放送「ちちんぷいぷい」放送記念♪伊勢海老ブイヤベースとパエリアディナープラン
■関連YUTUB:志摩地中海村 - 【後編】パスポートのいらない地中海に泊まる
■関連WEB:楽天トラベルの 志摩地中海村 のクチコミ(感想・情​報)

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

トルコのISO22000取得件数は世界3位

2010年度のISOの世界の取得件数です。カッコ内が日本の取得数。
■ISO9001が1109905(59854)、ISO14001が250972(35016)、情報セキュリティマネジメントシステムISO27001が15615(6264)、ISOISO/TS16949自動車産業品質マネジメントシステムが43946(1195)、食品安全システムISO22000が18630(482)、医療機器ISO13485が18834(539)
■食品安全システムISO22000の取得件数は2010年末時点で18630。国別の順位はつぎのとおりです。ギリシャ・トルコが2位、3位です。
1位、中国で5575
2位、ギリシャ1197
3位、トルコ1088
4位、インド1020
5位、台湾948
6位、ルーマニア641
7位、ポーランド629
8位、日本482
9位、スペイン364
10位、エジプト276
■「さくらんぼと鶏肉を買ってほしい」。7月に訪日したトルコのチャーラヤン経済相は玄葉外相、枝野経済産業相との会談で強く訴えた。日本を輸出先の重点国家に指定。

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

隠居ベーション

20120910hyoshi 日経ビジネス9月10日号は「100歳まで働く時代がやってくる」を特集しています。
■2012年、100歳以上の人口が5万人を突破、将来は70万人になる。
健康な日本人は、「人生100年」を想定した人生設計が必要な時代に。
しかし、問題はどう晩年を暮らすか。
年金支給年齢の引き上げや定年延長などで、「引退」は先延ばしに。
引退世代を「隠居」と呼んで、趣味に生きる時代は過去の話。
隠居生活にイノベーションを起こし、目標を持って社会に貢献していく。
100歳の現役サラリーマン、98歳の写真家、80代のNPO活動…。
そんな「脱・隠居」は、閉塞する日本経済に思わぬ活力を生み出す。
(広野 彩子、鵜飼 秀徳)日経ビジネス2012.9.10号P46より
■「アラ100」(100歳就業者)という働き方
・100歳サラリーマン、「毎日が電車通勤」福井福太郎
・98歳のパリ出張、進化する女性写真家・笹本恒子
■老人パワーが炸裂
「定年」がなくなる
100歳まで働くことが当たり前の時代に備え、個人も国家も発想転換が求められる。
高齢化社会の日本で、人々が長く働き続けるために、
変革すべきポイントは2つある。「学び直しの機会」と「働き方の多様化」。
■隠居ベーションの心得
★社会環境に合ったスキルを先取り
★自発的な健康管理
★培った「人的資産」を次世代に還元
★過去のプライドは百害あって一利なし

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

公開講座フェスタ2012

阪神奈大学・研究機関生涯学習ネット「公開講座フェスタ2012」が今年も開催されます。
■期間  平成24年11月5日(月)から11月22日(木)まで
■場所  さいかくホール
■関連WEB:公開講座フェスタ2012 

| | コメント (0)

2012年9月 8日 (土)

IPOにおける初値乖離

追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催「土曜セミナー」【第7回】のテーマは「IPOにおける初値乖離の現状」。■講師は宮宇地 俊岳氏(追手門学院大学経営学部専任講師・ベンチャービジネス研究所所員)。
■IPOは未上場状態にあるベンチャー企業が、創業期から数年の事業展開期間を経て、株式市場に上場を果たし、一般の投資者に対して新規に株式を公開することをさす。■初値乖離とは、IPOを実施した際に、株式市場で成立する「初値」(株価)が、公開直前の公募・売り出し時に設定された「公開価格」を大きく上回る現象。■直近、5年間は「初値非乖離」現象であるが、その現象を説明する理論は?

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

電動車両用高速充電器

S20120907_2 S20120907_4 S20120907_6 S20120907_7 インテックス大阪6号館会場で開催のグランフェア2012では森精機とフコクインダストリー㈱の新製品の説明を受けました。
■フコクインダストリー㈱の新製品「フォークリフト・電動車両用高速充電器」の使用上のメリットは次の3つです。
1)充電時間が短い!約1/2の時間効率充電。
2)電気代が安い! 従来方式に比べて約30%削減。
3)電池にやさしい!過充電による電池劣化を防止。
■関連WEB:森精機
■関連WEB:フコクインダストリー㈱

| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

儲けに繋がらないことはやらない

「儲けに繋がらないことはやらない」。■ISO9001の目的は、会社を発展させること。言い換えれば、利益を上げることです。役に立たない文書は作らない。■7、8月ISOの社内展開が余り進んでいないので訪問した。■まず、ISO9001の要求事項を上手く利益を上げることに応用しよう。初めてISO9001に取り組む企業はどの要求事項も同じように力を入れるのは無理がある。100点は無理である。■まず、自社にとって効果があがるものに重点をおくことである。■それ以外は、2年目以降、頑張れば良いではないか。

| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

家具転倒防止や家庭の消火器設置等の対策を

内閣府の防災情報ページに「南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域、被害想定の公表について」が掲載されました。■駿河湾から日向灘の「南海トラフ」を震源域とするM9.1の最大級の地震が起きた場合、最大級32万3千人が死亡し、238万6千棟が全壊・消失するとの被害想定を公表した。■津波からの迅速な避難や建物耐震化で、最悪ケースの死者は6万1千人に減らせると内閣府は説明。大阪府内の死者数は最大7700人。■耐震化率100%、家具転倒防止や家庭の消火器設置等の対策で死者は1/5になる(8月30日)
■関連WEB:南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域、被害想定の公表について

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

笑いと呼吸の仕方にはどんな関係が?

20120904 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2652012.9.1.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆笑いと呼吸の仕方にはどんな関係が?――国本正雄「なぜ 笑うと便秘が治るの?」(ハート出版)
☆「一隅を照らす者は国の宝である」(最澄)――森田 実「森田実の言わねばならぬ名言123選」(第三文明社) 

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

問い合わせが増えるホームページの作り方

大商の「運送業界の経営者向け・インターネットを活用して営業案件を爆発的に拡大する」セミナーを受講しました。
■基調講演は
「普通の運送会社でも月間2ケタの問い合わせをゲットできる
 ホームページの作り方」
講師は株式会社船井総合研究所
   グループマネージャー シニア経営コンサルタント
   橋本 直行氏
■取引先探しはインターネットが通常になった現在、単なる会社案内・事業案内のホームページでは問い合わせを得ることができません。地域密着型の中小運送会社が自社の持ちネタ(車両、人財、技術、運 送メニューなど)の魅せ方をちょっと工夫して、月間2ケタの問い合わせ件数をゲットする方法を紹介された。
・獲得したい検索キーワードをすべて挙げる
・品質・サービス力を具体的に示す
・動画を短くまとめる(ユーチューブなど)
■「トラボックス Tr@BOX」の概要と活用方法
■「エコロジコム」を活用した顧客開拓の事例

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

工業経営研究は「何ができるのか」「何をしなければいけないのか」

  工業経営研究学会第27回全国大会の統一論題は 大災害の時代、工業経営研究は
「何ができるのか」・「何をしなければいけないのか」とし、
①復興支援の現場から、
②工業経営における生産保障、です。
2日のプログラムです。
■自由論題
▼自動車産業の開発、生産活動における水平分業形態の類型化
名古屋学院大学、佐伯靖雄
▼エレクトロニクス産業における現代大量生産システムの研究
立教大学、秋野晶二
▼顧客に対応する企業内SCMの研究~点、線、面、空間の確定性ネットワークの提案~
カイインダストリーズ株、安田正義
▼地方の小規模企業による新製品開発・市場開拓の取り組み~福井の繊維企業の事例より~
福井県立大学、木野龍太郎
■環境研究分科会および循環型社会研究分科会
S20120902_1■統一論題およびシンポジウム
大災害の時代、工業経営研究は「何ができるのか」「何をしなければいけないのか」
▼シンポジウム
▼「大災害における被災ちゅうしょうに対する支援~今次の東日本大震災と阪神淡路大震災~
中小企業基盤整備機構、長坂泰之
▼工業経営における生産保障の構造体系と対応施策、
平松技術士事務所、平松茂実

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

新事業産業化の経営戦略

S20120901_1工業経営研究学会第27回 全国大会に参加しました。
■自由論題報告
▼自動車企業における現代的フル政策に関する試論
追手門学院大学、村上喜郁
▼電力の不安定供給化におけるエコファクトリー・ゲームの開発
大阪成蹊大学・岡田好史
▼イノベーションアーキテクチャによるサービスのモデル化
追手門学院大学・永田淳次
▼新事業産業化の経営戦略
平松技術士事務所、平松茂実
▼独立役員のがばナンス機能~独立役員のあらたなる役割と資格要件~
大阪産業大学・小泉修平
▼台湾自転車部品メーカーの製品開発ぷろせすに関する研究~天心工業の事例研究~台湾東海大学・張書文
▼経営者支配と報酬コンサルタント
四国大学・下畑浩二
■特別記念講演「代替エネルギーと水素エネルギー社会」
佐賀大学海洋エネルギー研究センター・センター長・門出政則氏
S20120831_9 ■会員総会・懇親会(18.00--20.00) 

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »