« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

挨拶の大切さ

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2692012.11.1.doc」をダウンロード  してご覧ください
☆コミュニケーションの手段は、何よりもまず声を出すことから――木村尚三郎「年寄りは なぜ早起きか」(潮出版社)
☆挨拶の大切さ学ぶ――岡田 光世作家・エッセイスト「すなどけい」

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

しっかりとした国のリーダーを選ぼう

東大阪商工会議所設立75周年記念事業の一環として、TVや各種メディアにおいて幅広い分野にわたって様々な提言等で活躍されている金美齢氏の講演会に参加しました。
■テーマ「日本の政治・経済の行方」
■日本は小さな国ではない。ついこの間まで世界で2番目の経済大国であった。自信と誇りをもつべきだ。■「しっかり一人一人がものごとを考えよう!」 「自分が何ができるのかを考える。自分の立ち位置、自分の得意のカードは? それを使って何ができるのか?」ちゃんと言えるか。言えないのはだめだ。■「しっかりとした国のリーダーを選ぼう」

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月)

タブレット時代の新OS

20121029 9月のアイフォーン5に続き10月にはiPadミニがお目見えした。成長のブースターに、またまた火が付いたアップル。その未来は?■アップルが25日に発表した今年7~9月期決算は、売上高、純利益ともに7~9月期では過去最高となった。ただ業績を支えるタブレット端末では、ライバル他社の追い上げが厳しい。■タブレット端末人気の波に乗ろうと、パソコン界の巨人、マイクロソフトが、新しい基本ソフト「ウィンドウズ8」が26日から売り出した。
■今日発売の週刊東洋経済11月3日号は「スマホブームで絶好調!アップルはいつまで特別か」を特集しています。
1)最強アップルに忍び寄る不安
2)動き始めたクック体制の新戦略
3)ライバルたちは打倒アップルを目指す
■関連WEB:週刊東洋経済11月3日号
■個人が使い慣れたスマホ、タブレット、パソコンといった端末を企業に持ち込んで、業務用途に利用する「BYOD」と呼ばれる動きが加速している。■「会社のアドレスに届くメールを個人が所有するアイフォーンでできるようにする」「在庫管理システムへのアクセスを許可し、外出先からも在庫状況を確認できるようにする」など。企業の情報システム部門が集中管理するのは難しい。■自由に持ち運べるタブレットを生かし、生産性を上げるには、利用環境も合わせて整備していく必要がある。

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

EUの現状と将来

一年ぶりに宝塚へ出かけました。宝塚市・(特)宝塚市国際交流協会主催の国際理解講演会「EU(欧州連合)の現状と将来を考える英国の実態」に参加のためです■長らく英国などに駐在された商社マン・ 西海 巌氏から見た、イギリスの行動の根っ子を、具体的に平易
にお話し頂きました。
■講話のストーリー      
Ⅰ.クイズで解く ・イギリスは「紳士」の国ってホント?      
・ダイアナ妃・マリーアントワネットは聖女?悪女?    
・国歌にブーイングはアリ?    
・社会の階級は発音で見当がつけられる?
・スコットランドの独立を問う住民投票2014年は?    
・・・などなど    
Ⅱ.わが国と関連深い王室と二代のプリンセス
Ⅲ.“鉄の女”マーガレット・サッチャーに見る戦後最大のリーダーぶり
■“目からウロコ”の興味ある内容で、とても楽しい講座でした。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

松下幸之助の成功哲学と神様の女房

S2012102727 追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催の経営セミナー「松下幸之助の成功哲学と神様の女房」。講師は松下資料館顧問の川越森雄氏。
■松下幸之助氏の成功哲学を、創業から16年間、一人四役で、幸之助の事業を支え続け、「もう一人の創業者」、「神様の女房」とも言われた「むめ夫人」とのエピソードを交えながら、数々の秘蔵の映像とともに、具体的にお話された。
■「活に居て乱を忘れず!」-危機の今求められる松下哲学
■「感謝しいや!」-幸之助との初めてのS20121027_17 出会い
■「何もなかったから!」-成功の発想と運命観・人間観
■「私は主人の安全弁!」-成功を支え続けた神様の女房
■「雨が降れば傘をさす!」-素直な心とその実践
■「物心一如の繁栄社会を!」-志と危機感を持ち続けて
■「経営理念」3つの基本、これが根幹です。
①企業の使命は、社会の繁栄、人々の幸せ実現に尽くすこと
②企業は社会の公器である
③利益は社会への貢献の度合に応じて頂く報酬である

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

低コスト経営の研究

S20121026 エル.おおさかエル・シアターで開催の環境マネジメントシステム審査員への最新環境情報講演会を受講しました。
▼「最近の環境法動向【現場で使える環境法】」
  講師:見目善弘氏 見目エコ・サポート代表
▼「環境審査員資格基準の改訂について」
  講師:岩谷高道 CEAR所喪
■夕学五十講「アジアの架け橋 LOVE & PEACH」
 講師は井上慎一 Peach Aviation株式会社 代表取締役CEO
▼Peach Aviationは今年3月から関西空港と札幌、福岡を結ぶ路線にした。▼「就航から3年目に単年度黒字にし、5年目には利用者600万人と累積損失の一掃を目指す」▼全日空経営トップから指示を受けた井上慎一さんは、一橋大学の米倉誠一郞教授とアイルランドのライアン航空社長のパトリック・マーフィー氏からイノベーションについて教わった。▼LCCは航空自由化の進んだ欧米で発達した。欧米における旅客数ベースのシエアは、すでに4割を超える。1967年に創業し、LCCの元祖と言われる米サウスウェスト航空は、国内線のみながらその旅客数は世界一。国際線でもトップはアイルランドのLCC、ラインエアだ。▼ピーチ・アビエーションは10月28日搭乗分から関西空港・福岡線の普通運賃の最低価格が3290円に値下げする。火曜日から木曜日は2490円。▼ジェット・スターは2290円。▼28日から関西空港はLCC専用の第2ターミナルを開業します。▼JR西日本はシニア層(60歳以上)向けに往復18000円の割引切符を発売した。▼LCCはローコスト・キャリア、別称「空飛ぶバス」。これまでにない新たな需要をつくり出すと言われる。▼LCCは低価格を可能とするビジネスモデル。単一機材、飛行機は一種類。機内サービスや荷物運搬を有料にして、2地点間の移動に必要なサービスのみを提供する。値付けが臨機応変。ネット直販。▼サービスの簡素化や多能工化などによって、従業員の生産性を高める仕組み。定時出発率、就航率(飛行機の稼働率)、荷物のミスハンドリング率などで低品質ではない。▼欧米やアジアのようにLCCが定着するのか注目されている。

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

利益を増やす、お金を増やす数字のポイント

第119回 中小企業診断士技術向上研究会の発表者は岩垣忠裕さんで、テーマは「利益を増やす、お金を増やす数字のポイント」でした。
■中小企業の製造業の経営者や幹部社員におさえていただきたい数字のポイントについて講義されたご体験をお話(90分)していただきました。
■利益を出す、利益を増やすための数字のポイント
1)「利益が出る」=粗利益額が固定費を上回る事ではじめて利益が出る
2)「利益を出す基本原則」
3)「利益を増やす考え方」
4)「粗利益額」の増やし方
5)「固定費」を減らす時の考え方
  固定費を3つのグループに分けて考える
■「お金を残す、お金を増やすための数字のポイント
1)資金繰りが苦しくなる3つの原因
2)対策のポイント
・対策①.赤字にしない。目標利益の達成をめざす。
・対策②.運転資金を減らす。
・対策③.売上アップ、利益アップに結びつく「投資」(設備投資)に絞る

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

生きることは自ら立つこと、自ら行動すること

20121024 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2682012.10.15.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆ジョークと笑いで皆がハッピ――曻地三郎・しいのみ学園創立者/健康長寿マスター「106歳で世界一周旅行 健康長寿の方程式」(第三文明 11月号)
☆「生きることは自ら立つこと、自ら行動すること――木村尚三郎「年寄りは なぜ早起きか」(潮出版社)

| | コメント (0)

2012年10月23日 (火)

幸福とは生きていることに感謝する気持ちから

20121023 今日はさいたま市の企業へ。往復8時間の車中の読書は日経ビジネス10月22日号の「奇跡を起こす、すごい組織100」と「日野原重明100歳の金言」。
■100歳の現役医師が贈る人生を心豊かに暮らし「ありがとう」と死ねるための指南書。■今伝えたい50の言葉を収録。生きるとは、幸せとは、仕事とは、病気や困難に負けない生き方とは。■70年以上臨床医として生きてきた著者からのメッセージに心が癒されます。■幸福とは生きていることに感謝する気持ちから。■手帳には10年先の予定を書きこむ。予定はコミットメントとして記入する。■生き方のモデルを見つける。良き生き方モデルは自分の生き方の目標と指針を与えてくれる。■運動が若返りさせる。エスカレータに乗らずに歩く。達成感を感じる。8階まで歩くと100段。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

不可能を可能にするのが組織の力だ

20121022 日経ビジネス10月22日号は「特集 奇跡を起こす すごい組織100」です。
■1人の力は小さくても、皆と一緒なら戦える。■チームとして各自の役割を決め、知恵を出し合い、励まし合って取り組めば 不可能だと思われていたことを可能にすることもできます。■それが組織。不可能を可能にするのが組織の力だ。■現状打破には、一人ひとりの力を強める組織が欠かせない。■目を凝らせば優れた組織は数多くある。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

タイガーでの買い物は5時間待ち

心斎橋のアップルで「iPhone 5 エクスプレスワークショップ」に参加。iCLoudの設定を早く完了させたい。自宅から往復歩いたので今日の歩数は17660歩。■アメリカ村のタイガーは13時に受け取った入場整理券はなんと18.30からで、相変わらずの人気ぶりで、今回も入店できず、残念です。
■19時から22時までマンション組合の臨時総会が行われた。議題は大修繕の建設業者の決定でした。

| | コメント (0)

2012年10月20日 (土)

iPhone5のすばらしい秘書機能

ようやくiPhone5が届きSiRIを試したらすぐ役にたちました。これはとても便利です。■音声で言えば、メモをしてくれる。会議の予定をセッティング。電話をかけてくれる。調べ物をしてくれる。天気を調べる。持ち株の株価を即座に教えてくれる。23日のスケジュールを示してくれる。中日・巨人線の試合結果を尋ねる。いずれも音声で返事してくれ、回答が画面に表示される。高齢者もこれがあれば寂しくないですね。■ドコモが翻訳サービス付きを10月から始めましたが、これだけの音声認識があれば翻訳サービスも十分使えますね■優秀な秘書に仕事を頼んでいるように迅速です。さらにスマホは外国語も得意で、翻訳もしてくれ頼もしい限りです。■16.30から追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催土曜セミナー・テーマは「人的ネットワークの投影法的測定」で、講師は原田 章氏(追手門学院大学経営学部准教授・ベンチャービジネス研究所員)。
■仮想街空間構成法という手法を通して、個人が人間関係をどのように捉えているのかを知る方法についての講義のあと、「街空間構成用台紙」と「街構成要素カード」を使って実習しました。
■関連WEB:原田 章(HARADA, Akira)
■関連WEB:仮想街空間構成法の方法とデータ表現

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

北大江たそがれコンサート

S20121019_2 S20121019 北大江たそがれコンサートは北大江公園で開催、素敵な野外コンサートで遅くまで盛り上がりました。
■オープニングカンツオーネ、ちょい悪おじさん勝手3兄弟
■トランペットカルテット
■ハープデュオ
■フルートソロ
■アイリッシュライヴ

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

プロセスアプローチ審査の考え方

夕方からエル・おおさかで開催の二つの会合に参加しました。■PJRセミナーでは「プロセスアプローチ審査の考え方」について、 プログラムマネージャーの 堀部 誠さん が、 PJRの審査員がどのような視点から審査を行っているか、 認証機関の審査の考え方について説明された。■また、新たな国際規格の開発情報や、注目規格の市場動向などに ついてもご紹介された。■引き続き、同じ階の部屋で、桑蓬会があり活発な質疑応答のあと、近くの居酒屋で懇親会でした。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

北欧・ケルトミュージックライヴ

S20121017_5 14日~20日までの毎日、「2012北大江たそがれコンサート」があり、楽しい音楽三昧の一週間です。
■17時から安井建築設計事務所1階ロビーで「モラル」のミニコンサート。
■19時からLiuteria BATOシャナヒー北欧・ケルトミュージックライヴ。
Liuteria BATOさんはバイオリンやビオラのメーカーさんです。その工房での音楽会。アイルランドや北欧地方の暮らしとともに受け継がれてきた音楽を独自のアレンジで演奏。西洋、東洋どちらにも通じる響きを楽しみました。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

世界に誇るニッポンの商品100

20121015_2 ISO9001のコンサルティングへ出かけました。
■日経ビジネス2012年10月15日号は「世界に誇るニッポンの商品100」の特集です。■世界を見渡せば、多くの人に愛されている日本の商品がある。■グローバルでトップの地位を得たものや、世界が抱える課題の解決に一役買うものも含まれる。
■①「日本発」が難問を解決する、世界を救う商品・サービス,:ゲイシャ缶(サバのトマト漬け)、救缶鳥(パンの缶詰)、浄水器・海水淡水化プラント膜
■②シエアトップつかむ秘密、世界で売れる商品・サービス,:ホットハンズ、暖宝宝(使い捨てカイロ)、クールフィーバー(額用冷却シート)
■③日常に入り込む「ニッポン」、世界の暮らしを変える商品・サービス、:ハローキティ
■④安全・快適・愉快を売り込め、日本の未来を創る商品・サービス、:渋谷109系ファッションgeografia(紙製の地球儀)、宅急便、新幹線など

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

仕事をつくる

20121015 ホテルニューオータニ大阪で開催のソフトブレーン 創業20周年記念講演会に参加しました。
【講演①】「組織力」 建築家 安藤忠雄氏 
【講演②】「報道力」 元読売テレビ解説委員長 辛坊治郎氏 
■関連WEB: 最新著書「安藤忠雄 仕事をつくる」安藤忠雄
■関連WEB: 最新著書「この国で起きている本当のこと」辛坊治郎

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

強い者は生き残れない

20121014日本小集団協会の10月例会は、貴重な情報を沢山いただきました。
■場所:エルおおさか6階
■日本小集団協会の創設期について
いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、
研鑽研究暦は20年を超えています。
■本日の主な情報提供資料は下記です。
災害時のユニバーサルデザイン、命を守る、みんなで助かる
簡単にできるいきいき健康法
認知症サポーター100万人キャラバン
シニア生活、望むごと・悩みごと
三浦さん「人類の限界超える」
老化は努力で遅らせよう
死後の手続きをしてくれるNPOがある
どうなる日本のエネルギー
日本の建築物の耐震設計と耐久性
東日本大震災3県における建設業資金動向分析
統合版ISO補足指針-2012年版
日本人はもう逃げずに現地の社会に参加せよ
外国人部下を上手にマネジメントする5つの秘訣
アジア国別人事の課題はこれだ
どの国でビジネスを強化すべきか
水も工場も止まる、新型サイバー攻撃
日本の歴史的事実
最近のマスコミ報道から遠く離れてみて
強い者は生き残れない
生物と組織における共通化と経営品質のパラダイム転換
経営品質向上プログラム
創意と情熱の経営革命、私はこうして赤字会社を再建した
立腰教育と脳科学教育
作業記憶(ワーキング・メモリー)って何?
逆境で黒字「アイリスオーヤマ」の経営哲学
褒め上手・叱り下手チェックリスト
若手辞めない会社は強い
最新の雇用・経済指標
65歳まで雇用、企業身構え、義務付け法29日成立

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

決算及び会計は税務申告の基準ではなく、会計基準に準拠して行おう

追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催「土曜セミナー」の【第9回】は16:30~18:00ありました。
■テーマ:「決算及び会計は税務申告の基準ではなく、会計基準に準拠して行おう」
■ 講師:吉永 徳好氏(吉永公認会計士税理士事務所代表・ ベンチャービジネス研究所研究員)
■減価償却、有価証券などの評価の事例により、税務申告の基準と会計基準の違いをわかりやすく説明された■税務基準ではなく、会計基準で決算書が作成することが大切。■正しい会計基準で作成された決算書によって、経営に必要な分析数値が算定され、有効な戦略立案や行動を起こすことができる。

|

2012年10月12日 (金)

「3.11津波被害」があった伊勢志摩

S20121012_15 S20121012_29 10時から約30分間の英虞湾クルーズ。■波穏やかな英虞湾に浮かぶ賢島や間崎島など大小様々な島の景色が綺麗でした■昨年の3.11の津波で、英虞湾の真珠イカダが全部流されたり、マダイ養殖のイカダや鳥羽市浦村湾のカキイカダが漂流したり大きな被害が発生したそうです。
■関連WEB:「津波」断続的に-伊勢志摩でも漁船沈没、真珠やタイ養殖のイカダ流される被害も(伊勢志摩経済新聞)
■関連WEB:英虞湾の真珠イカダが流され1カ所に   関連記事(2011-03-12)
■関連WEB:合歓の里温泉

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

夕日百選の英虞湾の夕日の眺めもよい「志摩・地中海村」

S20121012_18_2 S20121012_11 近鉄スペイン村より一年早く開業した志摩・地中海村へ泊まりました。■近鉄鵜方駅から車で15分です。■毎日放送「ちちんぷいぷい」放送記念♪ 「伊勢海老ブイヤベースとパエリアディナープラン、伊勢海老のブイヤベース」。■お部屋も番組で紹介されたベイビューの別荘タイプで120㎡のスイートルーム♪ 30号の部屋に宿泊できました。■マドリードの南に広がるスペイン中部に位置するカスティーリャ地方。■イタリア本島西側に浮かぶ地中海の島、サルジニアゾーンの建物の特徴は白い壁。■情熱の国スペインを象徴する街並みを持つスペイン南部の地中海に面したアンダルシア地方の街なみ■眺めは抜群です。難波(大阪)から近鉄特急で2時間30分で、そこはヨーロッパ・地中海の村のリゾートです。夕日百選にも選ばれた英虞湾の夕日がの眺めもよいです。■iPadが快適に使えました。
■関連WEB:志摩・地中海村
■関連WEB:スペイン村

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

日本を救う次世代ベンチャー100

日経ビジネス10月.8日号は「日本を救う次世代ベンチャー100」を特集している。■日本は欧米に比べてベンチャーが育ちにくいと言われる。この特集では日本を救う可能性を秘めた次世代ベンチャーを100社し紹介している。■日本のベンチャーへの年間投資額は米国の約1/15。将来の日本経済を背負うであろうベンチャーを育てるためには、今以上にベンチャーに資金が流れる仕組みを整備すべきでしょう。■引っ越し片づけのお手伝いに高槻へ出かけた。

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

:はとバスをV字回復させた社長の習慣

20121009 社員のやる気は、社長の本気度を見て、動く。
大商講演会「はとバスのⅤ回復」を受講した。
■4年連続の赤字や70億の借入金により、倒産寸前だった「はとバス」を、一気に回復させた奇跡を起こした社長の8つの実践。
■この習慣が、「瀕死の会社」を「最強集団」に変えた
1 最初に目標を宣言する
2 目標はシンプルにする
3 朝一番で現場に行く
4 組織を逆ピラミッドにする
5 社内でのNGワードを決める
6 お客さま第一主義を徹底する
7 苦情には社長自ら万年筆で返事を書く
8 「選択と集中」よりも「絞り込み」
■都庁出身の経営者が、挫折と失敗から身につけたリーダーの鉄則
●1年でできないものは、4年経ってもできない
●背伸びして届くようでは、目標とはいえない
●入社3年のバスガイドに教えられた、サービスの神髄
●「100-0=200」算数では間違いだが、サービスの世界では正解
●本社の冷暖房が効いた部屋では、いいアイディアは浮かばない
●「自分は特別」という意識が赤字を招く
●トップに立つ者は24時間、常に「中腰」。すぐに動ける状態にしておく
●リーダーは「ろうそく」であれ。自ら身を削り、周囲を照らす存在に
■関連WEB:はとバスをV字回復させた社長の習慣

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

山中教授にノーベル賞(医学生理学賞)

体育の日。朝の散歩は八軒家浜からNHKまで。運動不足だ。■ 長寿の条件は「運動、生き甲斐、食事」の三つ。
■嬉しいニュース。 山中伸弥教授が今年のノーベル医学生理学賞を賞受賞。おめでとうございます。■ 日本人で19人目の受賞者。思いやりのある素敵な山中さん。■ iPSの特許も人類のために独占せず 奈良の清和小学校の出身、大阪教育大学の付属中学、高校、整形外科、ーー息子たちとも縁があり、親しみを感じます。■ 今となっては、10日開催の京都でのiPSのセミナーを申し込みし なかったことを悔やみます。山中先生が挨拶される予定ですが。
■関連WEB:奈良の清和小学校
■関連WEB:iPS細胞

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

「大阪ウオーク2012」

「大阪ウオーク2012」のゼッケンを付けた方々が熊野街道を元気に歩いて行かれました。
■30kmの『大阪の歴史探訪コース』は
大阪城西の丸庭園→生國魂神社→四天王寺→住吉大社→長居公園→大念佛寺→御勝山古墳→三光神社→大阪城西の丸庭園
■20kmの『大阪のにぎわい探訪コース』は
大阪城西の丸庭園→生國魂神社→四天王寺→住吉大社→長居公園→大念佛寺→御勝山古墳→三光神社→大阪城西の丸庭園
■10kmの『上町台地コース』は大阪城西の丸庭園→高津宮→生國魂神社→真田山公園→三光神社→大阪城西の丸庭園
■5kmの『上町台地コース』は大阪城西の丸庭園→越中井→聖マリア大聖堂→玉造稲荷神社→大阪城西の丸庭園

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

幼稚園の運動会

S20121006_3 S20121006_8 好天に恵まれ、奈良学園前の幼稚園の運動会があり、孫2人の応援に出かけました。

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

大阪のロボット技術

毎日インテシオ3階にある大阪工業大学大阪センターでの「淀川モノづくりフォーラム~知恵と工夫のモノづくり~」に参加した。
■基調講演「わが社のモノづくり理念」㈱サクラクレパス・代表取締役社長・西村貞一氏
■パネルディスカッションのパネリストは下記の方でした。
電波工業㈱・代表取締役会長・横畠洋志氏
マッスル㈱・代表取締役・玉井博文氏
■マッスル㈱は上海万博で人気を集めた日本産業館外壁に張り巡らされたパイプを手足でしっかりつかみながら昇り降りする3体のロボット。■そのロボットを開発したのは、大阪市のモータメーカー、マッスルです。■日本産業館のデザインプロデューサー、喜多俊之さんから「日本のハイテクを象徴するロボットをぜひ作ってほしい」と依頼を受け、マッスル・玉井社長の呼びかけに、「世界的なイベントにかかわれるなら」と大阪府内の14社が採算度外視で結集し、わずか3カ月の納期に“突貫”で間に合わせた。■大阪のロボット技術を世界にアピールするまたとない好機となった。

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

100歳までボケず、元気に生きる101の方法

20120918 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2672012.10.1.doc」をダウンロード   してご覧ください
☆起きてすぐ50度くらいの「白湯」を飲む――白澤卓二「100歳までボケず、元気に生きる101の方法」(三笠書房)
☆相手を知ることから人間関係は始まる――梅原純子・心療内科医「幸福力――幸せを生みだす方法」(潮10月号)

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

日本近代の画期をなす「岩倉使節団」

20121007_4 アマゾンへ2冊の本を注文しました。
"岩倉使節団『米欧回覧実記』 (岩波現代文庫) 田中彰,
  "特命全権大使 米欧回覧実記 (4) (岩波文庫)"久米 邦武
■「岩倉使節団」は明治初年に米欧諸国を回覧した文明視察団です。そしてこの旅には「米欧回覧実記」という見聞録が残されています。そこには、明治人がいかに真剣に西洋文明を見、考え、その原理まで洞察したかが描かれています。632日にわたった岩倉使節団の大旅行の精細な記録で、随員の一人久米邦武が編纂したものです。■使節団の主目的は友好親善、および欧米先進国の文物視察と調査であったが、各国を訪れた際に条約改正を打診する副次的使命を担っていた。■岩倉使節団は訪問した国々をよく観察し、未来を推測していたと思います。 とても興味深い内容のようです。 イタリアが出てくる4巻から読むことにします。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

なぜ、あの会社は儲かるのか 

20121002 東京出張の帰途、秋葉原のヨドバシカメラでテレビ&パソコン対応外付ハードディスクを購入しました。■大商夕学は早稲田大学ビジネススクール教授・山田英夫氏の「ビジネスモデルのイノベーション」でした。山田先生が示めされている異業種にあるヒントの一例。
1)スターマイカ社、
賃借人が住んでいるマンションを売買する「オーナーチェンジ」に特化した不動産事業である。
2)コマツのKOMTREXは富士ゼロックス社の「マネージド・プリント・サービス(MPS)」と似ている。
3)楽天のバスサービス、ホテルの稼働率向上策として活用されていたレベニューマネジメントを、楽天トラベルが、バスの稼働率アップ策に転用したものである。 
4)ブリヂストンのリトレッド(再生タイヤ事業) 
GEの航空エンジンと同じで、製品を売り切らずに低価格とする代わりに、メンテナンス契約で長く稼ぎ続けるモデルである。
■関連WEB:なぜ、あの会社は儲かるのか ビジネスモデル編

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

レトロな東京駅丸の内駅舎が開業

10月1日は地球温暖化対策税(環境税)や厚生年金保険料の引き上げ、食品(輸入小麦や食用油、乳製品)の値上げがあります。■日雇いを含む30日以内の短期派遣が原則禁止になります。■コーヒ―の日、コーヒ―3R宣言■約5年半の工事を終え、1914年創建時の姿に復元されて、今日東京駅丸の内駅舎が開業しました。■縮小する家電量販市場の競争が激化しています。業界2位のビックカメラは女性客をどう集客するか? 新しい試みをしています。■「新宿三越アルコット」跡に9月27日からユニクロとビックカメラの共同店舗「ビックロ」を開業し、見学しました。■業界首位のヤマダ電機は「住宅も売る」というビジネスモデルを展開中■1日にエディオンがデオデオなどの店名を「エディオン」に一本化しました。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »