« 『本当のこと』を伝えない日本の新聞 | トップページ | 紛争予防のために就業規則を見直そう、改正高年齢者雇用安定法施行前に »

2012年11月27日 (火)

平成25年ユアサ32会は「心が元気になる旅・伊勢志摩」

平成25年ユアサ32会の旅は「心が元気になる旅・伊勢志摩」を計画しています。
■1日目:伊勢市駅12.55集合
伊勢神宮・外宮・内宮参拝とおはらい町&おかげ横丁
宿泊先:鳥羽市相差町民宿 なか川
■2日目:海女と漁師」のまち「相差(おうさつ)町」
 昼食は相差かまどの海女小屋、鳥羽駅15時解散

■関連WEB:お伊勢さんの歩き方
■関連WEB:「お伊勢さん」観光案内人
■関連WEB:お伊勢さん観光ガイドの会(伊勢観光協会)
■江戸時代、お伊勢参りの旅は庶民のあこがれ。    
■神宮では現在、「第62回式年遷宮」に向けて、さまざまな行事が進められています。式年遷宮とは、20年に一度、社殿を建て替え、神様に新宮にお遷りいただき、神のみずみずしい力の永遠祈る神宮最大・最重要の神事。「大神嘗祭」ともいわれ、1300年の昔から連綿と続けられてきました。遷御(神様のお引っ越し)が行われるのは、平成25年の秋。いよいよカウントダウンが始まっています。

相差町民宿 なか川 
大女将と女将の2人は現役の海女。だから素材の鮮度は折り紙つき!2人が獲ったアワビや伊勢海老、カキなどを自家製野菜とともに、主人が真心こめて調理いたします。素材の味を生かした漁師宿ならではの海鮮料理をたっぷりと味わって下さい。

|

« 『本当のこと』を伝えない日本の新聞 | トップページ | 紛争予防のために就業規則を見直そう、改正高年齢者雇用安定法施行前に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。