« なぜ、あの会社は儲かるのか | トップページ | 管理者のための「行動観察」入門 »

2012年11月 7日 (水)

会社の教科書として使えるプロセスベースのマニュアルとその構築方法

大阪国際会議場での平成24年度「中小企業経営診断シン ポジウム」に参加しました。
■午前はコニカミノルタホールディングス株式会社取締役会議長の太田義勝様による「経営統合による 事業強化」と題した基調講演が行われました。
■午後は 
K社成長戦略を支援するマトリクスの三位一体手法
   -企業診断の「見える化」・「ストーリー化」・
   「メッセージ化」の提言-
                   太田恵太郎(大阪府中小企業診断協会)
■新規事業開発にホームページを活用し経営革新を実現
   した事例~BtoB市場におけるWebマーケティング~
              遠藤 康浩(東京都中小企業診断士協会)
■  匠な工場から巧みな営業へ
   ~営業力強化による工場の町の経営革新~
                齋藤 信幸(東京都中小企業診断士協会)
■16時からの第31 回ISO 情報交換会では
「プロセスベースのISO 統合マニュアルの構築理論と事例」
  MIC 品質/環境主任審査員 副田武夫
今回は、会社の教科書として使えるプロセスベースのマニュアルとその構築方法をご紹介いただきました。

|

« なぜ、あの会社は儲かるのか | トップページ | 管理者のための「行動観察」入門 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。