« 社員はなぜ、危機感を持たないのか | トップページ | 理念の徹底 »

2012年11月12日 (月)

明智光秀-『信長公記』と『川角太閤記』-

織田信長と豊臣秀吉の時代は日本史の中でも最も興味深い。■この両者の間に明智光秀がいる。光秀は優れた武将であり、行政官であり、文化人であった。この時代を記録する『信長公記(しんちょうこうき)』『川角太閤記(かわすみたいこうき)』から光秀の周辺を解説された。
■講師:帝塚山学院大学・鶴崎裕雄・名誉教授
■明智光秀-『信長公記』と『川角太閤記』-
■関連WEB:ウィキペディア「明智光秀」
■関連WEB:「あの人の人生を知ろう~明智 光秀
■関連WEB: 松岡正剛と千夜千冊の歌第七百三十九夜:伊地知鉄男『連歌の世界』

|

« 社員はなぜ、危機感を持たないのか | トップページ | 理念の徹底 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。