« 正岡子規と奈良 | トップページ | 社員はなぜ、危機感を持たないのか »

2012年11月10日 (土)

異文化コミュニケーションの秘訣

大阪産業大学・吉田淳一教授の「大阪の近代建築とステンドグラス」と関西大学・八島智子教授の「異文化コミュニケーションを考える」のセミナーを受講した。
■異文化コミュニケーションでは
・五感を使ってコミュニケーションする
・言語・非言語の両方を補完しあって使う
・「それとなくにおわせる」や「以心伝心」はだめ、ことばで表現する。
・きちんとルールを説明する。なぜそういうルールが必要なのかも丁寧に説明
・相手にわかってもらいたい、相手をわかろうとする気持ちが何より大事
・違和感を感じた時が異文化理解を深めるチャンス
■八島先生は「日ごろの訓練で始まる。大阪と東京、男と女、年齢の違い、職業の違う人など、いろんな意味で自分と異なる人とのコミュニケーションを続けること。これが異文化コミュニケーションの秘訣なのです」と結ばれた。

|

« 正岡子規と奈良 | トップページ | 社員はなぜ、危機感を持たないのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。