« 健康生きがいづくりアドバイザー養成講座 | トップページ | なぜ、あの会社は儲かるのか »

2012年11月 5日 (月)

いろんな人と出会うことは素晴らしい

20121105 「リヤカーマン 世界を歩く-くじけず・ゆっくり・一歩ずつ-」、さいかくホールでリヤカーマン・永瀬忠志さんの講演を聴いた。■これまで踏破した国は27カ国、その距離は地球一周分以上の46000㎞となった。■言葉も分からない土地で、荷物を積んだリヤカーを引いて何千㎞と歩く。先を見るとやたら長く感じ、歩くのが嫌になってしまう。旅の途中はとにかくつらくてやめたい一心。■過酷な旅を続ける理由は自分でもよくわからない。■でも必ず助けてくれる人がいる。「もし何かあったら連絡してくれ」その一言に勇気づけられる。ただ、いろんな国へ行き、自然とふれあい、いろんな人と出会うことは素晴らしい。また、チャレンジしようという気持ちも湧いてくる。■1日40㎞なら10日間で400㎞歩ける、「これくらいなら自分にできる」という目標を持って、一歩ずつ、一歩ずつ着実に歩いていって欲しい。少しずつやっていくと、いつか必ず大きな目標は成し遂げられる。
■関連WEB:リヤカーマンのでっかい地球!大冒険 ( テレビ東京)
■関連WEB:リヤカーマン アンデスを越える―アタカマ砂漠、アンデス山脈越え1000キロ徒歩横断
■関連WEB: リヤカーマン アフリカを行く―歩いてアフリカ大陸横断11000キロの大冒険

|

« 健康生きがいづくりアドバイザー養成講座 | トップページ | なぜ、あの会社は儲かるのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。