« 自然な音声で文章を読み上げます | トップページ | 目標設定で「明るい明日」切り開こう »

2012年12月31日 (月)

経営において最も大切なこととは?

20121230 パトリック・レンシオーニ 著「ザ・アドバンテージ なぜあの会社はブレないのか?
■経営において最も大切なこととは? 「組織の健全性」である。組織の健全性は、政治の組織においても同様です。
■組織の健全性を獲得する方法
少人数のリーダーシップ・チームをつくり、各メンバーが弱みを見せることで、結束力を高める。
■その上で、以下の6つの質問に対する明確な答えを見つけて、組織に浸透させることが必要である。
①我々はなぜ存在するのか?
②我々はどうふるまうのか?
③我々は何をするのか?
④我々はいかにして成功するか?
⑤現時点で一番重要なことは何か?
⑥誰が何をするか?
■「ザ・アドバンテージ」では四つのプロセス―①経営陣の団結力、②組織の透明性創出、③透明性の浸透、④透明性の向上、をわかりやすく解説しています。
■大晦日、今回のブログで2585件目です。ブログを始めて8年目に入りました。以下はこれまでの大晦日の記事です。
■関連WEB:2011年12月31日 (土)ブログ
■関連WEB:2010年12月31日 (金)ブログ
■関連WEB:2009年12月31日 (木)ブログ
■関連WEB:2008年12月31日 (水)ブログ
■関連WEB:2007年12月31日 (月)ブログ
■関連WEB:2006年12月31日 (日)ブログ
■関連WEB:2005年12月25日 (日)ブログ

|

« 自然な音声で文章を読み上げます | トップページ | 目標設定で「明るい明日」切り開こう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。