« La萌Dieのクリスマスコンサート | トップページ | 毎朝五分、前向きに未来について祈る »

2012年12月17日 (月)

アジアにいるという幸運

20121217hyoshi 決して自民が「勝者」とは言えない 。第46回衆院選は自民党が公明党とあわせ、総定数の3分の2である320を上回る議席を獲得、地滑り的な勝利を収めた。
民主党は解散前勢力を激減させ、歴史的な敗北を喫した(日本経済新聞17日の社説より)。
■日経ビジネス12.17号の特集は「沈まぬアジア、『景気失速』のウソ」と「特集 東京から本社が消える ~アジアや地方へ、一極集中の終焉~」です。
■様々な経済指標からみれば、中国は既に悪化に歯止めがかかったと判断できる(29頁)■アジアで最も期待を集めるのがインドとインドネシアだ。■分厚い若年層と広い国土、資源を持つ両国の成長はこれから。■快適な暮らしを求めようとするアジアの熱意に揺るぎない。■現地では短期の減速感をものともせず、貪欲に事業を伸ばす姿があった(31頁)

|

« La萌Dieのクリスマスコンサート | トップページ | 毎朝五分、前向きに未来について祈る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。