« 2050年 シミュレーションと総合戦略 | トップページ | リスクの定義の変化 »

2012年12月 6日 (木)

グローバル時代における企業戦略と人材活用

大商の <再考!グローバル人材>『グローバル時代における企業戦略と人材活用』 フォーラムに参加しました。
■円高の長期化、新興国の台頭はじめ国際競争が激化する中で、世界を舞台 に活動する企業はもとより、活動範囲を国内に限定する企業にとりましても、 グローバルに影響を受ける時代となっています。■こうしたなか、グローバル人材の必要性が叫ばれておりますが、グローバル 人材の定義は一定ではなく、その活用や育成についてはまだまだ検討の 余地が残されています。
■基調講演:『グローバル時代に生き残る経営戦略』
   ~まずはグローバルな企業ビジョン・戦略を語れ~:秋元 征紘 氏
■パネル・ディスカッション
『英語だけが指標ではない。グローバル人材を発掘、活用、育成せよ』
「グローバル時代を生き残る人材とは」                             
「グローバル時代に活躍する人材の見える化」
「国内でも活躍するグローバル人材の活用」                            
「グローバル人材育成のための研修」
■第325回NHK上方落語の会は桂春團治の「子ほめ」ほかでした。
■カンブリア宮殿はカトープレジャーグループ社長加藤 友康氏の「大人気うどん店から豪華リゾートホテルまで これが大繁盛店のつくり方だ!」■大きな器が特徴のうどん店「つるとんたん」ほか■現在、全国にレストラン・ホテル・旅館・劇場など30以上もの施設を運営。年商130億円。

|

« 2050年 シミュレーションと総合戦略 | トップページ | リスクの定義の変化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。