« 湖岸の女王、コハクチョウ | トップページ | 動物園から緑のまちづくりへ »

2012年12月25日 (火)

グローバル人材の幻想

20121224 グローバル人材の幻想 、「採れない」「育たない」「活かせない」のなぜ。
日経ビジネス12.24-31年末合併号の特集です。
■海外事業展開を加速する日本企業が、慢性的な人材不足から抜け出せない。■他国の言語や文化、風土を理解し、卓越したリーダーシップを発揮して、世界中で事業を切り拓いていく──。そんなグローバル人材がいないのだ。
■日本人社員への様々な育成研修や、外国人の登用拡大など、施策は打っている。■だがそれらのほとんどは、何ら確たる成果を生み出せてはいない。私たちには一体、何が欠けているのか。■まずはグローバル人材にまつわる幻想を見つめ直すところから始めよう。
■日本企業を覆う3つの幻想、周回遅れの人材育成
幻想1 機会を与えれば人は育つ
幻想2 海外人材ならいつでも採れる
幻想3 うちは人材を活かしている
■OKYとは、「O(おまえが)K(来て)Y(やってみろ)」の略語。 .
■清華大学 学生座談会 「日本企業、選ぶ理由ない」 .
■「国境」なき人材活用へ ここまで、踏み込め .
■八木 洋介[LIXILグループ執行役副社長 人事総務・法務担当]に聞く 優秀な人材を抜擢するGE流組織に .
■グローバル人材育成、10年の計 “本社”こそ抜本改革

|

« 湖岸の女王、コハクチョウ | トップページ | 動物園から緑のまちづくりへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。