« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

海の幸の宝庫、相差の伊勢えびの夕食

S20130131_2





伊勢志摩は、海の幸の宝庫。「伊勢えび」「浦村かき」などが旬を迎える美食シーズン。■相差にある海女の民宿「なか川」は、伊勢えび2匹、車えび2匹ほか食べきれないご馳走でした■平成25年秋に予定しているユアサ32会はお伊勢参りです。
■参拝のあとの夕食の宿の選定中です。本日は相差、民宿なか川に宿泊です。
■関連WEB:相差、民宿なか川
■関連WEB:三重県 新浜島温泉 プレミアリゾート 夕雅 伊勢志摩   
■関連WEB:浜島温泉、大江戸温泉物語 伊勢志摩
■関連ブログ:ユアサ32会は「心が元気になる旅・伊勢志摩S20130131

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

給油所の廃業

2月危機、給油所の廃業で生活に欠かせない燃料供給網が寸断しかねない事態です。■2012年度中に閉店するとみられる全国のガソリンスタンドの数は、過去最多となる2,000を超えています。■その背景の1つには、消防法の改正によって、老朽化した地下タンクの改修が義務づけられたことがあります。■改修期限が1月31日、多額の費用がかかるために、廃業に追い込まれる。■マイカー離れや燃費向上によるガソリン販売量の減少、店舗間の価格競争激化と今回の燃料タンクの改修義務等で経営難からさらに廃業が続くでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

英語との付き合い方

中高年層「英語化」で悩む。1月29日の日本経済新聞・夕刊の記事より紹介します。
英語から遠ざかっていた人はもちろん、英語力がある人でも思わぬ手間やストレスに悩んでいる。2カ国語の資料作成で「手間」。社員育成ストレス。
■ストレスを減らす英語との付き合い方
・英語力とコミュニケーション力は違うことを認識する
・仕事の話は数字や図を活用すれば伝わる
・笑顔や会釈で伝えられることもある
・こつこつと学習量を積み上げる
・日本語で得た知識も英語理解の助けになる

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

中国大気汚染

中国大気汚染、ポスト中国の世界経済。午後から風邪のため,やすみました。
北京のスモッグは共産党独裁への脅威:ニューズウイーク日本版1.29(21ページ)より
■とばっちり大気汚染も韓国は意外に平気?:ニューズウイーク日本版1.29(22ページ)より
■経済と環境は両立できるのか:ニューズウイーク日本版1.29(36ページ)より
病人続出・屋外授業とりやめ 中国、大気汚染影響広がる(1月16日付・朝日新聞デジタル
中国大気汚染 成長至上主義の限界露呈した(1月18日付・読売社説)
▼経済成長至上主義で環境対策を軽視してきたツケと歪(ゆが)みをさらけ出したといえるだろう。▼中国の各都市で大気汚染が深刻化している。▼工場の排煙や自動車の排ガスなどに含まれる直径2・5マイクロ・メートル以下の微小粒子状物質(PM2・5)が1立方メートル当たりの観測値で、北京で一時、基準値の10倍以上、世界保健機関(WHO)指針値の40倍近くに達した。▼PM2・5は肺の奥まで入り込み、ぜんそくや気管支炎、肺がんを発症させる物質だ。これを含んだ濃霧が発生し、呼吸器疾患の患者が急増した。視界不良により交通機関にも大きな影響が出た。▼上海の日本人学校では、屋外活動が中止になるなど、在留邦人の生活も脅かされている。看過できない甚大な環境汚染である。▼日本は中国に対し、環境問題の重要性を粘り強く訴え、中国が日本の公害対策のノウハウを活用するよう働きかける必要がある。(1月18日付・読売社説より

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

自主防災関連の体験行事

S20130128_4
北大江地区まちづくり実行委員会では、一時避難所である北大江公園で、大阪国際女子マラソンの日に「あったか北大江まち祭り」という手づくりイベントを実施されました。
■中央区役所と中央消防署の協力により自主防災関連の体験行事も開催された。
▼連合振興町会所有のポータブル発電機の試運転、
▼かまどベンチの展示、
S20130128_3


▼可搬式ポンプと防火水槽の説明と使用体験、
▼非常食(中央区役所提供)の試食、
▼エア消火器体験、
▼煙中避難体験、
■寒い一日でした。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

携帯電話を世界の市場に売り込もう

朝から風邪気味、ヨガの後に内科へ行く予定でした。ヨガのレッスンを終えたら、不思議です、ヨガの効果でしょう、鼻水、咳が治まりました。
■14時からの図書館ビジネス講座は「会計情報の数字の見方」
■追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催土曜セミナーは最終回。今日のテーマは「日韓モバイル通信サービス市場における消費者意思決定要因の比較」
■日本と韓国において、携帯電話を始めとするモバイル通信サービス市場はすでに飽和状態に至り、熾烈な競争状態に置かれている。■一方、端末機の高機能化と通信サービスに対する利用者ニーズの多様化が急速に進んでいる。■両国における通信ビジネスは、モバイル通信ビジネスにおいて、未来的に向かっていくべき戦略的方向性が強く求められている。■日本と韓国のモバイル通信利用者の意思決定構造比較すると、「日本の利用者は携帯電話のデザインで選ぶ、韓国では携帯電話のメーカーの信頼性で選ぶ。日本はもっと自信をもって携帯電話を国際市場へ売り込むべきだ」と朴修賢先生が結ばれた。
■関連WEB:携帯通信サービス市場における消費者行動意図に. 関する研究
■関連WEB:平成22年版 情報通信白書
■関連WEB:データに見る通信市場

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

内部監査

201301181


さいたま市内でISO9001の内部監査指導でした。
成人の日に積もった雪がまだ残っていました。
■帰途、埼京線の車窓から見える夕映えの富士山が美しいです。

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

沸騰!東南アジア 

週刊エコノミストISO9001導入先へ今回製品含有化学物質管理を含むISO4001を構築し統合システムとします。その1回目の打合せ。
■夜、東京へ移動。明日はさいたま市内で内部監査指導です。
■Newsweek1.29号は「中国を卒業する世界経済、ポスト中国の世界経済」を特集。輸出不振、高齢化、環境破壊ーーー。終焉を迎え始めた中国の神話。世界経済はどこへ向かう■「ボーイングこけてエアバスほくそ笑む?ライバル社の新型機B787のトラブルでエアバスが得する理由」。■エアバスが787の対抗機として開発中の中型機A350は、今年の夏に初飛行が予定されている。A350は電力供給をバッテリーに依存するボーイング機とは異なり、多くの重要なシステムに関して2基のエンジンからの電力を使用する仕組みになっている。だがA350の電気システムの一部には、ボストンで起きた787型機の発火事件で問題になったリチウムイオン電池が使われている。(16ページより)
■週刊エコノミスト1月29日号 の〔特集〕は「沸騰!東南アジア いま世界が注目する成長センターASEAN」です。

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

体重は健康のバロメーター

健康体重とは、医学的に最も病気にかかりにくいとされる体重です。■BMI(Body Mass Index)は体格指数です。■専門家の研究によると、BMIが22である時が1番病気にかかりにくく、死亡率が低いと言われています。身長から、自分の適正体重をわかります。
BMI(22)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
       ↓
健康体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
■関連WEB:体重は健康のバロメー​タ
■関連WEB:「適正体重」(医師会)
■関連WEB:BMIと標準体重の計​算式
■関連WEB:健康体重計算
■関連WEB:通信機能付き歩数計 歩数計

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

コンセプトが企業を変える

夕学五十講は「タニタの経営論~世界初・家庭用体脂肪計、タニタ食堂 誕生秘話を交えて~」。
講師は㈱タニタ総合研究所・代表取締役所長・谷田大輔さん
■コンセプトが企業を変える
・「体重計」ビジネスから「体重」ビジネス、「健康」ビジネスへ 
・体重計のメーカーが体脂肪計を開発するまで? 
・世界一になった開発から販売にいたる経緯! 
・タニタの社員食堂がどうして出来たか?
■タニタの社員食堂のコンセプトを忠実に再現したメニューを提供する「丸の内タニタ食堂」は丸の内3-1-1 国際ビル B1Fにあります。メニューは500kcal定食レシピです。
■関連WEB:慶應MCC「夕学五十講」楽屋blog
■関連WEB:「丸の内タニタ食堂」
■先日の人間ドックの検診結果は肺野異常陰影の疑いがある。午後、扇町のラジオロジークリニックの胸部CT検査で異常なし。ひとまず安心。
■関連WEB:ラジオロジークリニック
■関連WEB:講師紹介・谷田大輔
■関連WEB:谷田大輔オフィシャルサイト
■関連WEB:『変革の瞬間、赤字会社が世界のトップに』叢文社
■関連WEB:からだカルテSHOP
■関連WEB:歩数イベント

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

「持たざる国」日本のエネルギー革命の始まり

日経ビジネス2013年1月21日号は「シリーズ 動き出す未来(3) エネルギー国富論」です。
■エネルギー危機に見舞われる日本列島。危機が好機を生むと。日本が編み出した超省エネの知恵と技術は、今後世界で1700兆円の富を生む。需要家として革新を呼び起こすことが
「持たざる国」日本のエネルギー革命の始まりだ。
■週刊ダイヤモンドの特集は「倒産危険度ランキング」
Part 1 大企業から壊れる! ドミノ危機の正体
“シャープ依存”の末期症状 下請け破綻
Part 2 判明!倒産危険度ワースト40
惨状から浮かぶ疲弊した本業と不正の横行
■週刊東洋経済の特集は「65歳定年の衝撃」
今年4月から改正高年齢者雇用安定法が施行される。
企業は希望者全員を「65歳まで雇用」しなければならない。
雇う側と雇われる側、それぞれどんな対策を取るべきか。

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

社員全員の”総幸福”をめざす

「 社員全員の”総幸福”をめざす」、NHKラジオ深夜便午前4時台の〔明日へのことば〕は電設資材会社経営 山田昭男さんのお話でした。
■未来工業株式会社の取締役相談役・山田昭男氏
■資本金:7,067百万円
■社員数:780名
■創業年:1965年
■年商:219億円
■業種:電気設備資材、給排水設備およびガス設備資材の製造販売             
■スイッチやコンセントの裏に取り付ける「スイッチボックス」で国内シェア8割を占める。
■1日の労働時間7時間15分、年間休日約140日、定年70歳、作業服自由、
■「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)」は禁止。
■営業ノルマ、残業一切禁止という、「ヘンなきまり」の中での高収益確保と社員の幸せの両立の仕方とは?
■「常に考える」という企業理念を元に、延べ500件を超える特許件数、年間「約14,000件の社員提案件数を生み出す人事制度上の仕組みとは?
■関連動画、未来工業創業者 山田昭男氏/インターネットみらい塾1-1
■関連WEB:未来工業株式会社
■関連WEB:「明日へのことば」のストリーミングサービス

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

トルコ視察から学ぶグローバル人材育成

午後、ユニコン1月例会で発表しました。
■ユニコン会は今から41年前の昭和47年5月に設立されました。■当時、ちょうど中小企業診断士の試験制度ができ、本会は中小企業診断士となった後の自己研磨の場として出発しました。■『ユニバーサル・コンサルタント』という発想から、”ユニコン会”という名称が生まれました。
■関連WEB,ユニコン会
■と き  平成25年1月19日(土) 13:00~16:00
■ところ  梅田阪急ビルオフィスタワー26階貸会議室 7号
■タイトルは 「トルコ視察から学ぶグローバル人材育成」
■目次
1)昨年のトルコ・ドバイ視察(2012.8.19—27)
 OTOKAR、トヨタ紡織、トルコ中小企業の視察
2)地域大国トルコの位置づけ
 トルコ共和国と日本の関係
 トルコ革命とパレスティナ分割
3)トルコ大躍進の7つの理由
 トルコ語は日本語と似ている
■関連動画、トルコが親日国の理由
4)ドバイは世界一を目指す
5)グローバル人材とは?
 グローバル人材育成策は?
■誕生日のメッセージありがとうございます。
■きょうの誕生日の花と花言葉。
19日の花は、ヒガンバナ科のクンシラン。
花言葉は、貴い、望みを得る。(NHKラジオ深夜便より)
■もうひとつの誕生日の花は「コンロンカ(崑崙花)、花言葉は神話。
1月19日生まれ人はこんな性格
感情豊かな人ですが、それをストレートに出す人ではありません。冷静な判断力を持ち合わせていますので、穏やかな笑顔や落ち着いた身のこなしといったコントロールのきいた形で表現します。いわゆるオトナの人で、余程のことがないかぎり取り乱すことはないでしょう。おしゃれへの関心も高く、垢抜けたセンスの持ち主が多いのもこの生まれの特徴です。
■ブログ:研修も空洞化 人材育成はシンガポールで
■ブログ:グローバル戦略を実現する人材育成
■ブログ:グローバル人財の育成策は
■ブログ:グローバル時代における企業戦略と人材活用
■ブログ:2050年 シミュレーションと総合戦略
■ブログ:グローバル人材の幻想
■ブログ:グローバルな環境で力を発揮できる人材の条件とは?
■ブログ:グローバル人材育成の課題
■ブログ:なぜ、日本企業は「グローバル化」でつまずくのか
■ブログ:未来創造の中心となる人材の育成

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

内部監査員養成研修

今日は、さいたま市内で内部監査員養成研修を実施しました。
■JRの南与野駅ホームから富士山が綺麗に見えました。

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

言葉の花束「プラスαの魅力」

20130117


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2722013.01.15」をダウンロード   してご覧ください
☆ いまでも新しいチャレンジをするように心がけています――山中伸也「山中伸也先生に、人生ips細胞について聞いてみた」(講談社)
☆ 原発事故の避難留学生受け入れに涙――石井英朗・東国際大学前学長「てい談 福島の再生、日本の未来」から(第三文明)
■今夜のホテルはホテルメッツ田端です。ホテルの玄関は北側のため、まだ雪が残っています。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

環境保全優良企業視察

環境保全優良企業視察の企業は次の2社でした。
リマテック㈱堺SC工場、朝日プリンテック堺工場。
■リマテック㈱堺SC工場
「亜臨界水処理法による廃棄物の再資源化技術の開発」など廃棄物の新規リサイクル処理技術の開発に取り組んでいます。
■亜臨界水とは
水の温度・圧力を374℃、22MPa以上まで上げると、水(液体)でも水蒸気(気体)でもない状態となります。この点を水の臨界点といい、臨界点より上の領域を超臨界水と呼びます。臨界点よりもやや低い近傍の領域を亜臨界水と呼びます。亜臨界水の特徴は、有機物の溶解作用と強い加水分解作用があります。この亜臨界水の性質を利用することで、環境にやさしい廃棄物の再資源化が可能です。
Ss20130116


■朝日プリンテック堺工場
新聞社の説明を聞いたあと、夕刊印刷の様子を見学。高速輪転機や刷り上がった新聞を各地の販売所へ発送する現場などを見学した。■紙面に編集されたデータを自動的にアルミ板に焼き付けて紙面の大きさの刷版を作ります。刷版を高速輪転機に取り付けて印刷する。高速輪転機は40ページの朝刊だと、1時間に最高5万部を印刷することができます。
■関連WEB:リマテック㈱堺SC工場
■関連WEB:朝日プリンテック堺工場

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

トルコ視察から学ぶグローバル人材育成

1月19日のユニコン1月例会のスピーカーをすることになりました。本日、当日のレジュメ配布資料が出席予定者数分を準備できました。
■タイトルは 「トルコ視察から学ぶグローバル人材育成」
■目次
1)昨年のトルコ・ドバイ視察(2012.8.19—27)
 OTOKAR、トヨタ紡織、トルコ中小企業の視察
2)地域大国トルコの位置づけ
 トルコ共和国と日本の関係
 トルコ革命とパレスティナ分割
3)トルコ大躍進の7つの理由
 トルコ語は日本語と似ている
4)ドバイは世界一を目指す
5)グローバル人材とは?
 グローバル人材育成策は?

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

家族の絆

S20130114_1


S20130114_11


三連休の最終日14日は成人の日、東京は大雪のニュース。天王寺動物園行きは中止し、孫は日本橋の電気街で電気パーツの買い物。ざうおでの家族の新年会。東京や奈良から集まり楽しいひとときを過しました。健康な一年でありますよう語り合った。
■関連WEB:ざうお
■ブログ:家族新年会2012.1.07
■ブログ:家族新年会2011.1.15
■ブログ:家族新年会2010.1.11
■ブログ:家族新年会2009.1.17
■ブログ:家族新年会2008.1.12
■ブログ:家族新年会2007.1.13

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

交通事故死を減らす規格ISO39001

「自動車事故・死傷事故を減らす規格ISO39001」をアイソス2月号で特集しています。13日の朝日新聞社説によると■昨年1年間に交通事故で死亡した人(事故後24時間以内)は、一昨年より201人少ない4411人だった。■12年連続の減少で、戦後まもない1951年ごろの水準まで押し戻したことになる。■「交通戦争」といわれた70年に比べると、4分の1にまで減少した。■交通事故死者をさらに減らすには、まず高齢者対策が重要となる。■死者数全体に占める65歳以上の割合は昨年51.3%と、過去最高を記録した。■すでに導入している高齢者向け交通安全講習などを一段と充実させる必要がある(朝日新聞社説2012.01.13)

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

中国・韓国にどう向き合うべきか

長期の正月休みで身体が固くなっているのをリフレッシュするため,本日のヨガ教室は盛況でした。午後の第971回武藤記念講座は上智大学名誉教授 渡部昇一氏の「我国は中国・韓国にどう向き合うべきか」。武藤記念ホール会場は講演開始30分前で満員、辛うじて最後部席に座れた。■歯切れよく、とてもわかりやすいお話でした。■中国との関係では、毅然としてアメリカと行動をともにすることが重要。日米がきっちり連携すること。■南京大虐殺、従軍慰安婦の問題は中・韓両国民の歴史についての誤解と無知によるものと説明された。

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

未知なる市場を拓く

1月08日放送のガイアの夜明け第548回は 「ニッポンの生きる道」第8弾 未知なる市場を拓くでした。■人口が減少し、今後は国内消費の伸びに期待できないニッポン。■日本企業は今、経済が勃興する新興国のマーケットに舵を切り始めている。■未知の市場を狙う日本企業もある。どこよりも早く、真っ先にその市場を開拓。そんなパイオニア精神にあふれた企業の活動を特集していました。
■中東の女性たちを魅了せよ!・・・無印良品
■"肉食大国"カザフスタンに肉まんで挑む...ミニストップ
■アフリカの子どもたちを感染症から救え・・・サラヤ

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

製品含有化学物質管理

20130107


「商売繁盛でササ持ってこい」の今宮戎神社「10日戎」が本戎を迎え、福笹をもった方々が多く見られた。■製品含有化学物質管理を含むISO4001構築を早急にしたいと支援依頼を受けた。■中小企業診断士の第107回 ISO研究会に参加しました。■本日の勉強会は「製品含有化学物質管理について」と「ISO9004の輪読」でした。
■関連WEB:今宮戎神社の歴史
■関連WEB:中小企業のための製品含有化学物質管理実践マニュアル【入門編】(第1.0版)

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

宇宙エレベーター

20120726_2


現在、高さ世界一であるアラブ首長国連邦(UAE)
ドバイのブルジュ・ハリファ(828メートル)。それをしのぐ高さが、サウジ西部ジッダで高さ1キロメートル超の世界
最高層ビル「キングダム・タワー」の建設中です。
■さらに上を目指す開発が宇宙エレベータです。赤道上空約3万6000キロメートルの静止軌道にある衛星から長いケーブルを
地上に垂らし、これを使って昇降機を上下させ、地上と宇宙を往復する乗り物。
■鋼鉄の20倍以上の強度を持つ炭素繊維
「カーボンナノチューブ」のケーブルを伝い、30人乗りのかごが、
高度3万6000キロのターミナル駅まで1週間かけて向かう計画という。

▼関連WEB:宇宙エレベーター(中小機構)                         

▼関連WEB:「宇宙エレベーターの物理学」                              ▼関連WEB:ブログ2012.07.26宇宙エレベ-ター                                  

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

歯科技工所のISO9001

歯科技工所のISO9001の一次審査に立ち合いました。■歯科技工所が発展し永続していくためには、歯科技工技術の革新と技能のレベルアップを図ることが大切である。■新たな歯科診療所をいかに開拓するか。また、取引先の歯科診療所からの評価についても確認が重要である。■品質マネジメントシステムの8原則、全員参画による継続的改善が求められます。
■関連WEB:大阪府歯科技工士会
■関連WEB:『日本歯技』学術優秀論文
■関連WEB:日本歯科技工所協会

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

COP18概要と評価



早朝から大手前病院の総合健診を受け、午後はCOP18の結果の報告会に参加しました。■カタール・ドーハで11月26日(月)から12月8日(土)にかけて開催された国連気候変動枠20130107cop組条約第18回締約国会議(COP18)及び京都議定書第8回締約国会合(COP/MOP8)で交渉にあたられた方の生の報告でした。■COP18では 日本は、25%減公約に触れず、日本は京都議定書さらに、自国で決議した京都議定書の延長に関しても参加を拒否し、他国から批判を受けた。■日本はといえば、“歴史的”とされた京都議定書を主導した姿は見る影もない。■09年、当時の鳩山由紀夫首相が国際公約した「20年の排出量を1990年比25%削減」は、もはや達成不可能にもかかわらず、今回のCOP18でも公約を取り下げもしなかった。■11年度の国内排出量は10年度比3・9%増えた。国の新たな削減対策を早急に構築するとともに、新枠組みの国際交渉にどう臨むのか、新政権は待ったなしの状況に置かれている。
■関連WEB:大手前病院
■関連WEB:COP18の結果について(環境省)
■関連WEB:COP18概要と評価

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

言葉の花束

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2722012.12.15」をダウンロード   してご覧ください
☆「人にしてもらう生き方」ではなく、「人にしてあげる生き方」をする――曻地三郎「106歳を越えて、私がいま伝えたいこと」(こう書房)
☆優れたユーモアのセンスは心の成熟の証拠――トーマス・T・バール 日野原重明 監訳「100万人100歳の長生き上手」(講談社)

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

舞子ビラ

経営再建中の「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」は明治海運が引き継ぐことになった。
4月からスタートさせる予定です。
■関連WEB:公募の「舞子ビラ」ホテル事業 明治海運に決定 兵庫
産経ニュース2012.12.21
■関連WEB:経営再建中の「舞子ビラ」明治海運が事業引き継ぎ

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

マウリッツハイス美術館展

S20130104


神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展」は長い行列でした。お目当てはフェルメール作「真珠の耳飾りの少女」ほかです。
博物館から元町まで散策。明石大橋の見えるシーサイドホテル舞子ビラ神戸の有栖川で夕食をいただき宿泊。
■関連WEB:神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展」
■関連WEB:シーサイドホテル舞子ビラ神戸
■関連WEB:有栖川宮と舞子ビラ神戸の歴史

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

真珠の耳飾りの少女

明日「真珠の耳飾りの少女」に会いに出かけます。6日で終わりです。
■神戸市立博物館「マウリッツハイス美術館展
■「トルコを知るための53章」の主な内容です。
2013010353 Ⅰ 古代トルコを掘る/撮る
・第1章:東西文明の接点―国境があって国境のないアナトリア高原;
・第2章:古代都市の遺跡群―考古学者だけが世界的発見をしているわけではない ほか
Ⅱ オスマン帝国の興隆(
・第9章:神々の世界から、一神教の世界へ―アナトリアのキリスト教化とイスラム化;
・第10章:コンスタンティノープルの征服―東地中海世界、再編成へ ほか
Ⅲ 帝国の改革と社会の変容
・第20章:西洋化の嚆矢チューリップ時代―国情を反映した花
・第21章:小説『モンテクリスト伯』のモデルは誰か?―18~19世紀前半のオスマン帝国における地方勢力の台頭 ほか
Ⅳ 生活と文化、多彩な系譜
・第29章:トルコ人の価値観―人と社会の底流にあるイスラム
・第30章:イスラムと食文化―しかし、酒も飲める ほか
Ⅴ 激動の政治経済と国際関係
・第40章:トルコでのビジネス事情―日系企業ビジネスマンの観点から
・第41章:トルコ経済、激変の10年―リスク大国からの変貌 ほか

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

ミャンマー、バングラディシュの企業視察

今年はミャンマー、バングラディシュ、フランスの企業視察から元気をいただきます。
工業経営研究学会グローバリゼーション研究分科会の海外企業視察は8月20日頃からミャンマーの予定です。
■工業経営研究学会全国大会工場見学は8月30日(金)
■工業経営研究学会全国大会は8月31日(土)--9月01日(日)、大阪市立大学で開催の予定です。
■今年夏、近鉄阿倍野店は「あべのハルカス近鉄本店」として新しく生まれ変わります。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

目標設定で「明るい明日」切り開こう

S20130101 明けましておめでとうございます。
今日はこの言葉が日本中を行き交っていることでしょう。 正月がめでたいのは、気分新たに幸せが来そうな気がするから。マンションの大修繕は新年から始まります。管理組合の互例会で新年のあいさつ。初詣は大阪城公園内の豊国神社へ。
▼新年の新聞各紙のメッセージであるトップ記事は以下です。
■朝日:ビリオメディア、つぶやき、歩き、声拾った、沖縄の基地
■日経:世界の5割経済圏、2050年GDP8倍、日本、ネジ巻き直そう
■読売:TPP機密海外流出か、農水省にサイバー攻撃
■毎日:福島・福井6町、人件費原発に依存、3割超交付金頼み
■産経:胆管がん労災認定へ
▼新年の社説
■朝日:『日本を考える』を考える
■日経:目標設定で「明るい明日」切り開こう
■読売:政治の安定で国力を取り戻せ、成長戦略練り直しは原発から
■毎日:骨太の互恵精神育てよ
■産経:長期安定政権で国難打破を(年のはじめに)
▼まず大事なのは目標を定めることです。
▼どんな国家、どんな企業にしようとするのか、どのように経済を立て直していくのか、どんな社会を作っていこうとするのか---という思いの共有が求められる。
▼私たちそれぞれも、どのように行動するかの目標設定が求められる。▼ 生活の張り合いは確固たる目標を立てることから生まれる。▼三浦雄一郎さんは今年春80歳のエベレストへ登頂の夢・世界記録実現へ。
▼フラワーデザイナーの山下光江さんは3年間かけて、日本人でただ一人「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」の会場の花の装飾を担当することにたどりついた。▼その新年恒例「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート2013」生中継を観賞した。▼ウインナーワルツやポルカの名演▼ワグナーやベルディも!▼「美しく青きドナウ」「ラデツキ―行進曲」ほか、指揮はフランツ・ウエルザー・メストさん▼特等席で至福の時間を過ごした。
■最近7年間の元旦ブログの記事は下記です。。
■関連WEB:2012年1月 1日 (日)ブログ「上向きの『昇竜』の年に
■関連WEB:2011年1月 1日 (土)ブログ「多くの人との出会い、夢を描き、明るい方向へ
■関連WEB:2010年1月 1日 (金)ブログ「あけましておめでとうございます
■関連WEB:2009年1月 1日 (木)ブログ『企業の環境新時代と循環型社会の探求
■関連WEB:2008年1月 1日 (火)ブログ「低炭素社会を目指して
■関連WEB:2007年1月 1日 (月)ブログ「謹賀新年
■関連WEB:2006年1月 1日 (日)ブログ「笑門来福

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »