« 社員全員の”総幸福”をめざす | トップページ | コンセプトが企業を変える »

2013年1月21日 (月)

「持たざる国」日本のエネルギー革命の始まり

日経ビジネス2013年1月21日号は「シリーズ 動き出す未来(3) エネルギー国富論」です。
■エネルギー危機に見舞われる日本列島。危機が好機を生むと。日本が編み出した超省エネの知恵と技術は、今後世界で1700兆円の富を生む。需要家として革新を呼び起こすことが
「持たざる国」日本のエネルギー革命の始まりだ。
■週刊ダイヤモンドの特集は「倒産危険度ランキング」
Part 1 大企業から壊れる! ドミノ危機の正体
“シャープ依存”の末期症状 下請け破綻
Part 2 判明!倒産危険度ワースト40
惨状から浮かぶ疲弊した本業と不正の横行
■週刊東洋経済の特集は「65歳定年の衝撃」
今年4月から改正高年齢者雇用安定法が施行される。
企業は希望者全員を「65歳まで雇用」しなければならない。
雇う側と雇われる側、それぞれどんな対策を取るべきか。

|

« 社員全員の”総幸福”をめざす | トップページ | コンセプトが企業を変える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。