« トルコ視察から学ぶグローバル人材育成 | トップページ | 言葉の花束「プラスαの魅力」 »

2013年1月16日 (水)

環境保全優良企業視察

環境保全優良企業視察の企業は次の2社でした。
リマテック㈱堺SC工場、朝日プリンテック堺工場。
■リマテック㈱堺SC工場
「亜臨界水処理法による廃棄物の再資源化技術の開発」など廃棄物の新規リサイクル処理技術の開発に取り組んでいます。
■亜臨界水とは
水の温度・圧力を374℃、22MPa以上まで上げると、水(液体)でも水蒸気(気体)でもない状態となります。この点を水の臨界点といい、臨界点より上の領域を超臨界水と呼びます。臨界点よりもやや低い近傍の領域を亜臨界水と呼びます。亜臨界水の特徴は、有機物の溶解作用と強い加水分解作用があります。この亜臨界水の性質を利用することで、環境にやさしい廃棄物の再資源化が可能です。
Ss20130116


■朝日プリンテック堺工場
新聞社の説明を聞いたあと、夕刊印刷の様子を見学。高速輪転機や刷り上がった新聞を各地の販売所へ発送する現場などを見学した。■紙面に編集されたデータを自動的にアルミ板に焼き付けて紙面の大きさの刷版を作ります。刷版を高速輪転機に取り付けて印刷する。高速輪転機は40ページの朝刊だと、1時間に最高5万部を印刷することができます。
■関連WEB:リマテック㈱堺SC工場
■関連WEB:朝日プリンテック堺工場

|

« トルコ視察から学ぶグローバル人材育成 | トップページ | 言葉の花束「プラスαの魅力」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。