« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

大阪城公園の藤棚



  • 20130501_220130501


    大阪城公園, 南西角の藤が綺麗に咲いています。

| | コメント (0)

2013年4月29日 (月)

世界で一番美しい元素図鑑

20130429


「世界で一番美しい元素図鑑」は孫へのプレゼントです。
元素の純粋状態、用途、使用例を美しい写真で掲載した118元素の解説書です。
■関連WEB:世界で一番美しい元素図鑑

| | コメント (0)

2013年4月28日 (日)

大阪城の桐の花

20130428


大阪城の石垣に育った桐の花が見ごろです。桐が少なくなり、残念です。
下段S20110504_4の写真は2年前の写真です。
■関連WEB:ウィキペディア「キリ

| | コメント (0)

2013年4月27日 (土)

大阪は元気です!「グランフロント大阪」オープン

S20130427_10


S20130427_16


S20130427_24


大阪は元気です! ■JR大阪駅北側の再開発地域うめきたの複合商業施設「グランフロント大阪」が昨日26日、グランドオープンしたので午後、ZARA HOME、パナソニックセンター、無印良品、Tabio、近畿大学水産研究所などを見学した。■三菱地所や阪急電鉄など12社が参画した大阪・梅田の「北ヤード」再開発事業で、266店舗が出店する商業棟をはじめ、情報発信・交流の場「ナレしている。■商業施設部分は、店舗面積が約4万4千㎡と、都心の駅に面した商業施設としては日本最大級。■初年度に来場者2500万人、売上高目標は400億円(2014年3月末まで)。売り場面積の規模を考えると目標設定はやや控えめ。■梅田地区はすでにオーバーストア気味で、「グランフロント大阪」の開業によりさらに競合が激しくなる。■参画企業の1つである阪急電鉄は既存の商業施設と競合するのではなく、「新規顧客を開拓する」方針。3―5年という中期的な観点でリピーターの創出に力を入れるという。■グランフロント大阪の商業施設の坪あたり賃料は月6~8万円と周辺の相場の倍と言われる。

| | コメント (0)

2013年4月26日 (金)

ラジオ体操は効率のよい全身運動

S20130426_1


20130426


6.30から大阪城でのラジオ体操です。■ラジオ体操第一は13の動きにより構成されていますが、その一つ一つが健康増進のために計算し尽くされた動きであり、ポイントを押さえて正確に行えば、加齢によって衰えがちなバランス感覚、瞬発力、敏捷性などを養うメニューも組み込まれており、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動で構成された効率のよい全身運動です。
■関連動画:DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操(動画あり

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

経営品質向上のツールとして効果を発揮

朝から全員明るい声が響き渡っています■昨年10月、ISO9001のキックオフ。今日の二次審査で改善の機会2件。■これまでの親会社及び主要顧客との事業環境で培ってきたマネジメントシステムの考え方を積極的に勉強され、経営品質向上のツールとして効果を発揮しつつあります。■データ分析も蓄積されつつあり、経営ツールとしての成果が期待されています。S20130425_26

| | コメント (0)

2013年4月24日 (水)

わくわくフェイスブックのすすめ

20130424


101歳の日野原重明先生の「わくわくフェイスブックのすすめ」をお奨めします。
■関連WEB:日野原重明先生のフェイスブック
■関連WEB:日野原重明・著『小学館101新書 日野原重明の
「わくわくフェイスブックのすすめ」』

■関連動画:日野原重明・著『小学館101新書 日野原重明の
「わくわくフェイスブックのすすめ」』

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

温暖化対策のISO50001の導入を

20130423iso50001_


地球温暖化対策の国際協力体制「ポスト京都議定書」に対しての日本の取組が明確ではありません。原子力発電所がほとんど稼働せず火力発電への依存が高まるため、CO2排出が増えるのはやむをえないが。省エネは重要である。すべての産業や家庭、交通でもう一段の省エネに取り組むことが求められる。■ISO50001は事業者がエネルギー使用に関して、方針・目的・目標を設定し、計画を立て、手順を決めて管理する活動を体系的に実施できるようにした仕組み(これを規格では‘組織のEnMS’という)を確立する際に必要な要求事項を定め、全ての組織に適用できる世界標準の規格です。■4月23日現在ISO50001の日本の登録認証企業数は29件(日本適合性認定協会の情報)、3月時点の世界の登録認証企業数は 1,247件で1位はドイツで616件。■10社のISO 50001認証取得事例が資源エネルギー庁サイトで紹介されています。■資源エネルギー庁サイトではISO50001導入事例10社を紹介しています。10社中、4社がビル管理業です。自社でまず EnMS運用を浸透させ、顧客対応へ生かせようとするその意気込みを感じます。■ビル管理業の中には、管理会社であるため、同社自身が省エネ法の特定事業者の指定は受けていないので、顧客からは、省エネ及びコスト削減の要望が常にあり、EnMSの運用により、得られたノウハウを利用して、顧客のニーズに応えることが可能になり、また、電気、ガス、水道等のコスト削減のためのコンサルティング力の向上にもつながることを期待しています。
■関連WEB:アイソス日記: ISO 50001アーカイブ - 中尾優作
■関連WEB:ISO50001とは
■関連WEB:病院における省エネルギー実施要領
■関連WEB:ISO50001適合組織検索(日本適合性認定協会)
■関連WEB:ISO 50001認証取得事例10社(資源エネルギー庁サイト)
■関連WEB:ISO50001「エネルギーマネジメントシステム」基本知識と導入法

| | コメント (0)

2013年4月22日 (月)

桜の通り抜けもフィナーレ

S20130416_6


大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」もフィナーレです。■午前中の入場者数は1万人超。累計入場者数は70万人くらいでしょうか。妻も東京から来た友人と出かけました。■写真は天満橋から見える鯉のぼりです。
■関連ブログ:16日桜の通り抜け
■関連WEB:桜の通り抜けの最新ニュー20130422

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

治療がうまくいく人、元気になれる人は、「患者になりきれる」人

20130403


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2802013.4.15.doc」をダウンロード してご覧ください
☆治療がうまくいく人、元気になれる人は、「患者になりきれる」人――天野 篤・心臓外科医、順天堂大学医学部教授「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)
■心臓外科医としてこれまでに6000人以上の命を救った順天堂大の天野篤教授。■2012年2月に天皇陛下の心臓手術を執刀しましたが、執刀医が東大病院の医師ではなかったことが世間を驚かせました。■3浪して日大医学部に入った落ちこぼれ医師が、天皇陛下の執刀医に選ばれたのはなぜか?■その理由がわかる、著者初の単行本!「一途一心、命をつなぐ」です。
■関連WEB:天野 篤「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

必ず良い点を見つけて褒めて「やる気」を引き出す

20130418


「人は褒めて育てろ」と言います。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」という山本五十六元帥の名言もあります。■往々にして私たちは人の悪い点はよく見えて、叱りがちです。■しかし良い点を見つけて褒めることで、その人を伸ばすことができるのです。■「製造業で役立つ「しくみ」の話 ~ベテランISO審査員81のホンネ~」のP144より

| | コメント (0)

2013年4月19日 (金)

全員参画

20130419


田端駅前のホテルから見た「E5系はやぶさ」と「E6系スーパーこまち型」のお出ましです。■出社時の社員の皆さんの声がとても明るい。■朝礼を覗いた。皆さんがリーダーの今日の予定、注意事項を頷きながら聞いていた。■全員が一致団結して取り組む様子を見た。S20130419gwj

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

「ビジネスに対するリスク」を管理するISMS

S20130418_2


S201304187


東京でISO/ICE DIS27001の概要のセミナー(JICQA)を受講しました。■ポイントは9.1の要求事項の「組織がセキュリティ計画にて計画し、目的(目標)管理を実施し、その結果を踏まえた、測定可能な指標を定めてパフォーマンス評価を行い、その結果が改善の機会につながるというマネジメントシステムのPDCAサイクルの主体的な設計・運用が求められる」の対応がポイントですね。■管理すべきなのは、ビジネスに対する影響の大きさを考え、それを改善していくことによって商品・サービスの安全を確保したり、商品・サービスを取り巻く情報を管理することで、お客様から信頼を得る。それを侵すものがリスクであり、情報の価値や組織に与えられた社会的な期待、責任の大きさや、発生の可能性を総合的に考えねばなりません。■ISO9001と統合する場合は、セキュリティ計画により信頼性を向上させ「顧客満足の向上を目指す」、ということで共通化すると効果的です。■本日の桑蓬会は後藤さんの「ピーチに乗ってソウルまで」、夕学は「日本一のチームをつくる~組織改革と、モチベーションアップによる~」。いずれも残念ながら欠席でした。

| | コメント (0)

2013年4月17日 (水)

アベノミクス第二幕を読む

昨日16日の夕学講座は経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元氏の「アベノミクス第二幕を読む」でした。■山崎元氏は、いまはまだバブルではないが、バブルが起きやすい条件が備わっていることは間違いない。1986年頃によく似ているという。バブルが起きてもまったく不思議ではない。■株価の妥当性を推量するための山崎式判断基準は、ブログ:第191回 山崎式「株価の高低判断法」に詳しく記述されています。ご覧ください。
■関連ブログ:現状は1986年に似ている 山崎元さん
■関連ブログ:第191回 山崎式「株価の高低判断法」
■関連WEB:黒田日銀の「目標株価」を推測する

| | コメント (0)

2013年4月16日 (火)

桜の通り抜け

S20130416_16


S20130416_6


S20130416_21


大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」。130周年の記念の年。春のフィナーレです。「今年の花」は「天の川」です。 「桜の通り抜け」は台湾からの観光客が多いですね。場内放送も英語、中国語、日本語です。■私がかぶっているレッドソックスの帽子を見つけたボストンから来た方と一緒に記念写真におさまりました。■今朝、ボストンマラソンで爆破事件、大変なことが起こりました。■大阪市立美術館(天王寺公園内)で、いま「ボストン美術館、日本美術の至宝」を開催しています。
■関連WEB:特別展「ボストン美術館、日本美術の至宝」(大阪展

| | コメント (0)

2013年4月15日 (月)

萌える新緑

S20130413_5


S20130413


S20130413_9


6時から大阪城公園へ。ラジオ体操です。萌える新緑が綺麗ですね。
午後は八尾の企業でコンサルティングでした。

| | コメント (0)

2013年4月14日 (日)

中小企業診断士の会 桑蓬会(そうほうかい)のご紹介

中小企業診断士の会 桑蓬会(そうほうかい)のご紹介です。「2013.04.13桑蓬会入会案内ちらし.docx」をダウンロードしてご覧ください。
【特徴】
1.特定テーマに絞らず自由なテーマで相互研さんする研究会
2.所属支部を問わない研究会(現会員:大阪、兵庫、奈良、京都など)
3.月例研究会325回(30年間)も続いている息の長い研究会
4.企業内診断士が退職後プロコンになるための道場として活用されている研究会
5.企業内診断士、プロコン、中小企業経営者など誰もが参加できる研究会 (中小企業診断士以外の資格や経営者の立場で参加されている方もおられます)

【ビジターとして参加を希望される方へ】
○開催日時:毎月第3木曜日 18:30-20:30(1時間:報告、1時間:話し合い)後の懇親会は自由参加 
○月例研究会開催場所:エル大阪6階608号室 裏面に地図があります
・6月は総会のため、月例研究会は土曜日開催、14:00-16:00(エル大阪6階602号) 
○ビジターとして参加したい方は、事前に下記連絡先までご連絡ください。
・入会するかどうかの意思決定は1~2回ビジターとして参加されてからで結構です。
・ビジター参加費は不要です。会員になると、半年3,500円の会費となります。
○連絡先    小泉國茂(2013年度桑蓬会会長) 
TEL/FAX:072-687-3994
Mail:poponana@da2.so-net.ne.jp
内池 滋:中小企業診断士のブログ(桑蓬会会員)

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

中小企業診断士の新入会員歓迎フェスタ

S20130413iso


淡路島を震源とする最大震度6弱の地震発生、大阪城でのラジオ体操、ヨガ教室のあと午後は、中小企業診断士の新入会員歓迎フェスタに参加しました。■ISO研究会と中小企業診断士技術向上研究会の説明を担当しました。■特にマネジメントシステム規格の共通化の動きとリスクマネジメント規格への対応などを説明した。■午後7時から大和高田市へ。■本日の歩数は15129歩でした。

| | コメント (0)

2013年4月12日 (金)

ISO27001改訂最新情報

ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)が、2013年10月に改訂される予定です。
■BSIジャパン大阪のセミナーで、ISO27001のDIS(ドラフト版)の解説を中心に、ISO27001改訂最新情報の説明を聞きしました。 マネジメントシステム規格の共通化(付属書SL)とリスクマネジメント規格ISO31000:2009への対応。付属書A(管理目的と管理策)は管理策の数が133から113へ。
■次回の受講予定は下記です。
5月13日(月)・14日(火)情報セキュリティマネジメントシステム導入実践コース(BSI東京)
5月24日(金)「ISO/IEC 27001改訂(DI​S版)解説コース」(BSI大阪)
S20130412_1


■16時からニューオータニホテルヘ移動し、「外国人技能実習制度20周年記念セミナー~魅力あふれるインドネシア~」に参加しました。インドネシアはアジアでは一番の親日国で、しかも人口が多い国で市場として大変魅力があります。
■関連WEB:公益財団法人国際人材育成機構(アイム・ジャパン)
■関連WEB:外国人技能実習制度
■関連WEB:ブログ「インドネシア」4月8日
■関連WEB:インドネシア(外務省の情報)
■関連WEB:インドネシア(ジェトロ)

| | コメント (0)

2013年4月11日 (木)

大阪城天守閣前のラジオ体操

S20130411


久しぶりに大阪城天守閣前の広場でのラジオ体操会へ参加しました。身体全体を動かす運動で気持ちがいいですね。■本日はデスクワーク、歩数は9569歩でした。
■関連WEB:よくある質問:ラジオ体操の効用に関すること

| | コメント (0)

2013年4月10日 (水)

「楽しい会社」改造計画

ウオルト・ディズニーを目指せ、こうして従業員を笑顔にする。
1)仕事に誇りはある?
意識改革のために「日本一」を掲げる。目線を上げることで、仕事に向かう社員の姿勢に変化が表れる。
2)想像力を広げてる?
ディズニーランド研修で、「ディズニーから学べることを30個を見つけよ」という宿題が課す。社員が自ら考える仕組みを作る方が、確実にサービスの向上につながる。
3)仕事の意義は何だ?
仕事の意味と価値を深く考えることを従業員に求めている。
4)何でも楽しんでる?
堅苦しくなりがちな勉強会も楽しくアレンジする。働くことが苦痛ではなく楽しいものであるという労働感を、従業員に持たせること。
■日経トップリーダー4月の「楽しい会社」改造計画、P.44より。

| | コメント (0)

2013年4月 9日 (火)

インテリジェンスとは

20130410


大商夕学講座は手嶋龍一さんの「インテリジェンスで読み解くアジア半球」でした。■「インテリジェンスの本質とはなにか」■インテリジェンスとは、「膨大な一般情報(インフォメーション)から、情報の原石を選り抜き、真贋を確かめ、分析を加え、全体像を描き出す」と手嶋さんの定義を説明された。■膨大な情報を分析し、将来予想される出来事を一つ一つ組み立ててゆく。精査・分析しぬかれた一級の情報が、国家の存亡を左右する。■日本は、G8で唯一対外情報機関を持たない国である。■TPPやRCEP(ASEAN+6)といった自由経済協定は、東アジアの安全保障問題、米国、中国の両大国の覇権争いの背景をもっている。
■関連WEB:『インテリジェンス 武器なき戦争』(幻冬舎)

■関連WEB:夕学五十講楽屋ブログ

| | コメント (0)

2013年4月 8日 (月)

多様性市場の攻略法

20130408


インドネシア、覚醒する「未完の大国」は日経ビジネス4月8日号の特集です。
■多様性市場の攻略法が役にたちます。
■常に変化を続ける多様性市場の、変化の「先」に大きな商機があります。

| | コメント (0)

2013年4月 7日 (日)

天下の台所・八軒家浜市

S20130407_1


S20130407_2


S20130407


春の嵐の到来で、第21回『天下の台所・八軒家浜市』の開催が危ぶまれましたが「京阪天満橋駅」裏の天満橋、川の駅「はちけんや」内にて、大起水産が主催する鮮魚市場「生・本まぐろ解体ショー」がありました。■美味しい寿司でした。

| | コメント (0)

2013年4月 6日 (土)

この国をいかに守るか

S20130406_5


S20130406_13


武藤記念講座第974回の演題は「この国をいかに守るか ― 国家安全保障体制の確立をめざして」。
■講師は京都大学名誉教授 中西輝政氏
■ 日本の現状は ①深刻な財政問題、②尖閣諸島を始めとした外交・安全保障問題、 そして③リーダーシップを欠いた日本の政治という 「三大危機」に翻弄されている。■今、この国の領土と安全が根底から脅かされています。■戦後長きにわたった憲法を始めとする、この国の安全保障体制の欠陥が、いよいよ究極的な形で現れてきたのが現下の「危機の本質」と言えるでしょう。いよいよ国家の存立を賭けた正念場が訪れているわけです。原点に戻って日本の国家安全保障のあるべき体制を考えてみよう。■もう一度は歴史を学び、外国へ日本の情報や日本の考えを発信することが何よりも大切です。
■関連WEB:中西輝政著「賢国への道―もう愚かではいられない」
■関連WEB:中西輝政著「日本人としてこれだけは知っておきたいこと」 (PHP新書)

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

桜のトンネル、八幡桜まつり(背割堤の桜)

S20130405_1


S20130405_6


S20130405_8


S20130405_17


木津川と宇治川が合流する桜の名所「背割堤地区の桜」は1.4KMにも及ぶ堤の両側に植栽され、豪華なピンクのトンネルでした。2009年の同じ日に訪れていますが、桜をみながらうぐいすの鳴き声が聞け、河川敷にはヨシ等が茂り、都市近郊では貴重な自然の宝庫です。
■関連ブログ:背割堤地区の桜2009.4.5

■関連WEB:背割堤の桜

| | コメント (0)

2013年4月 4日 (木)

伊勢神話への旅

S2013040432


いま伊勢神宮では、「第62回神宮式年遷宮」に向けての準備が着々と進められています。
■式年遷宮は、20年に一度、内宮・外宮の建物、御装束神宝のすべてを造り替えて神様にお引っ越しいただく最重要のお祭りで、1300年の長きにわたって受け継がれてきました。■遷御は皇大神宮(内宮)で10月2日、豊受大神宮(外宮)で10月5日に斎行されることにきまりました。■繰り返し再生することで、瑞々しい力の永続を祈る式年遷宮は、若々しい生命の輝きを求める日本人の精神の象徴。■常に若い心を持って明日に向かって行こうと、私たちに教えてくれているようです(伊勢神話への旅より)
■平成25年ユアサ32会の旅は「心が元気になる旅・伊勢志摩」。■日程は10月24日・25日に決まった。■ 伊勢志摩への旅行に行くなら、ぜったい「しまかぜ」だ。近畿日本ツーリストさんに「しまかぜ」とホテル手配とあわせて頼もう■宿泊先候補に伊勢参拝のあとは、答志島の「寿々波」があがりました。■次回の打合せの6月で最終プランを決定する。■ユアサ三二会の秋の伊勢旅行計画を片岡さんと、三重県関西事務所、近畿日本ツーリストのあと、阪急32番街29階ワインバーでランチをいただきながら打ち合わせました。
■関連WEB:観光特急「しまかぜ」ホームページ
■関連WEB:阪急32番街29階ワインバー
■関連WEB:寿々波(答志島)
■関連WEB:ブログ2013年3月4日

| | コメント (0)

2013年4月 3日 (水)

経験を思いやりに変える

20130403


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。
■「言葉の花束「2792013.4.1 (1).doc」をダウンロード
してご覧ください
☆経験を思いやりに変える――天野 篤・心臓外科医、順天堂大学医学部教授「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)
☆お願いごとの心得――一――松浦弥太郎「考え方のコツ」(朝日新聞出版) 
■心臓外科医としてこれまでに6000人以上の命を救った順天堂大の天野篤教授。■2012年2月に天皇陛下の心臓手術を執刀しましたが、執刀医が東大病院の医師ではなかったことが世間を驚かせました。■3浪して日大医学部に入った落ちこぼれ医師が、天皇陛下の執刀医に選ばれたのはなぜか?■その理由がわかる、著者初の単行本!「一途一心、命をつなぐ」です。
■関連WEB:天野 篤「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)
■関連WEB:松浦弥太郎「考え方のコツ」(朝日新聞出版

| | コメント (0)

2013年4月 2日 (火)

もうすぐ桜まつりお茶会です

20130406


S20130402_19


S20130402_20


S20130402_23


朝の散歩は中大江公園の桜です、満開。6日が桜まつりのお茶会です。今日は午後から雨のようです。

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

トルコ家庭料理

S20130401_5


4月1日、大川端の夜桜見物。天満橋を渡ったところにあるトルコ文化協会のレストランでトルコ家庭料理をいただきました。■シガラボレーい、タヴックシシ、クズソテー、ジャジュック、マントウ、トルコライス、エフェス・トルコビール、バクラヴアなど堪能しました。とても美味しい料理でした■ベリーダンスの練習風景を見せていただきました。こんなに近くでトルコの文化がいつでも味わえるのがとても幸せです。
S20130401_13


S20130401_9


■関連WEB:トルコ文化協

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »