« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

ワイシャツメーカーの海外展開

2013073120130731_2


20130731_3





8月に訪問するミャンマー工場の事前研究を兼ね、千曲市のフレックスジャハンさんの本社工場を見学させていただきました。■本社工場を見学のあと、長野駅近くで懇親会です。ミャンマー旅行について話し合いました。
■本日訪問のフレックスジャパン株式会社の会社案内です。
http://www.flexjapan.co.jp/about_flex.html
同社のメディア掲載情報
http://www.flexjapan.co.jp/media_7_22.html
お世話になり、ありがとうございました。
■日本の主なワイシャツメーカーの動向、主のメーカー名は下記です。
山喜株式会社
フレックスジャパン
CHOYA、土井縫工所、大阪シンコー
■トップの山喜株式会社 / 会社概要
http://www.e-yamaki.co.jp/yamaki/top3_gaiyou.html?=body_gaiyo.html
■トップの山喜株式会社 /『当社の現状と経営戦略について』
(2011.9.9取りまとめ) [PDFファイ)
http://www.e-yamaki.co.jp/yamaki/pdf/news_release_11_09_09.pdf
■山喜はバングラディシュ、フレックスジャパンはミャンマーの生産量が多い。
■フレックス直営インターネット通販サイト「プラトウ」
http://www.plateau-web.jp/
■ワイシャツの山喜・オフィシャル通販サイト
http://www.shirts.jp
■ 長野19.40発、名古屋22.42発のぞみで、大阪自宅に23.55に帰宅できました。

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

青山通り

20130730


20130730l


20130730_2


青山通りにある旅行社ピコに寄ってから、パテネットの事務所へ出社しました。青山通りには、電気自動車のテスラモーターズジャパンや映画配給会社 ギャガ㈱など有名な企業があります。■昼はうな重をご馳走になり、上野15.50発あさまで長野へ。善行寺さんへお参りしました。
■関連WEB:テスラモーターズジャパン
■関連WEB:映画配給会社 ギャガ

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

お世話になります

20130731


世話になりたくないと
気づかうより
お世話になりますと
頭の下がる方が
大切ではありませんか

(欣浄寺さんの掲示より)

| | コメント (0)

2013年7月28日 (日)

21世紀は「アメリカ+新興国」の時代だ

S20130727


SS_2





昨夜の雷雨、成田上空で40分旋回して、無事帰国。
■28日朝は、いつもの大阪城でラジオ体操、納豆の朝食のあと郵便局、書店へサイクリング。
■今回の旅は、妻の誕生日にシルク ドゥ ソレイユの「O」観賞とアメリカツアーでした。
阪急交通社企画の「全日空ビジネスクラス体験ツアーアメリカ西部大自然感動体験9日間」。■サンノゼを起点に、世界遺産2つを含む3つの国立公園を巡る旅4000KMでした。■ガイドさんは米国流通総研の主席コンサルタントの富永満氏。■ 富永さんから、米国のシェールガス、自然エネルギー、流通、外食市場、新幹線・交通等の最新情報や映画、IT動向など幅広いお話を旅の中でいろいろ教えていただいた。
■シェールガスの米国のほんの一部、「試掘しているところ」を車窓から見ただけですが、エネルギー革命がすでに始まっています。
■広大なアメリカは日本の国土面積の25倍。総人口では2.3倍。■生野菜が美味しく農業国の顔、エネルギーを輸出する米国、いずれにしても、21世紀は「アメリカ+新興国」の時代だと実感しました。

| | コメント (0)

2013年7月27日 (土)

全日空ビジネスクラスで帰国の途へ

S201307271


S20130727_55


S20130727


26日サンフランシスコのホテルをバスで9.00出発。
■今回のバス旅の総走行距離数は3958KM。
■サンノゼ13.05発NH-1075便。成田行き。
■出国手続き後、空路、全日空ビジネスクラスで帰国の途へ。
■飛行時間は約11時間5分、時差は+16時間。
■機内食は涙が出るほど美味しい。日本のビールも旨い。
■さすが顧客満足で人気のある全日空。
■雷雨、成田上空で40分旋回して、無事帰国。
■この日は両国の花火も中止。
■成田、伊丹間もビジネスクラスで快適でした。
■伊丹19.26着、伊丹から梅田までバス、梅田からタクシーで20.45帰宅。
お疲れさまでした。
■関連WEB:ボーイング787型機 ANAからのお知らせ​│ANA SKY WEB
■関連WEB:ANAビジネスシート(新造機ボーイング787-8型機)
■関連WEB:ANA全日空、9月から機内​食や寝具刷新

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

世界遺産ヨセミテ国立公園

S20130726_45


S20130726_53


S20130726_73


ビショップのホテルを8.00に出発し、一路、シェラネバタの山々を
眺めながら「ヨセミテ国立公園」へ。
■【感動体験8】世界遺産ヨセミテ国立公園観光。
アメリカで2番目に国立公園に指定されたヨセミテには、200種類以上もの鳥、アライグマ、リスなどの
動物が生息。切り立ったハーフドームは長年の風雪に耐えてきた貫禄を漂わせています。氷河が削り出した神秘的で
雄大な景観は「神々が遊ぶ庭」と称され、手つかずの自然が広がっています。
■今日の見どころ
▼トンネルビュー:ハーフドーム、エルキャピタン、ブライダルベール滝などの絶景を一望できる展望台
▼ハーフドーム:丸いドームを縦半分に切り落としたかのような自然の造形美に圧倒される
▼セミテ滝:3つに分かれる滝をあわせると、世界で5番目の高さを持つ。残念ながら水がありません。
▼エルキャピタン:花崗岩としては世界最大の一枚岩。世界中のロッククライマーがこの垂直の壁に挑む事を夢見ています。
■昼食はサンドイッチ、公園内のベンチにて
■観光後、サンフランシスコへ。
■サンフランシスコの夜景と中華ディナー
■1869年 旧会津藩の武器御用商人だったジョン・シュネルが、旧会津藩士ら約40名ほど(詳細な記録がないため不明)を連れ、明治政府に無許可でカリフォルニア州ゴールド・ヒルに移住、茶と養蚕を目的とした「若松コロニー」を作るが、わずか2年で頓挫。シュネルは逃亡、渡航した日本人は取り残されたが、詳しい消息が判明しているものはごくわずか。
■今日のバス総走行距離は約560KM。

| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

デスバレー国立公園観光とマンザナ収容所へ

S20130725_16


S20130725_34


S20130725


6日目の25日ホテルを8.00に出発し、長野県とほぼ同じ広さを持つ、全米最大の国立公園デスバレーへ。
■【感動体験7】デスバレー国立公園観光。
■観光と昼食後、マンザな収容所
■ビショップのホテルへ。
■本日のバス総走行距離は510KM。

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

大地のエネルギーに癒されるセドナへ

5日目の24日はホテルを8.00出発しセドナへ。
■パワースポットで癒しのパワーを体感。
■【感動体験6】セドナ観光
■ネイティブアメリカンに崇められるボルテックスとして知られる。
■ボルテックスパワーとは?
■ボルテックスとはラテン語で「渦巻き」を意味し、レッドロック~発せられる大地のエネルギーを感じられる場所を指します。そのな感じ方は人それぞれですが、究極の癒し効果を持ち、普段眠っている第六感を研ぎすますとも言われています。エアポートメサ、ベルロック。
■関連WEB:セドナの歩き方
■昼食は、当地名物メキシコ料理です。
ルート66を通過しました。
■車窓から.フーバーダム、ミーズ湖を
■ラスベガスのホテル「サーカス サーカス ホテル&カジノ」へ
■19.00から「イタリアンディナーとラスベガスレビューショー」
■ホテル&カジノでゲームを楽しむ

| | コメント (0)

2013年7月23日 (火)

西部劇そのままの風景(モニュメントバレー)

S20130723_39


S20130723_32


S20130723_78


S20130723_32_2


4日目の23日はホテルを午前6.30出発し、3つの感動体験へ。
■まずアンテロープキャニオンへ。
■【感動体験2】アンテロープキャニオン観光
■次はモニュメントバレーへ。
■【感動体験4】モニュメントバレー観光。
■バレードライブツアーで、巨岩を間近に見る西部劇そのままの風景です。
■映画「駅馬車」の舞台がそのまま残っています。
■昼食は先住民の郷土料理ナバホタコ(パン生地のタコス)を楽しみました。
■続いて、グランドキャニオンへ。
■【感動体験5 】世界遺産グランドキャニオン観光、夕日観賞。
■そのあと、ホテルへ。夕食は近隣のレストランへ。
■関連WEB:映画「ローン・レンジャー」日本では8月2日ロードショウー

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

「ホースシューベント観光」、ラスベガスからペイジヘ

S20130722_57


S20130722_64


S20130722_75


3日目の午前は7.40ラスベガスからペイジヘ(17.00)。
■火力発電所(石炭)3基が見える。
■【感動体験1】レイクパウエル観光。
■昼食は中華バイキング。
■【感動体験2】アンテロープキャニオン観光は15.00ごろ、洪水警報が出たので途中で引返す。
■【感動体験3】ホースシューベント観光。

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

成長するラスベガス

S20130721_20


S20130721_35


S20130721_45


21日8.00にフレズノのホテルを出発し、一路、西部の大平原を走り「砂漠の不夜城」と呼ばれるラスベガスへ。■途中、In-N-Out Burgerで昼食、アウレットでショッピング。■バス総走行距離は624KM■夜は個人的にシルク ドゥ ソレイユの「O」を最前列の席で観賞。、
■デトロイト市は破産。一方、現在アメリカのサンベ​ルト諸都市の中でドラス​ティックな人口増加を​続けている都市に​アリゾナ州フェニック​スやテキサス州のダ​ラス,サントアントニ​オなどがあげられてい​ますが、ネバダ州のラス​ベガスも近年目覚まし​い成長ぶりを示してい​ます。■ラスベガスはカジノの街とし​てアミューズメント性​ばかりがつい強調されが​ちですが、90年代に入​って月間5,000人​を超える人口増加は決​してカジノやホテルの​増加だけが影響してい​ると考えられません。■も​ちろんカジノやホテル​の増加はそのまま雇用需要の拡大として、サービス​業の従事人口は常​に不足状態を続けてお​り、他州から就業目的の移住も多く、またシ​ルバー層などリタイヤ​した人々が温暖な気候、風土と安価な​住環境求めて移転して​くるケースも大きな要​素です。
■関連WEB:In-N-Out Burger
■関連WEB:シルク ドゥ ソレイユの「O」
■関連WEB:ラスベガス- Wikipedia

| | コメント (0)

2013年7月20日 (土)

サンフランシスコとアルタモント・パスの風力発電

S20130720_48


S20130720_39


S201307211


S20130720


サンノゼ到着後、専用バスでサンフランシスコ観光と名物クラムチャウダー(魚介と野菜のスープ)の昼食。■サンフランシスコのシンボル、ゴールデンブリッジ、観光客で賑わうサンフランシスコ一の名所、フィッシャーマンズワーフ、ピア39、市内中心のユニオンスクエアを巡ります。■その後、フレズノのホテルへ。バスの総走行距離約450KM。■ガイドさんは米国流通総研の主席コンサルタントの富永満氏。
■サンフランシスコ市の人口は798,600人。■1776年サンディエゴから陸路北上してきたスペイン探検隊が天然の良港であったサンフランシスコ湾、ゴールデンゲート海峡を発見した。■1848年米墨戦争(アメリカ・メキシコ戦争)の結果カリフォルニア州はテキサス州他とともにアメリカ合衆国に割譲された。■1848年サンフランシスコの北東200KMのサクラメント郊外で川床から砂金が発見され有名なゴールドラッシュのきっかけとなる■ゴールドラッシュのなか、ガラガラ蛇から身を守るためにリーバイスのブルージーンズが生まれた■1849年ゴールドラッシュ、最初にできたのが銀行だ。バンク・オブ・アメリカの本店もサンフランシスコにある。
■1933年3月4日にフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任し、世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策がニューディール政策(New Deal)。■1933年にゴールデンゲートブリッジの建設は始まり、1937年に完成した■サンフランシスコの東にある風力発電の「アルタモント・パス・ウインドファーム」はハイウエイ580がその真ん中を横断する形で位置している。■2000年にデンマークの風力発電メーカーの工場見学に行ってきましたが、ここは世界最大の “風力発電所”でしょう、約5000基があるそうです。■ハイウエイ580を走る高速バスの両側の丘の上にありますが、バスの車窓から写真に上手く撮るのは難しいですが、圧巻です。
■関連WEB:アルタモント・パス地区の風力発電基地
■関連WEB:アルタモント・パス・ウィンドファーム関連Web
■関連WEB:3 ・ 11後 の エ ネ ル ギ ー 政策 - 関西電力
■関連WEB:アルタモント・パス・ウインドファーム
■関連WEB:カリフォルニア州 アルタモント・パス
■関連WEB:アルタモント・パスの風力発電風車
■関連WEB:サンフランシスコ - Wikipedia
■関連WEB: サンフランシスコ市内観光
■関連WEB:ゴールデンゲートブリッジ- Wikipedia

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

ボーイング787機と:ANAビジネスシート

S201307271


S20130727


成田・サンノゼ便は6月就航で、故障続発のB787機である。この12日ロンドンのヒースロー空港で停止中だったエチオピア航空のb787機が出火事故を起こしている。まだ原因は調査中。■本当にトラブルなしで大丈夫だろうか。無事に飛んで欲しい。
■楽しみなのは、今回の旅はANAのビジネスクラスのため、全席通路側で、シートがフル・フラットになって、背中、足を伸ばして寝れることです■伊丹、成田、サンノゼの各空港のラウンジで搭乗間際まで寛げる。有難い時空です。
■関連WEB:ボーイング787型機 ANAからのお知らせ​│ANA SKY WEB
■関連WEB:ANAビジネスシート(新造機ボーイング787-8型機)
■関連WEB:ANA全日空、9月から機内​食や寝具刷新

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

顧客心理の8段階とアプローチ技法

S20130718


S20130718_4


S20130718_2


年内に受審を希望されている製造業のISO9001の内部監査の実習指導でした。■今回の内部監査でISOが求めていることに対して、どの部分が理解できていないか、準備が不足しているかが概ね明確になったようです。
■桑蓬会は藤本さんの「顧客心理の8段階とアプローチ技法」の発表でした。■20.30から懇親会でした。■明日から27日までアメリカ旅行です。

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

一途一心とは

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■「言葉の花束20130718「2862013.7.15.doc」をダウンロード してご覧ください
☆一途一心とは、「ひたむきに、ひたすらに」ということ
☆「ピンチはチャンスの始まり」――天野 篤・心臓外科医、順天堂大学医学部教授「一途一心、命をつなぐ」(飛鳥新社)

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

フェイスブックの超活用術

20130716


「フェイスブックの超活用術!ビジネス編」セミナーに参加させていただき、大変いい勉強になり、ありがとうございました。
FaceBookぺ―ジ短縮URL設定、重要な投稿をタイムラインの上部に7日間固定する、グループ機能、予約投稿機能、広告を出す方法、日本で最もFaceBookで成功した企業例
satisfactionguaranteed
など、とても参考になりました。
■関連WEB:ITコンサルティング オフィース絵夢
■関連ブログ:ITコンサルティング オフィース絵夢代表者ブログ
■関連facebook:ITコンサルティング オフィース絵夢
■関連ブログ:「フェイスブック」ビジネス活用

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

”LifeTouch L”

S20130715_5


S20130715


S201307152


S20130715_3


NECのタブレット”LifeTouch L”の設定がようやく終わり、
テレビがどこでも見れるようになりました。
i-Padより軽いです。

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

伊勢神話と離島の旅へ

2013071432


平成25年 32会「伊勢神話と離島の旅へ」のご案内を会員へ発送しました。
▼暑さばかりが口に出ます昨今、お変わりなくお過ごしでしょうか。
▼いま伊勢神宮では、平成25年秋に行われる「第62回神宮式年遷宮」に向けての準備が着々と進められています。▼瑞々しい力の永続を祈る式年遷宮は、常に若い心を持って明日に向かって行こうと、私たちに教えてくれているようです。▼ご一緒にこれまでの無事を報告し感謝を捧げに、お伊勢さんへお参りしましょう。▼大自然に囲まれた伊勢神宮にお参りした後は、鳥羽の離島「答志島」で癒していただきます。▼答志島は伊勢志摩で一番の漁獲量を誇る漁師の島。伊勢志摩の幸を堪能し、25日は答志島の歴史・生活・風習などに触れる旅のあと海女小屋でバーベキューを楽しみ、日頃の疲れを癒していただければ幸です。

| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

シェール革命

20130716


日本経済をどうなるか? 参考になる一冊です。中原圭介著「シェール革命後の世界勢力図」。
■目次は
第1章 ひとり勝ちするアメリカ経済
第2章 これからの産業はがらりと変わる
第3章 復活のカギはデルレにある
第4章 デフレと不況はまったく関係がない
第5章 シェール革命で苦境に立つ資源国
第6章 世界経済はシェール革命で二極化する
第7章 日本はデフレでも景気回復できる
■世界経済のパワーバランスを大きく変えるといわれる「シェール革命」。新しい産業革命ガアメリカで起こる!中東、ロシアで増大する政変リスク!欧州経済を苦しめる三重bのバランスシート不況!中国では本当の「革命」が起こる可能性か!                         ■下記は「シェールガス革命」に関する情報です。http://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/shale_gas1.html
表-1 アメリカのLNG輸出基地建設許可の抜粋
図-1 日米欧の液化天然ガス(LNG)の価格推移
図-2 有機物の堆積層が含まれているシェールの写真
図-3 在来型天然ガスと非在来型天然ガス(タイトサンドガス、シェールガス、コールベッドメタン)の模式図
図-4 天然ガスの資源量トライアングル Masters (1979)による
図-5 シェールガス採掘のイメージ図
図-6 アメリカの天然ガス生産量の推移
図-7 アメリカの天然ガス生産量の推移、実績と予測
図-8 アメリカの非在来型ガスの生産推移
図-9A アメリカのシェールガスの産地
図-9B アメリカのエリア別シェールガス生産量の推移(最新情報)
図-10 アメリカの天然ガス価格の推移、実績と予測(縦軸は$/MMbtu)
図-11 在来型天然ガスとシェールガスの供給コストと可採埋蔵量の関係
表-2 アメリカの天然ガス生産量と消費量 (2009)
図-12 アメリカのソース別 Netの天然ガス輸入量の実績と予測 
図-13 北米の天然ガスの輸送網の概略図
図-14 アメリカの代表的なシェールガス田の生産量推移(平均)(

| | コメント (0)

2013年7月12日 (金)

ミャンマーとのビジネスを進める上で心得ておくべきこと

S20130712_2


「アジア・中華圏へ進出を加速する日系企業、そのグローバル経営戦略と直面する課題とは」(NEC iEXPO関西2013)と
『激動のミャンマー情勢の真実」(大商経済講演会)。
▼どうなる中国経済? どうなる中国ビジネス? アジア・ビジネス再構築
▼中華圏?APACの動向
▼チャイナプラスワンとしての可能性を探る。『激動のミャンマー情勢の真実」
▼ミャンマーとビジネスを進める上で心得ておくべきことや政治の歴史的な背景や経済について学びました。20130712



■関連WEB:ASEANが呼んでいる、あなたの会社にもチャンスあり(日経トップリーダー

| | コメント (0)

2013年7月11日 (木)

資源輸出国となるアメリカ

S201307112013


S20130711_12


S20130711_15


「NEC iEXPO関西2013」セミナーと診断士のISO研究会に参加しました。
■「人や社会のお役に立ててこそ、事業であり、企業である」中山哲也氏
「オープンジャッジシステム+評定コメント」制度に興味を抱いた。
トラスコ中山のキャリアステップ(研修)制度のHPです。
■「日本経済の行方 ~本格再生に向けた、これからの『キーワード』とは~」財部誠一氏
21世紀は「アメリカ+新興国」の時代、シェールガスで米国は資源大国。資源輸出国になる。
■「Life Touch Lビジネス向けモデル」が提案するこれからのビジネススタイル
■診断士のISO研究会は最近のISOの動向やISO9004の輪読でした。 

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

アメリカの大自然

地球46億年の歴史を体感する「アメリカの大自然」に触れる旅。
▼奇跡の惑星「地球」46億年の気の遠くなるような歴史をたどり育まれたアメリカの国立公園。
▼それは、「地質学の宝庫」とも言える国立公園。
▼人間の五感の尺度からはとんでもなくはみ出した「超大スケールの大自然」を肌で感じる。
■関連WEB:アメリカ大自然に行く「現地ツアー」
■関連WEB:アメリカの国立公園史
■関連WEB:国立公園写真集
■関連WEB:地球 奇跡の惑星
■関連WEB:地球誕生

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

コーヒー100円の「顧客争奪戦」激化

20130709


20130709cafe


セブンカフェは今年1月から全国展開を始めた、セルフ式のドリップコーヒー。わずか半年たらずで累計販売5000万杯を突破。初年度の販売数は4.5億杯となる見込み。▼コーヒー豆の調達は三井物産、焙煎はAGFとUCC上島珈琲。コーヒーマシン製作は富士電機、紙コップ製作は東罐興業、ブランドマネジメントは佐藤可士和氏。▼セブンカフェ購入者のうち2割がセブンカフェと一緒にサンドイッチや菓子パン、スイーツを買っていく。▼セブンカフェの1日1店舗あたり40杯のラインが損益分岐点のところ、現状ではその倍以上に当たる80杯以上を売り上げている(以上は週刊東洋経済 2013/07/13日号P38--40)
■日本は世界第4位の消費国。コンビニにとっては利益率の高いおいしい商材と言える。外食、流通、食品の業界を超えた「顧客争奪戦」が激化している。近くのケーキ店も持ち帰りで対抗しています。

| | コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

セブンの磁力

20130708


週刊東洋経済 2013/07/13日号の特集は
セブンの磁力」消費者もメーカーも引き寄せる力。
(日常をすべて取り込むアメーバ戦略)
・「セブンカフェ」の威力 
・PB開発に大手メーカーが続々 
・セブン銀行のネットワーク力 
〈原点を見つめ直した1500日のストーリー〉
「復活」は4年前に始まった
▼第2特集は「悩める韓国」
▼第3特集は「大衆薬に明日はない!?」

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

地上の天の川




20130707_3


20130707_2


七夕の夜、
天満橋周辺は
天神祭なみの
にぎわいです。
人々の祈りが光となって
”地上の天の川”が
出現しました。
20130707osakaamanogawa_2http://www.osaka-amanogawa.com/

| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

レジリエンス・ジャパン 日本強靭化構想

武藤記念講座は「今、何故「国土強靭化計画」か、その国家戦略的意味は?」
▼第二次安倍内閣の中心政策である「国土強靱化」。来るべき大地震への対応の他、震災復興やデフレ対策としての意味も持つ重要政策を、内閣官房参与(防災・減災・ニューディ-ル担当)として政府への助言者となった藤井聡教授に、その政策や理念を解説されるニコニコ動画やYouTyubuがあります。
▼昨日のニコニコ動画「藤井聡氏・国土強靭化レポートPart6「桜H25.7.5}」を見ていただくとよいでしょう。
▼藤井聡教授の著書は下記です。
■「強靭化の思想
■「経済レジリエンス宣言: 「強靭」な日本経済を求めて
■「レジリエンス・ジャパン 日本強靭化構想

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

ザッポスの奇跡

社員も顧客もともに夢を見る未来企業
S20130705


20130705


S20130705_2


「ザッポス」の史上最強の経営戦略について関西初講演!(大阪商工会議所)
▼年商2,000億円と社員の幸せを両立させたアメリカ通販企業ザッポスー・
▼対面販売のない通販企業でありながら、小売業界で世界最大規模である全米小売業協会による「顧容が選ぶベスト・カスタマー・サービス・アワード」で1位を獲得するなど、
全米で高い顧客満足度を誇る人気企業です。▼見学したいですね。
ザッポスの奇跡(改訂版)~アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略
■「可能性を引き出すリーダーシップ」
演出家・宮本亜門氏
▼世界中で演出を手がけている亜門流の仕事現場を変える「逆転のリーダーシップ」とは? 
▼女優、俳優の気づかない魅力を引きだすには、
▼日本人はもっと自分の存在感をアピールせよ!、良い勉強になりました。
■夕学五十講」の司会、進行役を担当されている城取一成さんのブログ「人生の北極星、宮本亜門さん」のブログです。
■2005年11月11日「情熱と冷静 宮本亜門さん 『亜門流コーチング』」のブログ

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

鱧の湯引き、梅肉添え

S20130704_6


S20130704_4


S20130704


S20130704_2


クレオ大阪西で11時から開催の第28回「親父の料理教室」に参加しました。
主催は㈱トップコーティングスタジアム。
■「鱧の湯引き、梅肉添え」「ひじきの炒め煮」「冬瓜のかにあん汁」の3品を学びました。■鱧の湯引きは全員が美味しいと好評。■帰途、黒門市場で徳島産の鱧といわがきを仕入れ、先ほど豪華なご馳走に乾杯!!

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

言葉の花束

財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■「言葉の花束「2852013.7.1.doc」をダウンロード してご覧ください
20130616_2


Photo


☆運をよくするためには、「運がいい」「ツイている!」と声に出して言うべき――中野信子「科学がつきとめた『運のいい人』」(サンマーク出版)
☆人生は、生と死の“間”でしかない――ビートたけし「間抜けの構造」(新潮新書)

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

ISO/CD9001改正動向説明会

ISO/CD9001改正動向説明会を聴講しました。
■主催は日本規格協会。
■講師は山田 秀氏(筑波大学)
講師の山田 秀氏は作業原案(WD)の作成コンビナー+エキスパートです。
▼各国からのCDコメントを2013年11月のポルトガル会合で議論
▼規格のスコープは、ISO9001:2008から変更しない。
▼全体的に、サービス分野への適用を意識した規格となる。
▼4.4.2プロセスアプローチを追加
▼「6.1リスク及び機会への取組み」
どの程度を把握し決定すれば良いかは今後の検討。
■6月28日の藤澤塾での勉強会で教わったことと大きく変わりませんでした。
米戸靖彦氏のホームページもご覧ください。
■関連WEB:国際規格ISO9000シリーズの情報提供(米戸靖彦氏)
■関連WEB:品質マネジメント原則ー改正版(米戸靖彦氏)
■関連WEB:iBook「ISO9001品質マネジメントシステム」「統合マネジメントシステム」
「ISO9004:2009」「品質マネジメントシステム構築と認証取得」

■関連WEB:藤沢塾 June2013

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

ユアサ32会の旅行

S20130701_1


ユアサ32会の旅行(伊勢へ10月24、25日)の打合せの後、片岡さんと阪急グランドビル28Fの「dining琴引」で遅めの昼食でした。■鳥羽の戸田屋に決めました。
■ハルカス・うめきた・天王寺の大阪の3地点の路線価が全国の上昇率のトップ3。
■関連WEB:ユアサ32会「伊勢神話と離島の旅へ」①
■関連WEB:ユアサ32会「伊勢神話と離島の旅へ」②

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »