« ボーイング787機と:ANAビジネスシート | トップページ | 成長するラスベガス »

2013年7月20日 (土)

サンフランシスコとアルタモント・パスの風力発電

S20130720_48


S20130720_39


S201307211


S20130720


サンノゼ到着後、専用バスでサンフランシスコ観光と名物クラムチャウダー(魚介と野菜のスープ)の昼食。■サンフランシスコのシンボル、ゴールデンブリッジ、観光客で賑わうサンフランシスコ一の名所、フィッシャーマンズワーフ、ピア39、市内中心のユニオンスクエアを巡ります。■その後、フレズノのホテルへ。バスの総走行距離約450KM。■ガイドさんは米国流通総研の主席コンサルタントの富永満氏。
■サンフランシスコ市の人口は798,600人。■1776年サンディエゴから陸路北上してきたスペイン探検隊が天然の良港であったサンフランシスコ湾、ゴールデンゲート海峡を発見した。■1848年米墨戦争(アメリカ・メキシコ戦争)の結果カリフォルニア州はテキサス州他とともにアメリカ合衆国に割譲された。■1848年サンフランシスコの北東200KMのサクラメント郊外で川床から砂金が発見され有名なゴールドラッシュのきっかけとなる■ゴールドラッシュのなか、ガラガラ蛇から身を守るためにリーバイスのブルージーンズが生まれた■1849年ゴールドラッシュ、最初にできたのが銀行だ。バンク・オブ・アメリカの本店もサンフランシスコにある。
■1933年3月4日にフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任し、世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策がニューディール政策(New Deal)。■1933年にゴールデンゲートブリッジの建設は始まり、1937年に完成した■サンフランシスコの東にある風力発電の「アルタモント・パス・ウインドファーム」はハイウエイ580がその真ん中を横断する形で位置している。■2000年にデンマークの風力発電メーカーの工場見学に行ってきましたが、ここは世界最大の “風力発電所”でしょう、約5000基があるそうです。■ハイウエイ580を走る高速バスの両側の丘の上にありますが、バスの車窓から写真に上手く撮るのは難しいですが、圧巻です。
■関連WEB:アルタモント・パス地区の風力発電基地
■関連WEB:アルタモント・パス・ウィンドファーム関連Web
■関連WEB:3 ・ 11後 の エ ネ ル ギ ー 政策 - 関西電力
■関連WEB:アルタモント・パス・ウインドファーム
■関連WEB:カリフォルニア州 アルタモント・パス
■関連WEB:アルタモント・パスの風力発電風車
■関連WEB:サンフランシスコ - Wikipedia
■関連WEB: サンフランシスコ市内観光
■関連WEB:ゴールデンゲートブリッジ- Wikipedia

|

« ボーイング787機と:ANAビジネスシート | トップページ | 成長するラスベガス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。