« デスバレー国立公園観光とマンザナ収容所へ | トップページ | 全日空ビジネスクラスで帰国の途へ »

2013年7月26日 (金)

世界遺産ヨセミテ国立公園

S20130726_45


S20130726_53


S20130726_73


ビショップのホテルを8.00に出発し、一路、シェラネバタの山々を
眺めながら「ヨセミテ国立公園」へ。
■【感動体験8】世界遺産ヨセミテ国立公園観光。
アメリカで2番目に国立公園に指定されたヨセミテには、200種類以上もの鳥、アライグマ、リスなどの
動物が生息。切り立ったハーフドームは長年の風雪に耐えてきた貫禄を漂わせています。氷河が削り出した神秘的で
雄大な景観は「神々が遊ぶ庭」と称され、手つかずの自然が広がっています。
■今日の見どころ
▼トンネルビュー:ハーフドーム、エルキャピタン、ブライダルベール滝などの絶景を一望できる展望台
▼ハーフドーム:丸いドームを縦半分に切り落としたかのような自然の造形美に圧倒される
▼セミテ滝:3つに分かれる滝をあわせると、世界で5番目の高さを持つ。残念ながら水がありません。
▼エルキャピタン:花崗岩としては世界最大の一枚岩。世界中のロッククライマーがこの垂直の壁に挑む事を夢見ています。
■昼食はサンドイッチ、公園内のベンチにて
■観光後、サンフランシスコへ。
■サンフランシスコの夜景と中華ディナー
■1869年 旧会津藩の武器御用商人だったジョン・シュネルが、旧会津藩士ら約40名ほど(詳細な記録がないため不明)を連れ、明治政府に無許可でカリフォルニア州ゴールド・ヒルに移住、茶と養蚕を目的とした「若松コロニー」を作るが、わずか2年で頓挫。シュネルは逃亡、渡航した日本人は取り残されたが、詳しい消息が判明しているものはごくわずか。
■今日のバス総走行距離は約560KM。

|

« デスバレー国立公園観光とマンザナ収容所へ | トップページ | 全日空ビジネスクラスで帰国の途へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。