« バガンの仏教遺跡 | トップページ | ビッグデータ時代の到来 »

2013年8月26日 (月)

ティラワ経済特別区

朝食後、ニャンウ―空港へ。ニャンウ―空港からアジアン ・ウィングス・エアウェイズの飛行機は座席指定なし、珍しいですね。目的地は機材の都合でヤンゴンですが、マンダレー、へーホー空港経由でヤンゴン着10.25。
■関連WEB:アジアン ・ウィングス・エアウェイズ
■ヤンゴン中心市街地から約23kmのティラワ経済特別区(SEZ)へ。
▼ヤンゴン市内から、バゴ河を渡る、長さ270メトルの有名なタンリン大橋を通過する。
▼ヤンゴン・タンリン大橋は道路と鉄道の共用で、中国から4600万ドルを無利子で融資し完成した。
▼タンリン港には多くの中古自動車が置かれてあった。S20130826_5


S20130826_7



20130903sez


■ティラワ経済特別区概要
•ヤンゴン中心市街地から約23kmに位置するティラワ地区に、工業団地・商業施設等を総合的に開発するプロジェクト。
•開発面積:2400ha(東京ドーム約500個分)
•開発費用:未定(数百億規模)
•港湾は、ハチソン(香港)が供用中。大型船の接岸可能。
•電力、上下水道、情報通信等の周辺インフラは未整備。
▼工業団地の予定地は青々した原っぱのままだった(写真)。工事が円滑にいき、15年から工場が建ったとしても、必要となる何万人もの働き手が集まるだろうか?ティラワ地区に住む人は少ないので、ヤンゴンから人を集めないといけないが、ヤンゴンから車で1時間以上はかかる。
▼安倍首相訪問では、約2000億円の債務免除、910億円の政府開発援助を今年度中に行うことが発表された。
■関連WEB:安倍首相がミャンマー連邦共和国訪問-平成25年5月25日
■小舟でチャウッタン水上寺院へ参拝
■Ocean Supercenterに立ち寄り、ヤンゴンの生活用品を見学し空港へ。
■ヤンゴン19.10発ベトナム航空で21.30着。ハノイで乗り継ぎ00.05発にて、一路関空へ06.40着。

|

« バガンの仏教遺跡 | トップページ | ビッグデータ時代の到来 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。