« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

元寇の襲来(弘安の役)の舞台

30日は元寇の襲来(弘安の役)の舞台になった小弐公園を地元ガイドさんの案内で歴史散策。離島式のあと乗船、見送って下さる民宿のご主人、奥様、観光協会の皆さんと送られる50人を結ぶ五色の紙テープ。久しぶりに出港時の感動の別れを味わった。おかげさまで楽しい旅ができました。ありがとうございました。20130930


20130930_2

| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

・アスパラ等の収穫と壱岐豆腐作り体験

29日は壱岐の名産・アスパラ等の収穫体験(山口さん)、麦焼酎発祥の地、壱岐の麦焼酎工場(玄海酒造)訪問◼壱岐豆腐作り体験、分担して食材調達、交流会の準備◼夜の交流会はお世話になった方々と出来た郷土料理で交流。市条例により乾杯は焼酎。20130929_2


20130929_3


20130929_4

| | コメント (0)

2013年9月28日 (土)

イカの一夜干し作り体験

今日も快晴、壱岐の宝石と評判の無人島、辰ノ島めぐりと上陸して島内散策。壱岐から対馬まで60kmでよく見えます。対馬から韓国まで60kmの近距離です。◼大正時代の海産物問屋を改修したカフェ大久保本店で壱岐牛の昼食◼イルカパークにてイルカの見学とイカの一夜干し作り体験◼湯ノ本温泉で入浴、夕食後、国指定重要無形文化財に指定されている壱岐神楽を鑑賞。20130928





2013092920130928_3




| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

一支国博物館へ

博多埠頭からフェリーで壱岐へ!長崎県壱岐。玄界灘に浮かぶシルクロード伝防人(さきもり)の島と呼ばれた壱岐は周囲70キロ、博多から76キロの位置にあり、古くは大陸と日本とを結ぶシルクロード上の島でした。◼古事記に「天比登都柱」と記された神々の島、壱岐。◼魏志倭人伝によれば壱岐は「一支国」と呼ばれ、島でもっとも広い平野がある「原の辻」にその王都があったと記されています。
◼原の辻遺跡が見渡せる丘に建つ一支国博物館。世界的建築家、故黒川紀章氏が出掛けた屋上緑化の屋根が特徴的な建物です。20130927


20130927_2


20130927_3


20130927_4

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

中小企業向け人材育成プログラム

◇ 第128回 中小企業診断士技術向上研究会 ◇
1.時間:18:30~20:30
2.場所: マイドーム大阪7階 大阪府中小企業診断協会 第1研修室
3.発表:①山下様 :「中小企業向け人材育成プログラム」の意見交換
    ②中山様 :「経営の胸の内」
■①は社長の片腕になる幹部をどう育てる人材育成プログラムについて
②はリーマンショックを乗り越え、5年後のビジョンを幹部でつくり実践している事例の発表。
20130926_3■生きた事例のすばらしい勉強会でした。201309264


20130926_2


20130926




| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

鼻から胃カメラ

朝食をおかゆ、昼食は焼きいもに切り替えて4年。この夏は猛暑、その中を7月アメリカへ、8月ミャンマーへ。いま、夏バテ。体重が1KG減り、胃が重い(消化不良)ため、本日、胃内視鏡検査。鼻から胃カメラは簡単です。消化を助ける薬をいただきました。明日夜はヨガでストレス解消、週末は長崎の離島暮らしを楽しみます。壱岐の地図です。
■関連WEB:「鼻から胃カメラの特長」

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

人生はいつでも「今が始まり」、喜び上手になろう

20130916


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■「言葉の花束」「2902013.9.15.doc」をダウンロードしてご覧ください
☆人生はいつでも「今が始まり」、喜び上手になろう
――――清川 妙「幸福に老いるために」(聖教新聞2013.7.30)
☆心の貯金、知的貯金をしよう
――――清川 妙「91歳の人生塾」(小学館)

| | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

明日香村稲渕、赤く染める曼珠沙華(彼岸花)

S20130922_3


S20130922_17


S20130922_12


S20130922_42


明日香村稲渕、赤く染める曼珠沙華(彼岸花)、加藤さんの写真展もすばらしいです。
稲渕の皆さんの「おもてなし」は最高です!!無料シャトルバスのサービスも感謝、感謝!! また来年訪れます!!
■明日香(飛鳥)、「万葉のふるさと」ともいわれる奈良県明日香村には、歴史的に大変貴重な古代の古墳や史跡が多く存在しています。▼6世紀の終わりから7世紀初頭にかけての飛鳥時代には、ここが日本の中心地でした。▼奈良の大きなパワースポットと言われています。 
▼石舞台古墳は、古くから、巨石(花崗岩)で作られた玄室が露出しており、その形状から石舞台と呼ばれ、蘇我馬子の墓ではないかと言われています。▼玄室の長さ約7.8m、幅約3.4m、高さ約4.8m。

| | コメント (0)

2013年9月21日 (土)

再び大国を目指す日本

秋に会う。大阪城京橋口のキガンバナが見ごろ。▼「再び大国を目指す日本」と題して第890回武藤記念講座の講師は屋山太郎さん。▼安倍政権は安定感がある。TPPで見えざる対中包囲網を形成。地方分権が官僚改革の突破口。第2極の中心は橋下氏。
■関連WEB:安倍政権で再び大国を目指す日本—価値観外交とTPPが成長のカギ
■関連WEB:屋山太郎が読み解く橋下改革―大阪維新は日本を救えるか
■関連WEB:【正論】評論家・屋山太郎 東京五輪を「武士道」で迎えたい201309212


S20130921_3


20130921tpp


20130921

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

スマートな節電・省エネ手法と再生可能エネルギー

ユアア商事の「産業と暮らしのグランドフェア」、インテックス大阪6号館。
フコクインダストリーの小間で記念写真。
■11.30からATC省エネ博2013 節電・省エネセミナーの受講。
▼「スマートな節電・省エネ手法のご紹介」
▼「これからの省エネルギー政策について」
▼「再生可能エネルギー基盤の分散型エネルギー社会の実現に向けた課題と解決策」
■「地図で読む、日本の再生エネルギー」「地域主導のエネルギー革命」を読んでみたい。20130920gf


20130920


20130920_2


20130920_3

 

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

桑蓬会第330回例会「日本を元気にしよう!!」

9月の桑蓬会は第330回例会でした。
○平成25年9月19日(木)、18時30分~
○会場は、エル・おおさか
○発表者 石倉祐己子さん
○テーマ  「日本を元気にしよう!!」を使命に・・・でした。 20130919

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

モノ作り元気企業見学「アクロナイネン㈱ 」

第48回中小企業振興月間オンリーワン視察会は和歌山市のアクロナイネン㈱さんの見学でした。アクロナイネン株式会社は、遠心クラッチ、ブレーキ、ピストンに関連する精密ダイカスト鋳造の技術を有し、特に遠心クラッチでは国内90%の圧倒的なシェアを誇っています。またダイカスト製自動車用ピストンは2012年より自動車メーカーとタイアップし実証実験、実用化を目指しています
■関連WEB:2011KANSAIモノ作り元気企業100社に選ばれました。
■関連WEB:元気なモノ作り中小企業300社に選ばれました。
■関連WEB:アクロナイネン㈱

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

広がる無料オンライン大学講座

京都の大学の某教授と打ちわせでした。
■本日のクローズアップ現代は「あなたもハーバード大へ
~広がる無料オンライン講座~」でした。
■関連WEB:クローズアップ現代(9月17日)

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

ミャンマー驚きの素顔

20130917


ミャンマー驚きの素顔、アジア最後のフロンティア」は興味深い本です。著者は評論家・中小企業診断士の三橋貴明氏です。
第1章 最貧困国だから未来がある
1)世界で最も日本車比率が高い国
2)2015年のASEAN経済統合に向けて「国造り」が急ピッチ
3)ユナイテッド・ステイツ・オブ・ミャンマー
4)経済制裁が解除
第2章 最後のフロンティア
1)「NATO」「4L」と呼ばれる日本企業
2)日系企業のミャンマーへの進出状況
3)フロンティアに挑む日本の戦士たち
4)サクラタワーのオフィス事業がついに黒字化
第3章 観光立国をめざすミャンマー
1)金色の寺院
2)世界三大仏教遺跡の一つバガンが巨大観光資源に
3)天空の寺院
4)イラワジ川
▼今年12月にはスポーツイベント「東南アジア競技大会」がミャンマーで開催されます。
▼2014年にASEAN(=東南アジア諸国連合)の議長国に初めて就任することが決まっており、ミャンマーに国際的なイベントを開催する能力があるのか、国際社会は高い関心を示しています。▼2015年のASEAN経済統合に向けて、いまミャンマーは「国造り」が急ピッチ!▼2015年は総選挙もあります▼ティラワ経済特区の開発をめぐって、ミャンマー政府は日本側に対し、「2015年中に工場が稼働するよう工事を進めてほしい」と強く求めているという。2015年の総選挙までに改革の成果を国民にアピールしたいテイン・セイン政権。▼少数民族との和解や憲法改正など、真の民主化が進むのか国際社会が注視しています。

 

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

日本小集団協会の9月例会

120130915





20130915


20130915_2201309152


20130915_3





日本小集団協会の9月例会は、石井誠宏さんが新たに参加され今日も皆様から貴重な情報を沢山いただきました。本当にありがとうございました。
■場所:エルおおさか
■ いま勉強会がブームですが、今日の例会は三浦啓親先生が創設され、「日本小集団協会」として、 「QC活動を進めるための啓発・研鑽の資料の検討・作成」からスタートし、研鑽研究暦は20年を超えています。
■奨学金の仕組みの問題点とは、環境発電、労務高騰リスク、3Dプリンター、チャイニーズ・ドリーム、役割(職務)等級制度、アメリカ視察、ミャンマー最新情報、アラフォーなど120130915_2

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

植物館まるごと食べるカーニバル!

20130914


201309143


植物館まるごと食べるカーニバル!
ウェスティンホテル淡路総料理長と奇跡の星の植物館プロデューサーが、植物館の珍種植物を調理し、おシャレで、おいしい新メニュー、
「3日間限定提供のランチ」をいただいた。
14時から植物館のスタッフの案内で植物館の見学・試食ツアー。へご、サボテンなどの珍種植物の試食もあり、花と緑の感動を五感で体験するとても楽しい一日でした。
本日の歩数は16300歩となりました。■兵庫県立淡路夢舞台温室・奇跡の星の植物館 壁紙写真

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

現役100歳サラリーマンの幸せな生き方

20130913i100_100


世界最高齢は大阪市内の115歳の大川ミサオさん。■9月15日時点で100歳以上となる高齢者は5万4397人で過去最多を更新したことが13日、「敬老の日」を前にした厚生労働省の調査でわかった(日経9.13夕刊)。
■関連WEB「100歳、ずっと必要とされる人 ――現役100歳サラリーマンの幸せな生き方」

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

自社のコアコンピタンスは?

20130912


大商の第6回建設・建材部会、第4回生活用品部会のセミナー「中堅・中小企業が取り組むべき海外戦略の着眼点」は甲南大学経営学部教授・杉田敏明氏、事例紹介はゴーダEMB㈱代表取締役・合田實氏が話されました。■海外戦略の着眼点では自社のコアコンピタンスとイノベーション力が重要。
■第111回 ISO研究会 は大阪府中小企業診断協会 第1会議室 (マイドームおおさか 7F)で、出席者は13人で活発な議論が行われました。■ 「統合版ISO補足指針」とI120130912


220130912


SO14001CDの用語を検討しました。

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

近鉄特急しまかぜの毎日12時現在の残席情報

近鉄特急しまかぜの毎日12時現在の残席情報がわかります。
乗車予定のしまかぜは「大阪難波10.40→12.14伊勢市」、名古屋からは「近鉄名古屋10.25→伊勢市」と入力します。しまかぜのサロン席は「グループ席が6人席」です。日によってはサロン席に残席が発生していますので、諦めないでサロン席やプレミアム席に挑戦します。
■関連WEB:しまかぜの毎日12時現在の残席情報
最新の残席につきましては、下部の「特急空席案内」からご確認ください
■関連WEB:近鉄電車インターネット予約・発売サービスの画面です

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

新成長ビジネス100

20130914


週刊東洋経済9月14日号は「新成長ビジネス100」を特集しています。■これからの成長が期待できる8つの市場で、新たな製品・サービスを生み出している伸び盛り100社をピックアップ。これまでにない儲け方のヒントを探る。伸びる市場を総まくりです。
■第2特集は「2015年ASEAN経済統合、日本企業にチャンス!」です。
■週刊東洋経済:https://www.facebook.com/toyokeizai

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

アセアン諸国への海外展開に向けての留意点

20130909


20130909_2


大阪弁護士会館で、法律講演会「アセアン諸国への海外展開に向けての留意点」の勉強でした。
▼ターゲットの選定
▼プロジェクト検討開始の合意(NDA,LOI/MOU)
▼デューディリジェンス(法務DD,基本的文書が揃っていないことが多い、腐敗防止法)
▼契約交渉(現地資本・所有と経営の未分離、言語の問題、組織の選択、出資割合、株式譲渡)
▼外資規制
▼クロージング
▼Exit

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

素顔のミャンマー展

20130908


20130908_2


20130908_3


ミンガラバー!、こんにちわ!
ニーカウナ? お元気ですか?
チェーズテンバレー、有難う
ミャンマー語のあいさつ。
■摂津市コミュニティープラザでの「素顔のミャンマー展」は盛況でした。
■8日(日)は写真展、ミャンマー舞踊ショー、トークショー、そしてミャンマービール、ミャンマー料理もあり
ミャンマーを知る上で有意義な催し物でした。 
http://blog.goo.ne.jp/sakurakankou/e/c99fdcd9987b5d158d4aee5c2c424780

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

再生支援

20130907


「再生支援」とは、困窮状態にある企業を銀行から「正常先」と判定される状態になるまで格上げする作業のことである。▼3年以内に黒字化。5年以内に債務超過を解消、有利子負債の対キャッシュフロー比率が概ね10倍以下に。▼中小企業診断士理論政策更新研修「中小企業の再生支援」でした。▼研修後、二人の講師を囲んで懇親会に参加しました。

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

素顔のミャンマー展

20130908908


摂津市にて「素顔のミャンマー展」が開催されます。
■日時: 9月4日(水)~ 8日(日) 写真展
■8日(日)はミャンマー舞踊ショー、トークショー、そしてミャンマー料理も 
■ 場所 摂津市コミュニティープラザ
 住所 摂津市南千里丘5番35号(阪急摂津市駅前徒歩1分)
電話 06-4860-9300 (摂津市コミュニティープラザ)
  観覧 無料(但し飲食代は有料)
http://blog.goo.ne.jp/sakurakankou/e/c99fdcd9987b5d158d4aee5c2c424780

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

アジアの化学物質規制

20130905


日経エコロジー10月号」の特集は「巨大市場は甘くない、アジアの化学物質規制」です。
■EUで先行して始まった化学物質規制の強化がアジアに広がっている。中国やASEAN、インドなど、成長が見込める巨大市場での事業拡大を目論む日本企業にとって、化学物質対策の強化が経営の重要課題に浮上してきた。
▼中国に振り回される、通関差し止めが波紋
▼ルールを知る、“お国柄”は当たり前 特徴を見極める
[中国・韓国・台湾] 登録制度に要注意 試験負担の増加も
▼[ベトナム・タイ・インド] RoHSが各国に派生 消費者への情報伝達も
▼GHSから物質管理まで自動化でスピード対応
▼国境超えた交流で知識、ノウハウ周知
■関連WEB:化学物質管理政策(経済産業省)

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

ミャンマー経済の新しい光

201300904


ミャンマーの報告書を作成するために、図書館の図書を検索したら5冊ほど読みたい本があったので出かけた。
▼これでもう迷わない!ミャンマービジネス・出張・駐在ガイド
アジア新興国のビジネス環境比較ーカンボジア、ラオス、ミャンマー、バングラディシュ、パキスタン、スリランカ(海外調査シリーズ)
全解説ミャンマー経済―実力とリスクを見抜く
ミャンマー成長企業50社
ミャンマー経済の新しい光

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

次期ISO14001に必要となる組織の対応

20130903


テクノファの「次期ISO14001に必要となる組織の対応
~ISO14001規格CD発行を受けた最新情報~」を受講しました。「2013.09.03 ISO14001規格CD発行を受けた最新情報.pdf」をダウンロード


■6月13~20日ボツナワでのCD.1による説明会でした。次回は10月6~11日CD.2の予定です。
■スタディG「次期改正推奨事項」が改正のひとつのポイントです。
▼ISO26000との整合→4つの環境課題
▼環境パフォーマンス評価の強化
▼組織の順守状況に関する知識及び理解の実証
▼環境側面にライフサイクル思考及びバリュウチェインの観点を導入
▼コミュニケーションのための体系的なアプローチの導入

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

自分の頭で考える

20130902


財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。いつもありがとうございます。
■「言葉の花束」「2892013.9.1.doc」をダウンロードしてご覧ください
☆忘却しきれない記憶、知識が多くなれば、知的メタボリック
――外山滋比古「自分の頭で考える」(中央公論新社)
☆ときめきと好奇心は、寿命を延ばす
――白澤卓二・順天堂大学大学院教授と山田英二・山田養蜂場代表「対談 さあ、人生100年時代へhttp://www.bee-lab.jp/interview/shirasawa/?prid=pli_ad_aac_A02_Y379&sc_cid=pli_ad_aac_A02_Y379

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

技術立国の再検討と工業経営の課題

技術立国の再検討と工業経営の課題」に関して、さまざまな視点から活発な議論が展開された有意義な3日間でした。
9.20から次の研究発表があり、司会を担当しました。、
▼「東大阪ブランド企業から学ぶ経営手法~小規模資本による起業の実践研究~」利脳深耕研究所・阪本亮一氏
今日のご発表の内容はYouTube「一発逆転塾」で近く放映されます。
▼「伝統的工芸品産業再生の課題と可能性~「本場奄美大島紬」を事例に~」大阪市立大学創造都市研究科・砂山七郎氏
▼環境研究分科会・循環型社会研究会
▼午後はシンポジウム「技術立国の再検討と工業経営の課題」があります。
20130901


20130901_220130901_3




| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »