« 岐路に立つ中国経済 | トップページ | 経営センスの論理 »

2013年10月 7日 (月)

営業力強化のための組織活性法

「貴社の営業力に革命を起こす! 営業力強化のための組織活性法セミナー」に参加しました。
■講師:田中 正晃氏 JBM心理科学総合学院学院長
   心理カウンセラーであり、セールス世界1位の実績を持つ講師です。
 講師:田中 正晃氏のご紹介
■内容
1)市場開拓「こうすればもっと売れる。新しい分野に参入できる」
2)販売原理「売ろうとしてはならない。顧客に欲しいと思わせるのだ」
3)販売組織活性法「組織内のヤル気の育て方」
■「セールス意識」を変えること。セールスとは決して商品やアイデアをいかに見込客に販売することをいうのではなく、見込客にいかにその商品・アイデアに興味をもたせ「必要」「ぜひ必要」と思わせる心理活動、技術をいう。
■自社製品を必要とする市場開拓法は「発想」の問題、「発想」を鍛える。「発想と市場」をリンクする。
■セールスは「いかに話す」ことではなく、「いかに聴く」かだ。
■“売れる”組織の雰囲気の作り方は「企業全体の目標設定」「目標に対する営業指導」。会社のスローガンを実現したら、会社がどうなるか、働く自分はどうなるかをわかるようにすることだ。「企業の目的を、従業員にも有意義なものにすること」にある。

|

« 岐路に立つ中国経済 | トップページ | 経営センスの論理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。