« 経営センスの論理 | トップページ | 人は誰でも『元気な100歳』になれる »

2013年10月 9日 (水)

米国の成長エンジン「シェール革命とビッグデータ」

20131015




米議会の与野党による連邦政府の債務上限引き上げ協議が難航している。短期国債利回り上昇、長期債は安定。「混乱一時的」の見方。与野党協議で回避できるとの見方が依然大勢を占めているが「それでも短期市場を中心に万が一に備えた予防的な動きが広がっている」。
■米国の成長エンジンは中長期的にシェール革命とビッグデータの2つの活用。ビッグデータノビジネスは30年までに世界のGDPを15兆ドル余り押し上げるとの試算もある(週刊エコノミスト10.15号P23より)
■週刊エコノミスト10.15号は「シェール革命とビッグデータ、米国を再生させる2つの原動力」を特集しています。
▼年内にも世界一の石油生産国、
▼60兆円の富生むデジタルデータ
▼メガバンクはミャンマーで「果実」を得られるか
■『ニューズウィーク日本版』2013年10月15日号は「特集:野心を失う中国の行方」です。
■絶好調経済に陰りが見え、強気外交も鳴りを潜める──
20131015_2岐路を迎えた13億大国の「夢」は「悪夢」に変わるのか
●中国 成長神話が崩れた中国の行方
●金融 不良債権の山は攻略可能か
●貿易協定 TPPにすり寄る中国の台所事情
●軍事 無人機で複雑化するアジアの領土問題
●司法 露骨な判決格差に庶民が怒り
●サイエンス 中国のごみが宇宙をさらに汚す
■米デフォルト危機
自称「偉大な国」アメリカが世界にさらす大恥
■MYANMAR 海外投資家を遠ざける宗派対立
■関連WEB:『ニューズウィーク日本版』

|

« 経営センスの論理 | トップページ | 人は誰でも『元気な100歳』になれる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。